グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

幕末の分水嶺となった「生麦事件」

 幕末の英国公使、ラザフォード・オールコックの記した『大君の都-幕末日本滞在記』を読むシリーズ最終回。東禅寺事件後、オールコックは幕府に最後通牒を突きつけます。その後の幕府の対応が重大な分かれ道となったのですが、実際に起きたのは生麦事件でした。

 

 

 英国公使館が攘夷志士に襲撃された東禅寺事件(当時はここに公使館が置かれていました)後、オールコックは幕府に次のような警告書を送ります。

 

 政府は、国際法によって責任を負っている。世界の目から見て、政府は秩序を維持し、生命・財産を保護する法を尊重する責任がある。もしこれに欠けるところがあれば政府としての必須の性格をもはや有していないことになり、諸外国の尊敬をうける資格を失うことになる。諸外国が相手とすることのできる政府は、実質的に支配している政府のみであって、名目だけの政府ではないのである。

 

 オールコックはさらに続けます。

 

 まったく以上のことが、政府として永続するための重要な要件であり、これを忘れるならば、かならず即座に危険が生じるであろう。それゆえに日本政府は、そのような無秩序な状態においては、みずからの存在すら脅かされているのである。それゆえに本官は、その政府自体の利益のために、現在の情勢にたいして、政府みずからのもっと真剣な注意を喚起せざるをえない。

 

  前回、ご紹介した通り、東禅寺事件でもうオールコックは幕府に完全に愛想を尽かしていたのですが、それでもここで、「最後通牒」を突きつけ、幕府の猛省を促したのでしょう。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 ここで幕府が死に物狂いになって、攘夷活動を抑え込んでいれば、まだ英国の信認をつなぎ止めることができたのではないかと思います。幕府は崖っぷちのところにいました。

 

 こうした状況下では次に来る「事件」が大きな意味を持っていました。

 

 はたして。実際に起きたのは、現在の神奈川県横浜市生麦付近で、薩摩藩士が大名行列の中に侵入した英国人を殺害した生麦事件でした。東禅寺事件から1年あまり後の文久2年8月21日(西暦1862年9月14日)のことでした。

 

f:id:miyatohru:20170921192748j:plain

 事件当時の生麦村 

 

 しかもこの1年の間には、老中の安藤信正が水戸浪士らに襲われた坂下門外の変、東禅寺の護衛に当たっていた松本藩士が英国人を殺害した第2次東禅寺事件など、攘夷の動きが収まる気配は全くありませんでした。(※英国公使館が襲われた東禅寺事件は実は2回ありました。本ブログでは2回目のみ「第2次」と表記することにします)

 

 このような状況が続いて、ついに英国は幕府を見限ります。英国は幕府を飛び越えて薩摩藩と直接談判を始めて責任を追及、この結果、薩英戦争が始まります。

 

 日本史の教科書ではこのあたりがさらっと流されています。私自身も、これまであまり深く認識していなかったのですが、『大君の都』を読めば、ここが幕末史の大きな転換点になったことに気づかされます。

 

 英国はこれまで幕府を一国を代表する政府として信頼し、何があっても苦情は幕府に言ってきました。英国が地方政府である藩と直接接触するという機会はこの本を読む限り、それまで一度もありませんでした。米国公使のハリスの本を読んでもそうです。

 

 つまり、国と国との外交なので、日本を代表して交渉する窓口は幕府であるといったスタンスをとってきたのです。ところがこれ以降、英国は幕府を飛び越えて、薩摩藩や長州藩といった地方政府と平気で直接交渉するようになり、彼らがやがて結集して倒幕勢力となっていきます。

 

 これはまさに、ここで英国が幕府を見限り、日本を代表する政府だとは見なさなくなったということを意味しています。

 

 別の言い方をすれば、オールコックから最後通牒を突きつけられて崖っぷちにあった幕府は、薩摩藩に最後の一押しをされて政権から転落した、ということにもなります。 

 

 こう考えれば、生麦事件は幕末史の分水嶺でした。ペリー来航から9年余、王政復古の大号令まで5年余。時間軸で見て後ろの方が近いということは、ここから急速に歴史が回転していくということです。

 

 これ以降、当時の超大国、英国の信任を失った幕府は衰退の一途をたどることになり、日本は新しい政府のあり方を模索しつつ明治維新へと向かっていくことになります。攘夷の極みから、維新への胎動が始まったのです。

 

