グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

「7条問題」から瓦解し始めた幕藩体制

 幕末に日米修好通商条約交渉の通訳として活躍したヘンリー・ヒュースケンの日記『ヒュースケン日本日記』シリーズの4回目。今回は条約に猛反対した大名たちの具体的な反応について、ヒュースケンの遺した日記から見ていきましょう。

 

 

 ヒュースケンの日記を読んでいると、日本史の教科書で説明されているレベルをはるかに超えて、大名たちが条約調印に反対している実態が見えてきます。争点となった「7条問題」(=7条案をはじめとした外国人の日本国内における通行権問題)が彼らの領国における主権を侵害する恐れがあったためです。これに外様をはじめとする大名たちが反対するのも無理はありません。当然です。

 

 ヒュースケンの日記には、幕府側から次のような説明を受けたと記されています。

 

 大名の領地で、(他の)日本人の立ち入りを許さないところがある。十八大名領のうち、七、八の藩は領主が入国を許さず、かりにも立ち入る者があれば、そくざに首を斬ってしまう。(中略)それらの藩の中には大大名の筆頭である加賀候、第三位の薩摩候の領地がある。(中略)この大名たちは、旅行者がどこでも自由に歩きまわることを許されると知れば、激怒するだろう。

 

  「18大名」とは主に外様の大大名のことを指しています。そして、実際に懸念されたことが起きます。

 

 加賀候はこんどの条約を読んで気も狂わんばかりになり、「こんなことを認めるくらいなら、即刻戦端をひらくほうがよい」といった。

 大君(将軍のこと)がぬかりなく治めているかぎり、大大名も服従する。しかしいまや彼らは「われわれは臣下ではない、同輩である」といっている。

 

 開国に猛烈に反対した藩主と言えば、水戸藩の徳川斉昭が有名です。ヒュースケンは斉昭のことを加賀候と勘違いしているのかなとも思いましたが、彼の同じ日の日記には、別に御三家としての「水戸候」という記述が見られるので、これはそのまま加賀百万石の当時の藩主だった前田慶寧(よしやす)の話と見ていいでしょう。

 

 「即刻戦端を」とはかなり過激な発言です。外様筆頭である加賀藩の藩主が公然と幕府に反旗を翻すような発言をするとは、事態はかなり緊迫していたことが伝わってきます。

 

 また、ここで出てくる「われわれは臣下ではない、同輩である」という言葉は、慶寧をはじめとした外様大名の意識を言い表した言葉だと思いますが、これがまさに「徳川家を盟主とした諸侯連合」だった幕藩体制の本質を的確に示しています。

 

 外様大名の中には、ここに出てくる薩摩藩や、東国の南部藩など、「頼朝公から領国を拝領したのであって、徳川家とは関係ない」と考えているところもあって、彼らは半ば独立国家だったのです。

 

 もちろんこれで、実際に戦が始まったという話ではありませんが、水面下でのせめぎ合いは始まっていたようです。

 

 その点、ヒュースケンの日記には気になる記述があります。

 

 肥後守は京都から堀田の伝言を携えて到着したばかりである。

 彼が言うには、事態はあまりはかばかしく進展していない。大名の反対が非常に強く、その家臣たちが九カ所に立て札をたてた。曰く、「堀田備中守を殺害する」と。

 

 肥後守とは、岩瀬忠震(ただなり)、幕府の外交官です。その彼から京都で朝廷の勅許を得るべく運動していた老中、堀田正睦(備中守)の状況を伝えられました。

 

 注目すべきは「大名の反対が非常に強く、その家臣たちが…」という文言です。ここでは「浪人」ではなく、「家臣」と明記されている点が気になります。

 

 これが単にヒュースケンの誤解で本当は「浪人」だったのか、それとも岩瀬が実際に「家臣」と言ったのか。いずれにせよ、裏で藩の密命を帯びて脱藩した浪人の仕業ととれる説明であり、幕府側がそう見ていた可能性があります。

 

