グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

歴史情報論-政局の動くところ毒殺説あり

 明治維新までの日本は、実に怪しげな社会だったと思います。権力者の犯罪をまともに裁くことができなかったからです。

 

 他人に罪をかぶせたり、毒殺したり、といったことが実はかなり行われ、しかもその事実が闇から闇へと葬られていたような気がします。表の史実からだけではわからない、後ろになにかある、というモヤモヤ感があるのです。

 

 歴史を語る場合、これはつらいところで、うわさはある、けれども確証がないといったグレーゾーンの話をどう扱うか-。となると、無難なところで、話を避けてきたということになってきたのだと思います。

 

 しかしだからと言って、これらをすべて避けていては、これはこれで当時の社会の実態には迫れません。そこで、歴史情報論です。確証がなくとも、情報は情報としてきちんと語るいった領域を設けておくべきです。

 

 毒殺説については、将軍や藩主が象徴化した江戸時代後半に増えているような気がします。とくに、幕末の徳川将軍家を見ると、12代家慶、13代家定、14代家茂、それぞれに毒殺説があります。

 

 いずれもその死とともに政局が大きく動いているので、毒殺説にもそれなりの説得力があります。

 

 ただ、中でも、さすがにこれは怪しいだろうと思われるのが、13代将軍、徳川家定を巡るうわさ。NHKの大河ドラマにもなった天璋院篤姫の夫です。

 

f:id:miyatohru:20171013191206j:plain

13代将軍、徳川家定。死因は、脚気の悪化ともコレラとも言われているが…

 

 「史実」では、子供もなく、病状の悪化していた家定の後継を巡って、水戸藩の徳川斉昭(一橋派)と大老の井伊直弼ら(南紀派)が争う中、家定自身が後継は南紀派の推す紀州藩の徳川家茂と決めた直後に急死。その後、斉昭ら一橋派が一斉に処分されます。安政5年夏のことでした。

 

 家定の死因は、脚気の悪化とされています。脚気は夏に悪化するようで、実際、脚気が原因で亡くなった14代将軍の家茂も、夏に亡くなっています。そう考えると、一応、理にはかなっています。(ただし、一説にはコレラだったとも言われています)

 

 しかし、当時の英国公使、ラザフォード・オールコックは、12代家慶、13代家定ともに毒殺されたと『大君の都-幕末日本滞在記』(岩波書店刊)に書き記しています。

 

 この本は、もともと維新前の1863年にニューヨークで出版されたものです。国内であれば発禁処分だったでしょうが、外国人が海外で発表したものなので、日の目を見ることができたのだと思います。

 

 さて、それによると、

 

 水戸候は、諸外国とのあいだに新たに樹立された関係に敵意をいだく強力な諸大名の一団のかしらとなって、ときの大君を毒殺して、そのあとをつごうと企てたのであった。

 

  さらにこの本の中では、それを察知した大老の井伊直弼が、殿中の将軍側近たちを取り調べ、斉昭派の者を自白させた上、斉昭自身にも謹慎を迫った、と事細かな説明が続きます。さらに、大老はこの件を逆手にとって、後継者には自分が推す南紀派の家茂を据えたというのです。そして、最後には、

 

 以上は、一般にうけいれられている記録によるものだが、これは大老の裏切り行為であり、背信であった。それがどのような復讐をうけたかは、のちほどわかるであろう。

 

と締めくくっており、この件が桜田門外の変につながったとみています。「一般にうけいれられている記録」が具体的にどのようなものだったか、ハッキリしませんが、当時の英国公使館の情報網を駆使して調べ上げた結果でしょう。

 

 また、別の資料にも毒殺説がみられます。明治の末に出版された『側面観幕末史』(桜木章著、啓成社のち東京大学出版会発行)です。本書は、幕末における、歴史の正書では扱われないようなうわさ話ばかりを集めた内容のものです。

 

 ここでは、「公方様の毒殺」として1章を割き、家定の死にまつわるうわさ話を書き記しています。個人名をあげて、家定の死の前後に側近が相次いで罷免されたり、御用部屋に遺書を貼り付けて自殺(抗議の切腹か)していることを指摘しています。担当の奥医師も処罰されました。具体的な名前まで示されると、うわさの現実味がかなり出てきます。

 

 よくよく考えてみれば、いくら大老とはいえ、御三家の前藩主を処罰するなどよほどのことがない限りできません。御三家は徳川幕府にとって特別な存在であり、一種の治外法権的な存在でした。