「東禅寺事件」幕府に愛想尽かす英国

 幕末の英国公使、ラザフォード・オールコックの記した『大君の都-幕末日本滞在記』を読むシリーズ6回目。攘夷運動が高まり、外国人の殺害が続いていた幕末日本で、ついに英国公使館を直接襲撃するという東禅寺事件が起きます。ここでオールコックは抜本的な対策を打てずに、攘夷を放置し続ける幕府に愛想を尽かしてしまいます。

 

 

 桜田門外の変後、米国公使館の通訳だったヒュースケンの殺害など外国人に対する公道での攘夷テロが頻発するようになりましたが、ついに公使館を直接襲撃するという事件が起こります。英国公使館が襲われた東禅寺事件です(当時はここに公使館が置かれていました)。

 

 文久元年5月28日(西暦1861年7月5日)深夜、水戸の脱藩浪士14名らが英国公使館を襲撃。襲撃側、公使館員および護衛側の双方に多くの死傷者を出す惨事となりました。

 

f:id:miyatohru:20170919192410j:plain

 襲撃側に応戦して負傷した英国人ふたり。『イラストレイテド・ロンドンニュース』掲載画。

 

 事件当初、オールコックは寺の奥で寝ていましたが、異変を聞いてピストルを取りあげたところ、英国人ふたりが相次いで血まみれとなって倒れ込んできたため、彼らを奥へと誘導して、自分はピストルを持ってしばらく身構えていたといいます。

 

 この間、よほどの恐怖と不安があったのでしょう。オールコックは護衛の兵に対する不満をぶちまけています。

 

 まず護衛の者が、そして家をとり巻く一五〇名の連中(護衛)は、だれひとりとしてわれわれを助けにやってこようとはしなかったのだ。

 

 実際には護衛の兵たちは外で襲撃側と応戦していたのでしょうが、少なくともこの間、公使館員が放っておかれたことは確かなようです。(まあこれには、言葉の問題もあって、英国人と護衛する日本の兵の間で意思疎通ができていなかったことが大きかったのだろうと思います)

 

 とはいえ、敵の10倍もの兵がいるのに、ひとりもこっちに来なかったのは何事だという話なのてしょう。

 

 この事件の後、オールコックは次のように考えるようになります。

 

 大君の護衛が大勢いるのに、さまたげることもできなければ阻止することもできずに、このように武装した連中によって公使館が襲撃されて以後の、江戸駐在のイギリス公使の地位は、困難にみちたものであった。

 

  そとてこうも付け足しています。

 

 ひとつのことだけが、明らかであった。それは今後首都において身の安全をはかるには、日本政府を信用することはできないということだった。

 

  もう完全に幕府に愛想尽かしています。

 

 オールコックがここまでの考えに至った背景には、相次ぐ攘夷テロに対して抜本的な対策を打てない幕府に対するいらだちがあったように思います。

 

 たしかに今回の実行犯14名の多くが、幕府の捜索により、捕縛や切腹に追い込まれ、処罰はされました。

 

 しかし、攘夷が繰り返され、しかもうわさを含めて毎度毎度、水戸の脱藩浪人の関与が指摘されていた中にあって、その抜本的な解決策を考えれば、水戸藩の組織としての責任が問われるべき、とオールコックは考えていたふしがあります。

 

 実際、脱藩浪人とは見せかけで、裏では藩主を含む藩上層部の関与があるのではないかとオールコックは疑っていました。

 

 そう考えている人間から見れば、幕府から水戸藩に何らかの警告やペナルティが科せられるべきなのに、事件が起きてから実行犯(脱藩浪人)だけを処罰する対処療法的な幕府の対応への不満が募るのも当然で、それがここで爆発したのでしょう。

 

 このような経緯から、「今度こんな目に遭ったら、幕府に任せず、自分たちで直接、藩の責任を追求してやる」 と思い始めていたところに起きたのが、浪人ではない現役の薩摩藩士が英国人を殺害した生麦事件であり、薩英戦争でした。

 

 事ここに至るには、長い伏線があったのです。

 

「ヒュースケン殺害」外交団が激怒した某重大事件

 幕末の英国公使、ラザフォード・オールコックの記した『大君の都-幕末日本滞在記』を読むシリーズ5回目。桜田門外の変後、攘夷運動が高まり、米国公使館通訳のヘンリー・ヒュースケンが殺害。彼の葬儀の日、オールコックはじめ外国代表たちを激怒させた某重大事件が起こります。

