グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

『赤蝦夷風説考』蝦夷地に迫る大国ロシアの影が公に

 1779年にロシア(イルクーツク使節)と松前藩との、地方政府同士の通商交渉が行われ、松前藩が拒絶した件については前回触れました(江戸中期、密かに始まった通商交渉)。

 

 この件について、当初、松前藩は幕府に報告しなかったのですが、うわさは江戸まで流れていたようです。4年後の1783年(天明3年)になって、ロシアの蝦夷地接近に対する危機感をあおる一方で、対ロ貿易の可能性を説いた『赤蝦夷風説考』(工藤平助著)が、江戸で出版されます。

 

 これが時の老中、田沼意次の目にとまり、幕府が直接、蝦夷地調査に乗り出すことになります。その後の情勢次第では日ロ通商条約が結ばれ、蝦夷地で開港といった可能性もありました。ペリー来航に先立つこと70年ほど前のことです。

 

 江戸時代の経済が、当初の米一辺倒から海産物など広く商品全般に広がって全国を流通するようになり、蝦夷地に対する見方は大きく変わろうとしていました。(『赤蝦夷風説考』の引用は井上隆明氏による現代語訳、教育社新書より)

 

 

 筆者の工藤平助は、仙台藩の江戸詰医師が本業でしたが、蘭学をはじめ幅広い知識を持ち、交友関係も多彩でした。彼の私塾には、松前や長崎から来た門人もいて、ロシアについての情報を得やすい立場にいました。

 

 また、一説には、田沼意次の側近と親しく、むしろ幕府側から風説考の執筆をうながされ、その出版を受ける形で幕府が動いたとも言われています。政府側からの意図的な情報リークのような形です。

 

f:id:miyatohru:20181010190413j:plain

幕府老中として一時代を築いた田沼意次。積極的な商業振興策で幕府財政の立て直しを図る。その一環として、蝦夷地にも注目した

 

 さて、実際に風説考を読むと、1779年に来訪したロシアのイルクーツク使節、シャバーリンと松前藩との交渉については直接言及はしていませんが、アイヌとは明らかに異なる「赤蝦夷」が蝦夷地によく出没している事実を紹介、彼らはたまたま漂着したのではなく、交易を目的としているとした上で、

 

 日本の心得はといえば、いずれにせよ一本の通商路はあってしかるべきだ。以前までは通商の相手といえば、島えびすに限られていたし、蝦夷人同様うちすてておいてよかったが、オロシャのごとき大国であっては、そうはいかない。

 

としています。「島えびす」とは千島列島に住むアイヌのことで、蝦夷地(現在の北海道)本島のアイヌを含め、彼らとロシアは違うとし、国として正式な通商関係を結ぶべきだと説いています。さらに、

 

 ねがわくは、交易の件を細かく吟味することだ。わたしの話に誤りがなければ、北の交易路が一本あってよいのだ。今のように、ひそかに陰で行っていては、いつまでたっても陰湿なものから抜けきれまい。

 また抜荷(密貿易のこと)の状況は知れがたいというが、内々行われていると思う。抜荷防止策は、はなはだむずかしいことだ。

 さて交易通路をひらいた場合、方法はいろいろ考えられようが、第一には要害を選び設け、第二には抜荷禁制である。いまのままの放任状態では、ますます抜荷巧者になろう。正式の交易認可こそ、いちばんよい対策だ。人情、風土も知れるし、それに応じての対策も出てこよう。

 

 と、現実に蝦夷地を舞台に抜け荷(密貿易)が行われている問題を指摘。これを放任するくらいなら、正式な交易ルートを持って、友好関係を築いた方が良いとしています。

 

 実際、公にされた風説考に驚いて(先に述べたように、もともと内々に幕府側から出版をうながしたとの説もある)、急遽、行われた幕府による現地調査によると、1779年に来訪したロシアのイルクーツク使節、シャバーリンは松前藩に通商を断られた後、素直にロシアに引き返しておとなしくしていたかと言えば、そうではなくて、蝦夷地どころか津軽海峡を越えて本州の南部領(下北半島か)まで出没、密貿易しているとの情報まで出てきます。

 

 こうなるのも、この時点で蝦夷地の主権は極めて不明瞭だったことがあります。松前藩は渡島半島最南端の松前付近こそ面で管理していましたが、あとは各地に交易拠点を展開していただけのことです。広大な蝦夷地から千島列島まで、たしかにアイヌという原住民はいるものの、彼らは強力な主権国家を持たなかったため、いったい誰のものなのか、はっきりしませんでした。これで交易のすべてを管理できるはずはありません。

