グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

「輝く目と明るい顔色をした」若き日の明治天皇

 1868年3月(慶応4年3月)、新政府の方針に基づき、明治天皇は各国公使に謁見することとなりました。英国公使ハリー・パークスとの謁見の様子は、パークスに随行していた外交官アルジャーノン・ミットフォードの回顧録『英国外交官の見た幕末維新』に、10ページにわたって詳細に記されています。今回は、前回の京都御所編に引き続き、この時の明治天皇の様子について、見ていきましょう。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 

  パークスとともに、御所に入ったミッドフォードは、やがて謁見の間に通されます。そこにいたのが、若き日の明治天皇でした。

 

 天蓋の下には若い天皇が高い椅子に座るというより、むしろ凭(もた)れていた。

 

 天蓋の両側には、二列か三列になって広間のほうまでずっとつながって薩摩、長州、宇和島、加賀、その他の大名が並んでいた。その時まで、我々が名前しか知らなかった大名たちの生き姿を初めて、この目で見たのである。それは我々にとってきわめて印象的な光景であった。

 

 当時の著名大名たちが両側に居並ぶ中での明治天皇との謁見とは、想像するに、ミッドフォードならずとも「すごい」と思ってしまいますね。この時の写真があれば、見たいものです。間違いなく歴史に残る1枚ですね。

 

  我々が部屋に入ると、天子は立ち上がって、我々の敬礼に対して礼を返された。彼は当時、輝く目と明るい顔色をした背の高い若者であった。彼の動作には非常に威厳があり、世界中のどの王国よりも何世紀も古い王家の世継ぎにふさわしいものであった。

 

 明治天皇は嘉永5年9月(1852年11月)の生まれなので、この時は15歳。今ならまだ中学生の成長期で、おそらくは身長が伸びた割に肉付きはまだでひょろっとした感じだったのでしょう。このためか、ミッドフォードは「背の高い若者」と述べています。

 

f:id:miyatohru:20180110185427j:plain

若き日の明治天皇(明治5年) 

 

  英国側が定められた場所につくと、明治天皇からパークスに対して次のような言葉がありました。

 

 貴国の君主がご健康であることを願うものです。我々両国の交際がますます親密の度を加え、永久不変のものとなることを望みます。二十三日に貴下が宮中に参内の途中、不慮の災難が起きて、この儀式が延引したことを深く遺憾とするものです。それゆえ、本日ここで貴下とお会いすることは大いなる喜びであります。

 

 彼の声は囁(ささや)き声に近かったので、右側にいた皇族が、それを声高に繰り返すと、伊藤俊輔が通訳した。パークス公使が答辞を、しかるべく述べ終えると、肥前候の先導で謁見の間を退出した。儀式全体で十五分もかからなかった。

 

  幾多の犠牲が払われた幕末の動乱15年の末に、諸外国が待ち望んだ天皇との謁見はわずか15分。それでもミッドフォードは

 

この日の実現することを心に描いて苦労を重ねてきた我々が、これらの光景を目の前にして、どんなに感慨深く感じたか、お伝えすることは難しいだろう。

 

 と感慨深げに締めくくっています。

 

幕末動乱の末に英国が見た京都御所

 王政復古の大号令直後の1868年2月(慶応4年1月)、新政府は国際法に基づく外交を行うことを宣言、天皇が英仏など各国公使に謁見することとなりました。英国とは、公使ハリー・パークス襲撃事件のため一端延期されましたが、事件3日後には正式に謁見が行われました。

 

 この時の京都御所や明治天皇の様子は、パークスに随行していた外交官アルジャーノン・ミットフォードの回顧録『英国外交官の見た幕末維新』に、10ページにわたって詳細に記されています。当時の御所や朝廷の様子を伝えたものという点では、非常に貴重な証言だと思います。

 

 

 

京都御所は「気高く簡素な造り」

 

  まず御所に入ったミットフォードは、派手さはないものの、精錬されたその美しさに圧倒されます。

 

 天子様の宮殿は、「東洋的な華麗さ」という言葉がよく使われるように、外観を派手に飾り立てることの好きな普通の東洋の有力者の屋敷と違って、気高く簡素な造りが特徴である。

 