 

 一応、斉昭処罰の理由は将軍後継問題を巡り、無断で登城したということに史実でなっていますが、本来、この程度の問題で処罰できるような存在ではありません。オールコックが指摘している通り、斉昭が何の申し開きもできないような重大な事実を井伊大老側が握っていたと考える方が合点がいきます。

 

 うわさだからと言って、簡単には切り捨てられない話もあるのです

 

歴史情報論-武士はいつ武士がなくなると思ったか

 前回、ご説明した「歴史情報論」について、ひとつ興味深い話をしましょう。それは、明治維新の前後、武士はいつ武士がなくなると思ったか、という疑問です。

 

 この話はこれまでほとんど問題とされてこなかったように思います。そもそも、誰もそんなことは思いもしなかったでしょう。

 

 たまたま考えられたにしても、せいぜい維新後。明治3~4年にかけて、廃藩置県、四民平等といった具体的な武士階級の解体的施策が出た頃。あるいは秩禄処分から不平士族の乱が続いた明治10年あたり、つまり旧武士階級の不満が顕在化した頃の話ぐらいにしか思われてこなかったでしょう。

 

f:id:miyatohru:20171013180300j:plain

西南戦争時の錦絵-しかし、武士階級の中には維新前から武士がなくなるという見方が広まっていた

 

 しかし、歴史情報論の観点から史料を読み込んでいくと、開国直後から一部で先読みがはじまり、維新前にはすでに武士階級の間で武士がなくなるかもしれないという見方が広まっていたという衝撃的な事実が見えてきました。

 

 まず、誰が最初にそう思ったか、という疑問ですが、これは具体的な開国交渉となった日米修好通商条約の幕府側交渉委員たちだったと見られます。彼らは幕府の中でもエリートコースを歩んできた俊才たち。相当先読みができたのでしょう。

 

 具体的には、この時の交渉委員の中でもとくに中心的な存在だった井上清直、岩瀬忠震(ただなり)です。彼らは開国の具体的な交渉をしていく過程で、幕藩体制の限界を米国側全権のタウンゼント・ハリスに漏らしており、いずれ幕府と外様藩との間で大きな衝突が起きると、しっかり時代の先読みができていました。(詳しくは以下のページをご覧ください)

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 彼らが具体的に武士という身分の先行きに言及したという事実は確認できませんが、幕藩体制の崩壊を予感していたことは事実で、また、ハリスから米国社会についても学んでおり、武士階級の先行きにも悲観的だったとみられます

 

 これが、幕末も最後の最後、大政奉還直後の段階では、どうだったか。

 

 この時の陸奥20万石、盛岡藩の江戸藩邸の様子についての証言が残っています。江戸詰の家老から京都の情勢の説明を受けた藩士たちの間には、激しい「動揺」が広がります。

 

 この場合の「動揺」とは、単に中央政界の混乱に限った話ではなくて、「幕府がなくなる、ということは藩はどうなるの?、武士はどうなるの?」という形で動揺の連鎖が起きており、最終的には自分たちはどうなるの、という極めて切実な身の振り方の問題になっていました。

 

 これを読んでいると、ちょうど現代で言えば、倒産のうわさが流れはじめた会社内部のようなもので、藩士同士、「どうしよう、どうしよう」と言いながら、再就職への不安を話し合っていたことがわかります。「時代は変われど、人間社会は変わらないんだなあ」という感じです。(詳しくは以下のページへ)

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 中には、「もう武士はなくなるそうだ」とはっきり口にする藩士もいました。一般の藩士たちの普通の会話の中でのことですから、すでに武士階級の間にかなり浸透していた見方だったでしょう。盛岡藩だけの特別な話だったとは思えません。

 

 繰り返しますが、これは大政奉還直後のことで、これから戊辰戦争が始まるという段階での話です。この段階で、武士階級の間に「武士がなくなるかもしれない」という不安が広がっていたとなると、大方の藩、あるいは大方の幕臣たちが戊辰戦争時に日和見を決め込んだというのもわかるような気がします。(もちろん、その理由の第一には財政難で戦費の調達すらできなかったこともあったでしょう)

 

 戦(いくさ)というものは、守るべきものがあればこそ、命をかけてできるもので、「どうせ武士はなくなるんでしょ」と思っていて、できるものではありません。

 