 

 それでも江戸時代のはじめは、「米が獲れないような辺境の地は放って置けばいい」で済まされたのですが、江戸も中期となれば、蝦夷地を巡る環境が大きく変化します。

 

 元禄以降、社会が豊かになって流通も発達、蝦夷地の水産物などが本州へと盛んに「輸出」されるされるようになり、その経済資源が注目されるようになります。また、蝦夷地の先には領土的野心を持った大国ロシアがいる、ということも意識されるようになりました。

 

 こうした情勢の変化に、幕府はそれまでの松前藩任せの蝦夷地政策からの抜本的な見直しを迫られます。この一環として、日ロ通商条約の早期締結といった可能性もあったのですが、幕府に政変が起きて、紆余曲折が始まります。それについては次回!。

 

【江戸時代の幕府外交-「松前藩と蝦夷地」シリーズ】

米の獲れない『松前藩』から日本とは何かを考える

型破りな『松前藩』の扱いに困っていた?江戸幕府

江戸中期、密かに始まった通商交渉

『赤蝦夷風説考』蝦夷地に迫る大国ロシアの影が公に

 

 

江戸中期、密かに始まった通商交渉

 江戸時代の初め、外国だった今の北海道(蝦夷地)。そこにひょんなことから日本領ができたことについて、前回、書きました。

 

 それから1世紀後。18世紀後半になると、蝦夷地は再び新たな局面を迎えます。ロシアの極東進出と南下です。今回はロシアの登場による幕府や松前藩の対応について見ていきましょう。

 

 極東地域へと進出してきたロシアは、清との抗争が続いていましたが、清の抵抗も強く、1689年にネルチンスク条約を結び、アムール川を挟んで同国との間で国境を確定します。

 

 これにより大陸での基本的な大国の棲み分けは確定したのですが、引き続き、ロシアはカムチャッカ半島の先にある千島列島や、間宮海峡を挟んだ樺太島(サハリン)に進出、しばしば原住民であるアイヌと遭遇することになります。これがやがてアイヌとの交易を行う松前藩の耳にも入り、いわゆる「赤蝦夷」情報が日本側にもたらされます。

 

 蝦夷とは当時、日本側がアイヌのことをそう呼んでいたのですが、「明らかにアイヌとは違う、顔の赤い、あるいは赤い服を着た外国人がいる」ということで赤蝦夷と呼ばれました。

 

 当時の松前藩の領地はあくまで渡島半島南部の松前一帯にあった和人地であって、蝦夷地全体を面として支配していたわけではありませんでしたが、幕府に認められたアイヌとの独占交易権をよりどころとして、広く各地に公的な交易拠点(商場、場所とも)を展開していました。

 

f:id:miyatohru:20181001185705j:plain

蝦夷地と大陸の間にある、樺太と千島列島を伝ってロシア人が南下してきた。この地域では主にアイヌによる「オホーツク交易圏」が形成され、松前藩と交易を行っていた(国土地理院地図より作成)

 

 18世紀も後半になると、樺太や千島列島を舞台にアイヌとロシア人との間で交易が行われ、時に抗争が起きるようになります。 

 

 そこでロシア側も正式な通商関係を結ぼうということになったのでしょう。1772年、ロシアのイルクーツク県知事は、アイヌとの友好関係、そして日本との通商関係樹立を目的に使節の派遣を決定。1778年には同県の商業協同組合長だったシャバーリンがノッカマブ沖(現在の根室半島)に到着。松前藩の役人と対面し、通商交渉を求めます。

 

 この時、同藩の役人は「自分の一存では決められないので、藩主と相談の上、1年後に回答する」としたため、翌79年、シャバーリンは再来日。今度は根室半島を通り越してアッケシのツクシコイ(現在の厚岸町筑紫恋)までやってきます。

 

 ここでの交渉となったわけですが、松前藩としては幕府の目があります。その定めに従って、「異国との交易は長崎のみとなっている。ここへはもう来ないように」と拒絶回答。ただ、「千島列島でアイヌと交易する分についてはかまわない」とも伝えたとされます。

 

 ここで興味深いのは、松前藩はこの時点で蝦夷地全体を支配していたわけではないのですが、なんとなくでも「蝦夷地は日本のもの(=だから日本の法令が適用される)」である一方、「千島列島は外国(=だからアイヌと交易してもかまわない)」といった意識を持っていたと思われることです。

 