 吉田松陰のように純粋に自らの意志で脱藩、活動していた浪人とは別に、幕末のとくに初期の段階では、藩の密命のもとに動いていた「仮面浪人」も少なからずいたと考えられます。それくらいのことを当時の藩がやってもおかしくないほど彼らの反発はかなりのものでした。 

 

  この相互不信感が次に来る「安政の大獄」へとつながっていくわけですが、すでに幕府と藩との関係は開戦やむなしというほど一触即発の緊迫した状況だったのです。

「7条問題」を知らずして幕末は理解できない

 幕末に日米修好通商条約交渉の通訳として活躍したヘンリー・ヒュースケンの日記『ヒュースケン日本日記』シリーズの3回目。大名が猛反対した「7条問題」について、今度はヒュースケンの遺した日記から見ていきましょう。

 

 

 以前、本ブログでは、米国全権だったタウンゼント・ハリスの日記を紹介しながら、日米修好通商条約について諸大名が具体的にどの部分に反対していたのかご説明しました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 ヒュースケンはハリスの通訳ですから、基本的にはふたりの日記はほぼ同じ出来事に基づいたものです。

 

 とは言っても、歳も立場も違う人間ですから、どこに興味を持って、どこを詳しく書くかという点では、細部が異なります。

 

 まず、修好通商条約の通商分野について。1858年2月12日付けの日記に、ハリスの日記にはないおもしろい記述があります。

 

 今朝、森山がきた。彼は、貿易章程と関税については、もう何もむずかしいことはないと考えている。

 「金銭については」彼は言った。「何の障害もない。大名は金銭や税金、関税に関心がない。彼らはこうした事柄をまったく口に出さない。」

 

 森山とは、森山栄之助。幕府の通訳です。彼が言うには、単に通商条約を結ぶという話なら、大名は反対どころか、そもそも関心すらないといったレベルだったようです。

 

 では、彼らは実際のところ、どこに反対していたのか。それより少し前の2月4日付けの日記に事の核心が書かれています。

 

 今朝、信濃守が個人的にハリス氏を訪問した。彼はハリス氏に対し、旧友の誼をもって、第七条、国内旅行の権利を認める条項に固執しないことを求めた。それが叛乱を引き起こすというのは、たんなる推測ではなくて確信なのだ、これには、いささかも掛値はない、と彼は言った。

 

  ハリスの日記にもこの「7条問題」は書かれていましたが、信濃守こと幕府で交渉に当たっていた井上清直の強い言葉を、ヒュースケンは通訳らしく、しっかりと書きのこしています。

 

 「7条問題」とは、条文の7条案を象徴として、米側が自国民が日本国内を自由に通行できる権利を要求、これに対し、大名らは領国内での独占的管轄権を主張して猛反対したというものです。(「7条問題」の詳細については、以下のブログをご覧ください)

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 背景には、大名の領国における主権がからんでいるため、本当に重大な問題でした。完全な統一国家とは言えなかった幕藩体制のもとで開国するという矛盾に、ニッポンは早速、直面したのです。

 

 日本史の教科書では、この条約は不平等条約であると解説されることが多いのですが、それはあくまで後に出てくる話であって、大名たちは関税などについては関心すらなく、当時の争点は明らかにこの「7条問題」でした。

 

 しかし、残念ながらこの「7条問題」については現在、触れられることもほとんどありません。理由を推測するに、「7条問題」が交渉の過程で起きていた問題で、調印後の条約の成文では極めて限定されたものになったためだと思われます。

 

 たしかにこの条約は不平等条約であり、その解説に意義のあることは十分にわかるのですが、時系列を追った日本史(通史)の中では、その話よりも「7条問題」について大いに解説を割くべきだと思います。次に来る「攘夷論」から「戊辰戦争」、「明治維新」といった歴史の流れに大きく影響を与えているからです。

 

 この「7条問題」を知らずして、幕末は理解できないのです。

 

(最終的に7条問題が極めて限定的な内容に落ち着いたのは、ハリスが日本との調印を急いだために譲歩したためと考えられます。そのあたりの事情については、以下のブログをご覧ください。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