 逆に、薩摩藩などはどうだったのでしょう。戊辰戦争をしかけながら、後になって不平士族の乱(西南戦争)を起こしているところを見れば、少なくとも一般藩士レベルにはこうした見方が伝わっていなかったのではないかと思われます。これはこれで、また疑問です。

 

 ここでは、幕末の最初と最後の段階の事例をご紹介しましたが、途中、どの段階でこのような見方が広まり、社会を変えていったか。歴史情報論のこのような切り口で、史料を読み込んでいけば、もうこれだけで幕末史は塗り変わっていくと思います。

歴史情報論とは何か-歴史の中の「戦場の霧」

 私はこのブログの中で、しばしば「歴史情報論」というタグを付けてきました。皆さんの中には何のことやらという方も少なくないでしょう(あるいは全く気がついていない、笑)。そこで、ここで改めて、私の考える「歴史情報論」とは何かをご説明しておきましょう。

 

 もしかしたらアカデミックの世界でも、すでにこのような言葉が使われているかもしれません。それと同じかもしれませんし、違うかもしれませんが、ここで説明するのはあくまで私自身、史料を読み込んでいく中から生まれた個人的な問題意識に基づくものです。

 

 さて。軍事の世界には、「戦場の霧」という言葉があります。戦場において、現場の指揮官はすべての状況を把握して判断を下しているわけではない、といった考え方です。

 

 後世の歴史家がすべての状況を把握した上で、「なんでこの人はこんな判断を下したのだろう」と指揮官を批判したところで、それはあくまで後世になってすべての状況を把握しているからこその結果論に過ぎません。現場にいる指揮官は、限られた情報をもとに即座に判断を下して、対応していかなくてはならないのです。

 

 歴史の世界、とくに近代マスメディアが登場する以前の社会においては、これと同じ事が言えると思います。

 

 正確な情報が瞬時に国民全体に伝わっていたわけではなく、多分に誤解を伴った不確かな情報がもやーっと時間をかけながら伝わっていたはずで、当時を生きた人々はそうした情報をもとに判断をして、生きていかなくてはならなかったと思います。

 

f:id:miyatohru:20171010201351j:plain

近代マスメディアがなかった時代。人々は霧の中を手探りで進んでいたようなもの(photo by PAKUTASO)

 

 たとえば、江戸城の真ん前で幕府の大老、井伊直弼が暗殺された桜田門外の変。

 

 今であれば、1時間後にはテレビでニュース速報が流れ、2時間後には現場から中継が始まり、翌日の新聞では事の顛末が詳細に伝えられるでしょう。また、その日のうちに官房長官にあたる役職の人物が、記者会見を開いて大老の容体や逃走した犯人の情報を公式に説明。国民は瞬時にほぼ正確な状況を把握できるはずです。

 

 しかし、当時はもちろんそんなことはありません。時の英国公使、ラザフォード・オールコックは、この時の状況を『大君の都-幕末日本滞在記』に記しています。それによると、事件当日の第一報としては、大老の生死すら確認できず、その後しばらく幕府からは大老の容体は快方に向かっている、と説明を受けていたといいます。(詳しくは以下のページに)

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 しかも、オールコックはその後、公使館独自に情報収集した結果として、事件の背後には水戸藩の先代藩主、徳川斉昭がいて、その手の者が大老を暗殺したと見ていました。(史実では、犯人は主に水戸の脱藩浪人で、斉昭が直接指示したわけではない、ということになっている)

 

 私はなにもここで、オールコックの情勢分析が悪いと言うつもりは全くありません。言いたいのは、当時はこのような形で、情報が伝わっていたというひとつの事実です。

 

 つまり、多分に誤解を伴った不確かな情報がもやーっと時間をかけながら伝わっており、当時を生きた人々はそうした情報をもとに判断をして、生きていかなくてはならなかったということです。しかも、それをもとに政局が動いていたのです。

 

 逆にこうした環境下であっても、的確な情報をいち早くつかんで天下を取った人間もいます。本能寺の変後の豊臣秀吉です。この時は、信長を討った光秀が毛利氏にあてた密書が秀吉の手に渡ったことから、他の織田方の諸将を差し置いて、いち早くとって返して光秀を討ち取ることができたと言われています。

 

 このように、どのような情報が、どのようにして流れていたか--。従来の歴史は史実偏重で、このあたりを軽視していたのではないかと思います。後世から見て、これは誤った情報だからということで、はじめから「ネグってきた」話も多いと思います。