 江戸時代のはじめには、蝦夷地自体が外国と考えられていたものが、江戸中期にはロシアの登場がきっかけとなって、蝦夷地は日本(あるいは属国)との意識が芽生え始めていたことがわかります。

 

 さて、このロシアとの通商交渉について、当初、松前藩は幕府に報告しませんでした。「そもそも拒絶したのだし、後から下手に報告しても面倒なことになるだけだ」と考えたようです。

 

 ところが、意外な形でこの件は幕府の耳に入り、蝦夷地はまた新たな局面を迎えることになるのですが、それについては次回!。

 

【江戸時代の幕府外交-「松前藩と蝦夷地」シリーズ】

米の獲れない『松前藩』から日本とは何かを考える

型破りな『松前藩』の扱いに困っていた?江戸幕府

江戸中期、密かに始まった通商交渉

『赤蝦夷風説考』蝦夷地に迫る大国ロシアの影が公に

 

 

 

 

型破りな『松前藩』の扱いに困っていた?江戸幕府

 江戸時代、米が獲れなかった蝦夷地にあった松前藩から日本のかたちを考えるシリーズ。2回目は、外国と考えられていた当時の蝦夷地(今の北海道)が、ひょんなことから、次第に日本に組み込まれていく過程を見ていくことにします。

 

f:id:miyatohru:20180924191213j:plain

明治維新で北海道が誕生する前、江戸時代270年間かけて蝦夷地は徐々に日本になった

 

 

 江戸時代の初め、松前藩が将軍からの所領安堵がなかったことは前回、触れた通りです。では、松前藩が江戸幕府からどのような扱いを受けていたのかがギモンになります。実際、江戸幕府もその扱いには困っていたようです。

 

 江戸幕府開府当初、松前藩は「賓客」扱いとされました。賓客とは客分といった意味です。居候(いそうろう)のようなもので、「正規の大名ではないものの、幕府の傘下にはいる」といった身分の不明瞭な存在でした。前回、述べたように、「外国である蝦夷地にある日本の公的な在外商館」だとみなせば、妥当なところとも言えます。

 

 当時の幕閣も松前藩の扱いには困って、「とりあえず、どうとでもとれる客分にしとけ」といった感じだったのではないかと推測されます。

 

 それが1600年代も中頃を過ぎると「交替寄合」になります。交替寄合とは、有力な旗本あるいは由緒ある武家が、参勤交代を認められ、大名に準ずる扱いを受けるというものです。賓客よりも、多少、身分が明瞭になって、ランクアップした感じがします。

 

 このあたりの事情を見ていきましょう。

 

 慶長18年(1613年)、幕府は日本全国に対して禁教令を布告、キリスト教の布教禁止、信徒の弾圧を開始します。このことで、国内にいた宣教師や信徒は弾圧を逃れ、明確な幕府の管轄地ではない一方、日本人(和人)も住んでいた蝦夷地に、かなり移住してきたとされます。

 

 当時の松前藩は、「蝦夷地は日本ではなく、幕府の禁教令は適用されない」というスタンスを取っていました。

 

 元和4年(1618年)、松前藩をイエスズ会の宣教師が訪れ、2代藩主、松前公広に謁見した時のことです。ここで公広は、

 

「パードレ(神父)が松前に見えることは差し支えない。なぜなら天下がパードレを日本から追放したけれども、松前は日本ではないのです」

 

と述べたとされています。

 

 このため、松前近辺には多くのキリスト教徒が逃れてきたわけですが、そうなると、今度は幕府もこれを見過ごすことができなくなり、松前藩をきちんと幕藩体制に組み込む必要に迫られます。そこで松前藩の領地を明確にさせ、その範囲内では幕府の法令が適用されるようにします。

 

 米が獲れないのだからいいだろうと放って置いた領地の線引きを、別の意味から確定させなければならなくなったのです。

 

 寛永10年(1633年)、幕府は蝦夷地に役人を派遣、これを機に松前藩では独自に松前一帯(渡島半島南部)を「和人地」として線引き、外国だった蝦夷地の中に「日本領」ができます。そして、実際に島原の乱(1637~38年)の後には、それまでキリスト教に寛容だった松前藩もキリシタン弾圧に転じています。

 

 当時の幕府や松前藩に、「米が獲れない土地を押さえる」といった発想はなく、領土的な野心はほとんどなかったと思われますが、全くの成り行きから、蝦夷地の日本化が進み始めたと言えます。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 