オランダの登場で乱戦となった開国交渉

 幕末に日米修好通商条約交渉の通訳として活躍したヘンリー・ヒュースケンの日記『ヒュースケン日本日記』シリーズの2回目。今回はその断片的な記述から、日米に蘭を加えて虚々実々の外交交渉が行われていた事実をあぶり出していきます。

 

 

 以前、本ブログで、米国全権だったタウンゼント・ハリスの日記について、日米修好通商条約の調印直前で記述が途絶えているのは、歴史上の大きな謎だとご説明しました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 その謎が、ヒュースケンの日記を読んでいて、見事に解けました。実はヒュースケンの日記も、条約調印目前で記述が途絶えていたのです。

 

 日米修好通商条約が調印されたのは、西暦1858年7月29日のことでした。これに対し、ハリスの日記は6月9日付、ヒュースケンは前日の6月8日付で、双方ともパタリと日記が途切れます。(ただ、ヒュースケンは何を思ったのか、2年半後の1861年元旦に日記を再開しましたが、その直後、攘夷志士に暗殺されました)

 

 ふたりの日記がほぼ同時期に途絶えたというのは、明らかにふたり申し合わせの上と考えていいでしょう。この場合は、どう見ても上司であるハリスの意志によるということになります。

 

 では、なぜハリスは、ヒュースケンにも指示を出して、この時期から米側の日記(記録)を止めたのか。

 

 その謎に迫るべく、途絶える直前のヒュースケンの日記を注意深く読み込んでいくと、頻繁に登場するひとりの人物の名前が目にとまります。

 

 彼の名は、ドンケル・クルチウス。日本史上では全く無名の存在だと思いますが、長崎のオランダ商館長。当時の駐日オランダ代表と言っていいでしょう。

 

 その彼が、この頃、江戸に来ていたのです。ヒュースケンの日記(1858年4月23日)には次のように記述があります。条約調印3ヶ月前のことです。

 

 夜、ドンケル・クルチウス氏が秘書のド・グレフ・ファン・ポルスブルック氏を伴って江戸に到着。この人はドンケル・クルチウス氏の名前で私に手紙をよこして、彼の到着をハリス氏に伝えてほしいといってきた。

 

 その後も、ヒュースケンの日記にはクルチウスの名は頻繁に登場しており、ハリスとも引き合わせた旨が書かれています。(ただし、不思議なことにハリスの日記にはクルチウスの名は出てきません)

 

 そして、ヒュースケンの日記が途絶えることになる最後の日(6月8日)には、決定的となる事実が書かれていました。

 

 私はドンケル(・クルチウス)氏のところにいた。彼は日本人と会談した。日本側はわれわれの条約の写しをドンケル氏に見せて、それと同じ権益を彼に与えようとした。ドンケル氏は下関と浦賀に(港)、江戸に外交官の官舎、鋳貨の輸出とその他の小さな権益を望むだけにして、ハリス氏よりさきに条約を結ぼうとはかった。彼はアメリカの条約が調印されると同時に、アメリカの条約と同じ権益を獲得することになる。しかし、彼は日本人から聞いたことを私に語らなかった。

 

 つまり、幕府はオランダに、日米間で交渉中だった修好通商条約案を見せていて、しかも、それを知ったクルチウス(オランダ側)は、それより条件の緩い条約を先に結んで、日本との通商条約を初めて結んだ国という栄誉を得ようとしていたのです。

 

 この事実を知ったヒュースケンは当然、上司であるハリスに急報したはずです。ハリスにしてみれば、大きな衝撃だったでしょう。

 

 「何が何でもオランダより先に条約に調印する。そのためには手段を選ばない。これからは何でもありだ」。そう考えたハリスが後世に遺ってしまう記録(日記)をつけるのをここで止めた。と考えれば、すべての謎は解けます。

 