  場所の節約は常に見すぼらしい結果を生むものだが、ここではそれが全くなかった。中庭は広々として美しい白砂が細心の注意をもって整然と敷き詰めてあった。建物は普通の形だったが、全く飾りがなく、大きく広々として威厳に満ち、それが大きな特徴になっていた。

 

  幕末に日本を訪れた外国人の多くは、当時の日本人の簡素な暮らしぶりを、好感を持って見ていました。たとえば、ドイツ生まれの外交官、文筆家だったルドルフ・リンダウは、1864年にフランスで出版された『日本周遊旅行』(翻訳名『スイス領事の見た幕末日本』)の中でこう記しています。(注:ドイツ生まれなのにスイス領事とは間違いではないのかと思われるかもしれませんが、間違いではありません。当時はこういうこともままあったようです。)

 

 日本の家屋は大変簡素である。厳格な清潔さがその主要な装飾なのである。

 

 

 日本人自身が当たり前のように考えていて、普段は気づかない潜在的な意識を、外国人は第三者的な立場からズバリと言い当ててくれます。

 

  このような「精錬された簡素さ」の極致が京都御所であって、少なくとも当時の日本人の美意識の表れだったのでしょう。

 

 ミッドフォードは、同じ東洋と言っても中国やインドとは違う日本の「精錬された簡素さ」が印象に残ったようです。

 

 そう言えば、米国アップルの創業者、スティーブ・ジョブスは、日本のこの「精錬された簡素さ」に影響を受けたひとりで、自社の製品デザインに反映させていたと言われています。今では多くの人が手にしている同社のiPhoneも、そういう意味では日本人の古くからの潜在的な美意識に合っているのかもしれません。

 

f:id:miyatohru:20180111190403j:plain

アップルの創業者、ジョブスも日本的な「精錬された簡素さ」に影響を受けた 。今では多くの人が手にしている同社のiPhoneも、実は古くからの日本人の美意識に源流が…。(photo by PAKUTASO、撮影:すしぱく)

 

次回は、謁見時の明治天皇について

 

パークス襲撃事件-英国から見た「最後の攘夷」

 王政復古の大号令直後の1868年2月(慶応4年1月)、新政府は国際法に基づく外交を行うことを宣言、天皇が英仏など各国公使に謁見することとなりました。3月23日には英国公使ハリー・パークスが謁見のため御所に向かいますが、途中、攘夷志士に襲われます。

 

 後に「パークス襲撃事件」と呼ばれるこの一件は、「最後の攘夷事件」と位置づけられることになりました。パークスに随行していた外交官アルジャーノン・ミットフォードの回顧録『英国外交官の見た幕末維新』には、この時の状況が詳細に記されています。英国側から見たこの事件のてん末を見ていきましょう。

 

 

後藤象二郎と中井弘蔵の奮戦

 

  謁見当日の昼過ぎ、英国公使の行列は宿舎となっていた知恩院を出発します。行列は以下のような大人数でした。

 

 列の一番最初は公使館の騎馬護衛隊で、ピーコック警部が指揮していた。彼らはロンドン警視庁から来た精鋭の士で、槍を持って着飾り、見た目に華やかな小部隊であった。次にパークス公使が馬に乗って、サトウと二人の高官、すなわち後藤象二郎と中井弘蔵がその後に続いた。その次が第九連隊の護衛隊で指揮官はブラッドショー中尉とブルース中尉(原注=後のエイルズベリー侯爵)であった。私の馬は運悪く片足をひどく痛めていたので、私だけは駕籠に乗ってその後に続いた。私の後には約千五百人から二千人くらいの日本人の兵士が護衛として従った。

 

 しかし、出発してすぐに事件が起こります。

 

 寺の門に面したまっすぐな道路を我々の行列は何の妨害もうけずに進んでいったが、列の先頭が居酒屋や芸者置屋の多い新橋通りの角を曲がろうとした時、抜き身の刀を手にした二人の浪人者が飛び出して来て、怒りに狂ったように行列に切りかかった。通りは非常に狭かったので、護衛兵の槍は家の軒先に邪魔されて役に立たなかった。

 

 先頭にいた騎馬護衛隊が混乱する中、隊列の中にいた日本人ふたり、後藤象二郎と中井弘蔵は渦中に飛び込み、奮戦します。

 

f:id:miyatohru:20180104190151j:plain

後藤象二郎と中井弘蔵(右、弘とも)の奮戦でパークスは無事だった

 