 

 しかし、誤報や誤解であっても、それによって社会が動いていた以上、ここを軽視しては、当時の実情に迫れません。

 

 軍事の領域で当たり前のように語られている「戦場の霧」の概念を、歴史の世界でも導入すべきだと思うのです 

幕末の分水嶺となった「生麦事件」

 幕末の英国公使、ラザフォード・オールコックの記した『大君の都-幕末日本滞在記』を読むシリーズ最終回。東禅寺事件後、オールコックは幕府に最後通牒を突きつけます。その後の幕府の対応が重大な分かれ道となったのですが、実際に起きたのは生麦事件でした。

 

 

 英国公使館が攘夷志士に襲撃された東禅寺事件(当時はここに公使館が置かれていました)後、オールコックは幕府に次のような警告書を送ります。

 

 政府は、国際法によって責任を負っている。世界の目から見て、政府は秩序を維持し、生命・財産を保護する法を尊重する責任がある。もしこれに欠けるところがあれば政府としての必須の性格をもはや有していないことになり、諸外国の尊敬をうける資格を失うことになる。諸外国が相手とすることのできる政府は、実質的に支配している政府のみであって、名目だけの政府ではないのである。

 

 オールコックはさらに続けます。

 

 まったく以上のことが、政府として永続するための重要な要件であり、これを忘れるならば、かならず即座に危険が生じるであろう。それゆえに日本政府は、そのような無秩序な状態においては、みずからの存在すら脅かされているのである。それゆえに本官は、その政府自体の利益のために、現在の情勢にたいして、政府みずからのもっと真剣な注意を喚起せざるをえない。

 

  前回、ご紹介した通り、東禅寺事件でもうオールコックは幕府に完全に愛想を尽かしていたのですが、それでもここで、「最後通牒」を突きつけ、幕府の猛省を促したのでしょう。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 ここで幕府が死に物狂いになって、攘夷活動を抑え込んでいれば、まだ英国の信認をつなぎ止めることができたのではないかと思います。幕府は崖っぷちのところにいました。

 

 こうした状況下では次に来る「事件」が大きな意味を持っていました。

 

 はたして。実際に起きたのは、現在の神奈川県横浜市生麦付近で、薩摩藩士が大名行列の中に侵入した英国人を殺害した生麦事件でした。東禅寺事件から1年あまり後の文久2年8月21日(西暦1862年9月14日)のことでした。

 

f:id:miyatohru:20170921192748j:plain

 事件当時の生麦村 

 

 しかもこの1年の間には、老中の安藤信正が水戸浪士らに襲われた坂下門外の変、東禅寺の護衛に当たっていた松本藩士が英国人を殺害した第2次東禅寺事件など、攘夷の動きが収まる気配は全くありませんでした。(※英国公使館が襲われた東禅寺事件は実は2回ありました。本ブログでは2回目のみ「第2次」と表記することにします)

 

 このような状況が続いて、ついに英国は幕府を見限ります。英国は幕府を飛び越えて薩摩藩と直接談判を始めて責任を追及、この結果、薩英戦争が始まります。

 

 日本史の教科書ではこのあたりがさらっと流されています。私自身も、これまであまり深く認識していなかったのですが、『大君の都』を読めば、ここが幕末史の大きな転換点になったことに気づかされます。

 

 英国はこれまで幕府を一国を代表する政府として信頼し、何があっても苦情は幕府に言ってきました。英国が地方政府である藩と直接接触するという機会はこの本を読む限り、それまで一度もありませんでした。米国公使のハリスの本を読んでもそうです。

 

 つまり、国と国との外交なので、日本を代表して交渉する窓口は幕府であるといったスタンスをとってきたのです。ところがこれ以降、英国は幕府を飛び越えて、薩摩藩や長州藩といった地方政府と平気で直接交渉するようになり、彼らがやがて結集して倒幕勢力となっていきます。

 

 これはまさに、ここで英国が幕府を見限り、日本を代表する政府だとは見なさなくなったということを意味しています。

 

 別の言い方をすれば、オールコックから最後通牒を突きつけられて崖っぷちにあった幕府は、薩摩藩に最後の一押しをされて政権から転落した、ということにもなります。 

 

 こう考えれば、生麦事件は幕末史の分水嶺でした。ペリー来航から9年余、王政復古の大号令まで5年余。時間軸で見て後ろの方が近いということは、ここから急速に歴史が回転していくということです。