米の獲れない『松前藩』から日本とは何かを考える

 江戸時代、三百諸侯と言われたあまたの大名家の中でも、蝦夷地にあった松前藩ほど特殊な藩はなかったと言えるでしょう。理由は明確。石高(米の収穫高)が基本の幕藩体制にあって、松前藩では米が獲れなかったからです。

 

 今でこそ、北海道産の米が東京のスーパーの店頭にも並んでいますが、これは今世紀に入って以降の現象であって、少なくとも江戸時代、米作の北限は青森県あたり。松前藩は一応、江戸時代を通じて最大3万石となっていますが、現実的には米が獲れないので、これは3万石相当という幕府の「みなし」措置でした。

 

 では、米が獲れないこの藩の財政基盤(ひいては存立の基盤とまで言っていいでしょう)が何かと言えば、蝦夷地の原住民、アイヌとの独占交易権にありました。交易に伴う税収によって、本州から米を買い、家臣に配給していたのです(一部の上級家臣には交易権そのものを分与していましたが、本質的には同じでしょう)。

 

 こういう藩が公然と存在していた江戸時代が本当に鎖国状態にあったのかと考えると、怪しくなってきます。それでも後世、鎖国だったと考えられてきた背景には、この藩が北辺の地にあって、日本史上、ほとんど注目されてこなかったことがまずひとつ。さらに勘ぐれば、アイヌとの関係上(アイヌが日本人なのか、外国人なのか、ひいては今の北海道が日本だったのか、外国だったのか)、近代日本国家があまり触れて欲しくなかった話だったということがあったような気がします。

 

 そうした日本人の常識を覆すのが松前藩の存在であって、その歴史を詳しく知れば、がく然とする方は多いはずです。かく言う私もそのひとりです。今回のシリーズでは『松前藩』(濱口裕介、横島公司著)を読みながら、日本とは何かを改めて考えていくことにします。

 

 

 松前藩はその成立からして、特殊でした。

 

 慶長8年(1603年)、征夷大将軍となった徳川家康は江戸幕府を創設、全国的な支配体制を構築していくことになりますが、松前藩に対しては慶長9年に家康の黒印状が与えられます。その内容は以下の通りです。

 

①諸国から松前に出入りする者たちが、志摩守(松前氏)に断りもなく、夷人(えぞじん=アイヌ)と直に商売することは、あってはならないこと。

②志摩守に断りなく渡海し、売買する者があれば、必ず言上すべきこと。

 付、夷(えぞ)については、どこへ行こうとも、夷次第であること。

③夷人に対して非分の行いをすることは、堅く禁止すること。

 

 つまり、松前藩が対蝦夷地、対アイヌ貿易の独占的な窓口であることを認める一方で、アイヌは松前藩の支配を受けないとしています。つまりアイヌは日本人の扱いではなかったということです。

 

 また、松前藩の領地については明文化されていません。江戸時代の大名は将軍が代替わりするごとに、所領を安堵する「領知判物」(りょうちはんもつ)をもらい、その公的な支配権を幕府から認められていました。

 

 家康の死後、2代将軍となった徳川秀忠は元和3年(1617年)にこの領知判物を全国の大名に交付しましたが、松前藩には交付されませんでした。

 

 領地が明文化されていないということは、「もともと米が獲れないのだから、土地の所有権を明示する必要は無い」といった考え方もあったでしょうが、「そもそも蝦夷地は外国人であるアイヌの住む地域であって、幕府の管轄する地域(=日本)ではない」といった考え方も多分にあったと思います。

 

 こうした事実から考えるに、江戸幕府成立当初、家康や秀忠および幕閣の間では、蝦夷地を日本とは考えていなかったのではないかと推測されます。松前藩のことは「外国である蝦夷地にある日本の公的な在外商館」扱いというのが妥当なところでしょう。

 

 これを裏付けるような話が松前藩の側にも残っています。元和4年(1618年)、松前藩をイエスズ会の宣教師が訪れ、2代藩主、松前公広に謁見した時のことです。当時、すでに幕府は禁教令を発令、宣教師は国外追放となっていました。しかし、ここで公広は、

 

「パードレ(神父)が松前に見えることは差し支えない。なぜなら天下がパードレを日本から追放したけれども、松前は日本ではないのです」

 

と述べたとされています。

 

 これが時代が下るにつれ、徐々に日本に組み込まれていくことになります。

 

 