 中井弘蔵が馬から飛び下りて、刀を抜いて敵の一人と渡り合ったが、長袴に足をとられてつまずいたところを、敵が力いっぱいの死にもの狂いの勢いで、頭上目がけて振り下ろした一撃を受けたが、危ういところで何とかそれをかわすことができた。

 

 パークス公使と一緒にいた後藤象二郎は、この時まだ角を曲がりきっていなかったが、馬が戻って来たり、前方が騒がしくなったので、異変が起きた起こったことに気づいて、急いで馬から下りて前のほうへ中井の救援に駆けつけた。彼らは敵と激しく戦って、ついに悪党の一人を切り伏せ、中井が飛び起きて、彼の首を切り落とした。 

 

  土佐藩出身の後藤象二郎については、大政奉還の立役者のひとりですから、皆さんもご存じでしょうが、中井弘蔵については説明がいるでしょう。

 

 中井は、本書では弘蔵となっていますが、弘とも言います。もともとは薩摩藩士でしたが、早くに脱藩。土佐の坂本龍馬や後藤象二郎と知り合い、彼らの支援もあって英国へ留学します。維新後は新政府で外国事務各国公使応接掛となった後、滋賀県知事や京都府知事を務めました。

 

 ちなみに中井は後世、ある話題を提供します。彼が残した元勲などのアルバムの中に立ち姿の若い女性の写真が一枚あり、彼が生前の坂本龍馬とも縁のある人だったことから、これが龍馬の妻、お龍さんではないかと歴史ファンの間で話題となりました。十分に考えられる話ですが、真偽については意見が分かれているようです。

 

「外交上の大事件」を不問にした英国

 

 さて、結局、この事件は、犯人ふたりのうち、朱雀操はその場で斬られ即死。もうひとりの三枝蓊は捕らえられ、後に斬首となりました。一方の英国側は負傷者10名ほどで、死者なし。パークスは無傷でした。

 

 事件直後、パークスはミットフォードに「これは外交上の大事件だね」と語ったようですが、実際には英国側はこの件を不問にしました。英国公使を直接襲撃したという事実だけを見れば、英国公使館が襲撃されて大問題となった東禅寺事件と同等の事件なのですが、幕府と新政府ではまるで対応が違っていたからです。

 

 事件後すぐに新政府(朝廷)からは謝罪の使者が来て、誠意ある対応をとります。

 

 彼らは十分に補償することを申し出て、負傷者には賠償金を払うこと、そしてもし不幸にして死んだら家族に補償する意向を示した。それらの言葉は、このうえなく丁寧で、あらゆる意味で申し分のない立派なものだった。幕府との交渉に比べると、目立って対照的であった。パークス公使は、何ら不平を申し立てず、賠償の要求もしなかった。新政府のとった行動は、自発的な立派な措置であった。数ヶ月前の口論とおどかしで何とか物事を進めるやり方と縁が切れたのは全く有り難いことだった。 

 

  さらに、

 

 天皇の新政府は、これらすべての狂信的行為を根絶する準備を進めていると宣言した。その宣言によれば、これまで狂信者たちが英雄的行為と考えてきた外国人を殺害したり、侮辱したりする行為は、恥ずべき邪悪な犯罪であって、そのような罪を犯した者は刀を取り上げて士族の籍を抹消し、腹切りの特権を与えることなく重罪犯人として処刑し、処刑後はその首を刑場に晒しものにするという布告を公にすべく準備しているとのことだった。

 

 実際、この事件の犯人ふたりは士分を失った末に、さらし首となりました。

 

 こうした措置により、以降、攘夷事件はなくなり、士族の不満はもっぱら新政府へと向かいます(結果として、不平士族の乱へ)。

 

攘夷とは何だったのか

 

 最後に、攘夷とは何だったのか考えさせられる話をご紹介しましょう。ミットフォードは捕らえられた三枝蓊に食事を差し入れするなど接触を試みます。

 