 ということで、ここから先の記録は遺っていませんが、裏では日米蘭の3カ国間で虚々実々の駆け引きが行われたと思われます。おそらくは、史実としては遺せないほど猛烈な米側の巻き返しがあって、ついに日米修好通商条約が調印されます。

 

 それにしても、最後の1日の日記を遺してくれたヒュースケンには感謝です。この部分の記述がなければ、後世には何が起きていたのか、さっぱりわからなかったでしょう。

 

 わずか数行の記述ですが、「歴史に残る」ならぬ「歴史を遺してくれた」貴重な日記だと思います。

  

産業革命後のニューヨークから江戸ニッポンへ

 今回は、幕末に日米修好通商条約交渉にのぞんだ米国全権、タウンゼント・ハリスの通訳として活躍したヘンリー・ヒュースケンが書き残した日記『ヒュースケン日本日記』を読みながら、幕末という時代にタイムスリップしていきましょう。

 

 

 ヘンリー・ヒュースケンはもともとオランダ人ですが、20歳そこそこでニューヨークに移住します。その後、米国が日米修好通商条約交渉を幕府と開始するにあたって、オランダ語を話すことのできる人間を探していた米国全権のタウンゼント・ハリスの目にとまり、その通訳として1856年(安政3年)、24歳で来日することになりました。 

 

 それから、1861年(万延元年)に28歳で攘夷志士によって暗殺されるまでの間、上司であるハリス同様、日記をつけていました(実際にはニューヨークを出航した1855年から)。

 

 ヒュースケンはフランス語とオランダ語とで別々に日記をつけていたようですが、それらを合わせた英訳版が1961年に完成、それを青木枝朗氏が和訳したのが『ヒュースケン日本日記』(岩波文庫)となります。

 

 ヒュースケンはハリスの同行通訳ですから、日記の大方は『ハリス日本滞在記』と重複した内容となっています。その点で学術的には、ハリスの日記を補足する史料として重用されています。

 

 一方で、米国全権といった責任を負い、また50歳を超えていたハリスとは異なり、20代半ばのヒュースケンの日記は、若者らしい冒険者的な好奇心が見られるのが特徴です。

 

 たとえば、ニューヨークを出航する際には、次のような記述が見られます。

 

 ついに船は外洋に出た。ある時は穏やかに、ある時は激しく泡だち、またある時は眠るがごとく、太古からかたときも休まず青い波をうねらせてきたこの大洋が、私をはるかな故国(オランダ)から、まだかすかに見えているこの国まで運んできた。マストが林のように立ち並び、大煙突から吹きあげる煙と蒸気に包まれたこのニューヨークで、私はおよそ三年を過ごした。世界的規模の貿易と、無比の工業力を象徴するそれらのものは、地平線の彼方に消え去った。 

 

 これを読むと、当時のニューヨークの姿が目に浮かびます。英国から始まった産業革命によって工業化が進み、貿易が飛躍的に伸びている様が伝わってきます。「大煙突から吹きあげる煙と蒸気に包まれた」という形容からは、蒸気機関がその革命の源泉であることがわかります。

 

 そういった国から江戸ニッポンを見れば、単に洋の東西の文化の違いという以上に、未だ産業革命の波に洗われていない国といったイメージが強かったのも当然で、ペリーにしても、ハリスにしても、この風景が頭の中にあって日本と交渉をしていたということを踏まえておいた方がいいでしょう。

 

 また、おもしろいのは幽霊船についての記述です。ニューヨークを出航して2日目のことでした。

 

 今朝、幽霊船に出あった。外板が舷川からはずれて、骸骨のようになった船が、こちらに接近してきた。甲板には人影ひとつ見えなかった。物音も聞こえず、帆綱の間を吹き抜ける風の音と、無人の船橋にうち寄せ、塩辛い滝となって海へもどっていく波の音が聞こえるだけである。船橋を洗うその波は、老後の杖と頼む人、若き日の恋人の姿を船の中に尋ねもとめる人妻や、孤児や、母親たちの流す涙のようであった。

 