幕末外国人の横浜郊外小旅行記【鎌倉編】

 『スイス領事の見た幕末日本』(原題『日本周遊旅行』)の著者、ルドルフ・リンダウによる横浜郊外小旅行記。前回ご紹介した金沢八景を出発、今回は鎌倉を巡る旅の記憶です。鎌倉では鶴岡八幡宮や大仏といった定番の観光地も見学しますが、それよりもここでリンダウが心動かされたのは、「茶屋」と「子どもたち」でした。

 

 さて、リンダウは金沢八景の宿で「御飯とお茶だけの簡単な朝食」をすませ、鎌倉へと徒歩で向かいました。

 

 平野の外れの丘の頂上にある茶屋で、私は暫くの間足を止めた。そこで人の好い老婆から接待を受けたが、この老婆から鎌倉の聖地の地図を買い、説明を受けたのである。

 

 江戸時代は茶屋が、今で言う旅行ガイドブックを売っていて、近隣の観光地の説明までしていたんですね。なんとなく想像がつきます。

 

 ここでリンダウは日本の名所に必ずと言っていいほどある茶屋について思いを巡らします。

 

『茶屋』というのは、これまでも説明してきたように、日本中何処へ行ってもすごく沢山見られる。普通名所が作られる場所の選択は、まさに日本人の間に広まっている趣向を特徴付けている。即ち自然を美しいと感じる気持ちである。他のどんな国民にもこの点までこの気持ちを発展させた例を知らない。

 目で魅力的風景を楽しみ得る全ての足の届く場所で、『茶屋』は通行人達が自分達の眼前に展開する風景をしばしば楽しむために足を止めさせるように招いているのである。

 

  やがてリンダウは鎌倉に到着、鶴岡八幡宮に参拝します。

 

 鎌倉付近での激しい戦の結果、この町は殆ど完全に破壊されてしまった。しかしここにはかつての威光の素晴らしい名残が留められているのである。道路は江戸の最も整備されたものと同じ広さである。石で出来た橋が、時の流れと孤独に耐えてきた。寺社を取り囲む広い庭園は私がこれまでに見た中でも最も美しいものである。一本の長い道が、両側を二列の樹齢百年を超す大樹によって囲まれ、聖なる森の入口まで続いているそこに入る前に、巡礼は御影石のいくつかの門を潜るが、これがまた、飾りのない単純さの中に荘厳な美しさを秘めているのである。

 

f:id:miyatohru:20180721184257j:plain

鎌倉・鶴岡八幡宮。幕末から外国人に人気の観光地だった

  

 ここに記されている「道路」とは今も残る参道(若宮大路)のことだと思われますが、江戸時代の主要街道はだいたいこれくらいの道幅だったということですね。

 

 興味を持ったリンダウは続いて八幡宮の関連施設の中に入ろうとしましたが、外国人ということで許してもらえず、庭園を遠目に散策するに留まったようです。ちょっと不満が募ったリンダウでしたが、それを解消してくれたのが、近隣の子供たちでした。

 

 鎌倉の庭園を長い間散歩した後、私は宿に戻った。そこで私は私の別当が馬共々待っていてくれていたからである。道に沿って沢山の子供達が私の周りに群がり、愉快に笑い声を上げ、「唐人、唐人」と叫びながら、後から付いて来た。この騒がしい連中は、しかしながら、何の害もないのであった。そして私が振り返るたびに、四方八方に散って行き、私の動きを自由にしてくれ、私が連中を楽しませていると同じだけ私を楽しませてくれたのである。 

 

 これもなんとなくイメージできる光景です。前回も書きましたが、1世紀半も前の話ですが、そこには人々の暮らしと喜怒哀楽がたしかにあったということが、伝わってきます。

 

 リンダウにとって、いいことも嫌なこともあった鎌倉小旅行でしたが、金沢八景の宿に戻ってみると、現実社会の深刻な状況に直面することになります。

 

 そこ(金沢八景)で私は横浜の宿の主人であるオランダ領事に出会った。彼は船で私を迎えに来ていたのだった。彼の話によると、横浜で、四百人の『浪人』が町に夜襲をかけ、外国人を虐殺するようだとの噂が広まっているとのことであった。この信じられない作り話など大して信用しなかったが、私が危ない田舎を長い間歩き回る危険を避けさせたいと思っていた彼は、自分と一緒に海を渡って横浜に戻ろうと提案した。

 

  この小旅行は1862年(文久2年)の9月あたりと推定されます。ちょうど生麦事件の頃で、横浜の外国人社会に大きな動揺が起き、報復合戦に発展する気配もありました。そんな緊迫した当時の空気感までが伝わってきます。