 しばらくするうちに、彼は非常におとなしくなって、打ち解けるようになった。自分を殺そうとした男と話をするというのは奇妙な感じがするものだ。哀れな男はたいへん感謝して、外国人がこんなに親切な人間だと知っていたら、あのような企ては決して実行しなかっただろうし、そのことについて深く後悔していると、何度も繰り返した。彼は今こんなに親切な世話を受けて、全く恥ずかしい気がすると言った。

 

  なお、この事件について、犯人の朱雀操と三枝蓊の側から見た短編小説「最後の攘夷志士」を司馬遼太郎氏が描いており、『幕末』に収録されています。合わせてお読みいただくといいでしょう。

 

 

英外交官ミットフォードが徳川慶喜に見た近世

 1867年(慶応3年)4月、徳川慶喜は大阪城で諸外国公使と謁見しました。古式に則ったこの会見の様子は、英国の外交官だったアルジャーノン・ミットフォードの回顧録『英国外交官の見た幕末維新』によく記されています。彼はこの時の印象を「東洋の最果ての国の昔の物語の中の一章」と述べています。

 

 

 同じ英国の外交官だったアーネスト・サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』にもこの時の様子は記されており、それについては以前ご紹介しました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 ただ、「公式会見」のような改まった場に関する記述という点では、ミットフォードの方が表現力で優れているように思います。以下、その場の記述を抜粋すると、

 

 我々は最初の部屋で待たされている間に、いろいろな政府高官と、どこの国でも当たり前の天候の話などしていたが、しばらくして謁見の広間に案内された。そこには西洋風の習慣を尊重して、八つの席にあるテーブルが用意されており、一方の端に将軍のために立派な漆塗りの椅子が置いてあった。ここで我々は御老中(原注=文字通りにいえば元老)と若年寄に迎えられ、大君が間もなくお出ましになると告げられた。

 

 その後、すぐに日本の部屋の間仕切りである背の高い襖がゆっくり音もなく左右に開くと、お偉い方の入来を告げる「静かに」という合図の長く息を吸う音が大きなオーケストラがごく優しいピアニッシモで演奏するように、御殿全体の緊張した空気の中に流れた。大君は一、二秒の間、彫像のようにじっと動かず、襖の間の空間に堂々と威厳のある姿で立っていた。

 

 とあり、当日の大阪城の空気感まで伝わってくるようです。

 

 また、慶喜自身に関する記述については、次のようにあります。

 

 最後の将軍徳川慶喜公は、確かに傑出した個性を備えた人物であった。彼は西洋人に比べると小さく、普通の日本人並みの背丈であったが、昔風の日本の衣装を着ていると、その差はほとんど目立たなかった。私が日本滞在中に会った日本人の中では、西洋人の目から見て最も立派な容姿を備えた人間であった。端正な容貌をして、眼光は爛々と鋭く、顔色は明るい健康的なオリーブ色をしていた。口はきつく結ばれていたが、彼が微笑むと、その表情は優しくなり、きわめて愛嬌に富んだものとなった。体格はがっしりして力強く、たいへん活動的な男らしい姿であった。

 

f:id:miyatohru:20171225201741j:plain

謁見当時の徳川慶喜画(The Illustrated London News 掲載)

 

 同じ慶喜自身の印象について、サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』ではこうなります。

 

 将軍(訳注 徳川慶喜)は、私がこれまで見た日本人の中で最も貴族的な容貌をそなえた一人で、色が白く、前額が秀で、くっきりした鼻つき-の立派な紳士であった。

 

  サトウが比較的実務的な素っ気ない表現であるのに対し、ミットフォードの表現の方が豊かであることがおわかりいただけると思います。

 

 さらに、この日の会見について、ミットフォードはこう締めくくっています。

 

 公式の謁見は当然のことだが、はるかに堅苦しく形式的で、きわめて古風にとり行われ、西洋風のところは一つもなかった。我々は東洋の最果ての国の昔の物語の中の一章を、あるいはその中の一節をといったほうがよいかもしれないが、そのまま目の前にしているかのようだった。将軍と貴族たちの服装は古い伝統に従った宮廷服であったが、バッキンガム宮殿の貴婦人のように長い裳裾を引いた長袴をはき、ゆったりした麻の上衣をつけて、頭の上には奇妙な箱形の黒い漆塗りの帽子(烏帽子)を被っていた。それは金屏風や古い絵に描かれている人々とそっくりであった。

 