 

 これ以降、当時の超大国、英国の信任を失った幕府は衰退の一途をたどることになり、日本は新しい政府のあり方を模索しつつ明治維新へと向かっていくことになります。攘夷の極みから、維新への胎動が始まったのです。

 

「東禅寺事件」幕府に愛想尽かす英国

 幕末の英国公使、ラザフォード・オールコックの記した『大君の都-幕末日本滞在記』を読むシリーズ6回目。攘夷運動が高まり、外国人の殺害が続いていた幕末日本で、ついに英国公使館を直接襲撃するという東禅寺事件が起きます。ここでオールコックは抜本的な対策を打てずに、攘夷を放置し続ける幕府に愛想を尽かしてしまいます。

 

 

 桜田門外の変後、米国公使館の通訳だったヒュースケンの殺害など外国人に対する公道での攘夷テロが頻発するようになりましたが、ついに公使館を直接襲撃するという事件が起こります。英国公使館が襲われた東禅寺事件です(当時はここに公使館が置かれていました)。

 

 文久元年5月28日(西暦1861年7月5日)深夜、水戸の脱藩浪士14名らが英国公使館を襲撃。襲撃側、公使館員および護衛側の双方に多くの死傷者を出す惨事となりました。

 

f:id:miyatohru:20170919192410j:plain

 襲撃側に応戦して負傷した英国人ふたり。『イラストレイテド・ロンドンニュース』掲載画。

 

 事件当初、オールコックは寺の奥で寝ていましたが、異変を聞いてピストルを取りあげたところ、英国人ふたりが相次いで血まみれとなって倒れ込んできたため、彼らを奥へと誘導して、自分はピストルを持ってしばらく身構えていたといいます。

 

 この間、よほどの恐怖と不安があったのでしょう。オールコックは護衛の兵に対する不満をぶちまけています。

 

 まず護衛の者が、そして家をとり巻く一五〇名の連中(護衛)は、だれひとりとしてわれわれを助けにやってこようとはしなかったのだ。

 

 実際には護衛の兵たちは外で襲撃側と応戦していたのでしょうが、少なくともこの間、公使館員が放っておかれたことは確かなようです。(まあこれには、言葉の問題もあって、英国人と護衛する日本の兵の間で意思疎通ができていなかったことが大きかったのだろうと思います)

 

 とはいえ、敵の10倍もの兵がいるのに、ひとりもこっちに来なかったのは何事だという話なのてしょう。

 

 この事件の後、オールコックは次のように考えるようになります。

 

 大君の護衛が大勢いるのに、さまたげることもできなければ阻止することもできずに、このように武装した連中によって公使館が襲撃されて以後の、江戸駐在のイギリス公使の地位は、困難にみちたものであった。

 

  そとてこうも付け足しています。

 

 ひとつのことだけが、明らかであった。それは今後首都において身の安全をはかるには、日本政府を信用することはできないということだった。

 

  もう完全に幕府に愛想尽かしています。

 

 オールコックがここまでの考えに至った背景には、相次ぐ攘夷テロに対して抜本的な対策を打てない幕府に対するいらだちがあったように思います。

 

 たしかに今回の実行犯14名の多くが、幕府の捜索により、捕縛や切腹に追い込まれ、処罰はされました。

 

 しかし、攘夷が繰り返され、しかもうわさを含めて毎度毎度、水戸の脱藩浪人の関与が指摘されていた中にあって、その抜本的な解決策を考えれば、水戸藩の組織としての責任が問われるべき、とオールコックは考えていたふしがあります。

 

 実際、脱藩浪人とは見せかけで、裏では藩主を含む藩上層部の関与があるのではないかとオールコックは疑っていました。

 

 そう考えている人間から見れば、幕府から水戸藩に何らかの警告やペナルティが科せられるべきなのに、事件が起きてから実行犯(脱藩浪人)だけを処罰する対処療法的な幕府の対応への不満が募るのも当然で、それがここで爆発したのでしょう。

 

 このような経緯から、「今度こんな目に遭ったら、幕府に任せず、自分たちで直接、藩の責任を追求してやる」 と思い始めていたところに起きたのが、浪人ではない現役の薩摩藩士が英国人を殺害した生麦事件であり、薩英戦争でした。

 

 事ここに至るには、長い伏線があったのです。