 これは難破した帆船だと思われます。産業革命によって、蒸気船が登場したとはいえ、まだまだ帆船も現役で航行していた時代のこと。当時は帆船が難破しても救助されることなく、そのまま放置されていたのでしょう。

 

 帆船や幽霊船と聞くと、カリブの海賊たちが思い浮かびますが、彼らが活躍した頃の残影をいまだ引きずっていた時代だったのです。

 

それでも日米修好通商条約が調印された裏事情

 『ハリス日本滞在記』を読んで歴史を考えるシリーズの最終回。今回は諸大名の反対にあいながらも調印された日米修好通商条約交渉の裏で、ハリスひいては米国がどう動いていたのかにスポットを当てます。

 

 

 諸大名の猛反対にあった日米修好通商条約交渉は、最終的に、天皇の判断を仰ぐことになりました。ハリスは幕府の交渉委員を通じ、京都で朝廷の説得に当たっていた老中の堀田正睦(備中守)から書簡を受け取り、その厳しい空気を知ることになります。

 

 ミヤコの事情は言葉で現しうる以上に困難だ。ミヤコでは堀田備中守を暗殺しようとする陰謀があり、ミヤコの壁々に彼の生命をおびやかす貼札がはられている。ミヤコとその隣接地の住民は非常な興奮状態にある。ミカドは言った。「汝が大名たちの承諾をえたとき、私は私の承諾をあたえよう」と。 

 

  つまり時の孝明天皇は「全会一致なら」といった条件をつけることで、事実上、条約調印を認めなかったということです。

 

 こうなると、幕府-ハリスとしては万事休すということになるわけですが、それでも条約は安政5年夏に調印されることになります。

 

 これについて日本史の教科書では、この直前に大老に就任した井伊直弼が反対を押し切って調印したと説明されているので、「井伊大老=豪腕政治家」といった印象を持たれている方も多いと思います。 

 

 しかし、この交渉をハリスひいては米国側から見ていくと、彼らが巻き返しに動いた結果として、井伊大老も熟慮の末、「調印やむなし」の心境に至ったことが見えてきます。

 

 ただ、残念ながら、この重大な局面以降のハリスの日記がなぜかないのです。『ハリス日本滞在記』の訳者である坂田精一氏は解説の中でこう述べています。 

 

 それらの時代を通じて、彼の日記が全然見当たらないというのは、どうしたわけであろうか。タウンゼント・ハリスほどの几帳面な人が、その長い間の日記を全く怠ったものとは考えられない。この事実は一つの謎であると共に、史家の大きな嘆きとなっている。

 

 ハリスは条約調印後も4年近く米国の代表として日本に留まっていました。彼の日記を読んでいると、私的な性格のものではなく、後世に史料を遺すといった意識が感じられることから、この後の日記が全くないのは私も不思議な気がします。

 

 しかし、現実にないものはないので、この重大局面におけるハリスの動静は詳しくはわかっていません。ただ、概況としてはこうなります。

 

 条約調印の1週間前に米国の汽船が下田に入港、中国での最新の情勢をハリスに伝えます。英仏の連合軍が清での反乱を制圧して天津条約を結び、そのまま日本に連合艦隊を派遣しようとしている、というものでした。

 

 これを聞いたハリスはすぐに老中の堀田正睦に急報。幕府は動揺し、井伊大老も「調印やむなし」となって、一転、勅許を待たずに条約は調印されることになります。

 

 これだけの重大局面ですから、ハリス自身がどう考えて、具体的に幕府にどのような形で情報を伝えたのか、本当に興味のあるところですが、繰り返しますが、この少し前からの日記がないのです。

 

 何者かが意図的に日記を隠した(捨てた)のか、たまたま紛失したのか定かではありませんが、それにしても、計ったようにこの重大局面からなくなっている点が気になります。

 

 これは日本史上の大きなミステリーのひとつだな、と思っていたら、偶然にもその謎を解く手がかりが見つかりました。なんとそれは、ハリスの通訳だったヘンリー・ヒュースケンの日記の中に隠されていました。

 

gootjapan.miyatohru.com