  ただ、こうした極めて古風なセレモニーが行われた少し前には、サンフランシスコ-横浜間に定期航路が開設され、すでに開設されていた上海-横浜間と合わせて、世界はひとつに結ばれます。

 

 社会的には日本の近代化はもう待ったなしの状況で、今回の幕府の対応は近世と近代がオーバーラップする、混沌とした幕末らしさを象徴した出来事と言えるでしょう。それがよく伝わってくるミッドフォードの記述だと思います。

 

英国の貴族外交官が見た幕末

 幕末の英外交官と言えば、アーネスト・サトウが有名ですが、もうひとり、アルジャーノン・ミットフォードもいます。今回のシリーズは彼の回顧録『英国公使館の見た幕末維新』を読みながら、「ミットフォードの幕末」へとタイムスリップしてみましょう。サトウとはひと味違った「幕末」が見えてきます。

 

 

 幕末の英外交官と言えば、当時『英国策論』を出版し、また、幕府の要人から志士たちまで幅広い人脈を持って、幕末の政局に大きな影響を与えたアーネスト・サトウの名が有名なのに対し、ミットフォードの名を知っているのは、一部の幕末研究家や歴史ファンだけと言ってもいいでしょう。

 

 ただ、本書の訳者、長岡祥三氏のあとがきによると、

 

 アーネスト・サトウは『一外交官の見た明治維新』の著者として日本では有名であるが、海外生活が長かったためか英本国では特定の人々にしか知られていない。それと反対に日本では知名度の低いミットフォードの名前は遙かに有名である。

 

 とあります。

 

 ミットフォードはもともと上流階級の出身で、英国のエリートコースと言われるイートン・カレッジからオックスフォード大学へと進んだ後、外交官となります。晩年には爵位を授与されてリーズデイル男爵家を創設、正式に貴族に列せられました。

 

f:id:miyatohru:20171214175739j:plain

来日直前のミットフォード。1865年、28歳当時のもの

 

 実は、英国でミットフォードの名が有名なのは、ここで紹介するアルジャーノンの子、ディヴィッドの6人の美人姉妹(つまりアルジャーノンの孫娘たち)によるところが大きいと長岡氏は言います。 6人それぞれの個性と活動ぶりがよくマスコミで紹介され、「華麗なる上流階級」的なイメージとして英国社会に浸透したようです。

 

 さて、本書はもともとミットフォードの自叙伝『リーズデイル卿回想録』として、1915年(大正4年)にロンドンで出版されたものの中から、外交官として日本に駐在した部分を翻訳して、1985年に国内で発行されました。

 

 時代的に見れば、徳川家茂が大阪城で亡くなった直後の1866年(慶応2年)10月に29歳で来日してから、1870年(明治2年)元旦に帰国するまでの3年余りとなり、幕府の崩壊から新政府の樹立という激動の時代にあたります。

 

 ちなみに、同僚のアーネスト・サトウは1862年(文久2年)9月に来日、1869年(明治2年)2月に帰国しているので、この間の日本滞在は6年半となり、ミットフォードのおよそ倍になります。

 

 このような日本滞在期間の長さ、しかも幕末の混乱期から日本を見てきたサトウによる『一外交官の見た明治維新』の方が、どうしても社会的には評価されてしまうのですが、こうした客観的な条件だけでは測れない、ふたりの表現スタイルの違いを個人的には感じます。

 

 サトウが外交官らしい実務的な淡々とした表現であるのに対し、ミットフォードには上流階級出身らしい優雅な表現が見られます。

 

 このあたりを訳者の長岡氏も感じていたのでしょう。

 

 本書はサトウの『一外交官の見た明治維新』 に比べると、詳細な記録という点では一歩譲るかも知れないが、教養ある英国人らしい味わいのある表現が随所にあり、単なる記録にとどまらない面白さがある。

 

とあとがきに記しています。

 

 また、上流階級出身ということで、特別な場に出ることができたのもこの人ならではで、英公使のパークスが1868年(慶応4年)に京都で天皇と謁見した際には、通訳としてミットフォードが1人選ばれて随行しており、その際の宮中の様子も詳細に語られています。これも本書の特徴と言えるでしょう。

 

 では、前置きはこれくらいで。「ミットフォードの幕末」を見ていきましょう。