 

 

 桜田門外の変後、各国公使館は幕府の派遣した護衛の兵であふれるようになりました。変後、オールコック自身、身に迫る危険を感じるようになります。

 

 外国公使館が、公使館そのものにたいする敵意からというよりも、むしろ現存する政府を諸外国とのあつれきにまきこむという考えにもとづいて、つぎの攻撃目標とされるかも知れぬと考えられていたことは明白だ。政府要人と外国代表とがひじょうに危険であるように思われた。

 

  当時、攘夷活動の中核にいたのは、なんと言っても水戸でした。その水戸では、変後半年とたたないうちに、先代藩主で攘夷のシンボル的な存在だった徳川斉昭が死去。

 

 実は晩年の斉昭は開国論に傾いていたと言われていますが、それを公にすることなく亡くなり、「攘夷の遺志」だけが独り歩き、暴走していくことになります。

 

 明けて1861年元旦(万延元年11月21日)には、オールコックは米国公使のタウンゼント・ハリスの伝令として訪れた通訳官のヒュースケンから次のような情報を得ます。

 

 水戸の老公(徳川斉昭)の離任した家臣とおぼしき数百名の多きにのぼる浪人たちが、横浜の外国人居留地に放火すると同時に、江戸の各国公使館を襲撃して館員を殺害するという目的で集結している

 

  さらにその数日後には、この情報を伝えた当のヒュースケン自身が暗殺。彼の葬儀のために米国公使館に参集した英仏蘭普各国の代表たちは、ハリスから次のように告げられます。(※普はプロシアの略)

 

f:id:miyatohru:20170919202002j:plain

 ヒュースケンの葬儀、『プロイセンの東アジア遠征:1860年から1862年の間』(1864年刊)より

 この絵を見る限り、護衛もいるような気がするが…

 

 日本政府より、もしあくまで遺体につきそって墓地(光淋寺)にゆこうとするならば、われわれじしんの生命も失われるおそれがある旨の警告をうけた。

 

 この警告に対し、誰もが躊躇することなく墓地までゆくことになったのですが、ここで幕府は極めて不誠実な対応をします。墓地までおよそ2キロの道中、護衛の兵士をひとりも出さなかったのです。オールコックいわく、

 

 墓地にいたる一マイル以上の道中は、襲撃をうけやすいがままに放置されていた。周辺には護衛の者はおらず、警戒と保護のための特別な措置も講じられていなかった。

 

 これではまるで「警告したのにそれでも行くというのなら勝手にどうぞ」といわんばかりの極めて不誠実な対応です。本来なら、「命の保証はしかねるものの、それでもというなら、こちらとしてはできる限りの護衛をつけましょう」というのが、この場合、誠意ある対応でしょう。

 

  人命が失われて神妙になっているところに、このような対応をされては、人間、激怒するのも当然です。(思うに、この時の幕府担当者は本当に「切腹もの」です)

 

 皆よほど怒り心頭だったのでしょう。葬儀の翌日には早速、米英仏蘭普5カ国の代表が英国公使館に集まり、対応を協議。

 

 われわれを犠牲に供するに脅迫と殺害をもってするという方法そのものに強硬に抗議する

 

とした上で、米国のハリスを除く4カ国代表が江戸を退去、外国軍艦のいる横浜に引き上げてしまいます。

 

 ハリスがあえて同調しなかったのは、そうしてはテロリストの思うつぼだと考えたからでしょう。

 

 一方のオールコック自身も、冒頭で引用しているように、テロリストの狙いがわかってはいながら、それでも猛抗議せざるをえないほど幕府の不誠実な対応に我慢ができなかったのでしょう。

 

 歴史教科書には載っていない事件ながら、このような不信感の積み重ねが、やがて英国が幕府を見限る一因になっていったように思います。

 

gootjapan.miyatohru.com

  

 

「桜田門外の変」の衝撃、動乱の時代の幕開け

 幕末の英国公使、ラザフォード・オールコックの記した『大君の都-幕末日本滞在記』を読むシリーズ4回目。桜田門外の変の詳細がわかるとともに、オールコックは急速に日本を覆い始めた社会不安を感るようになります。

 

 

 桜田門外の変の第一報を聞いたオールコックの驚きと事件直後の混乱ぶりについては、前回、触れたとおりです。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 それがやがて、井伊大老の暗殺が水戸藩の浪士らによって行われたこと、暗殺の場所が江戸城の真ん前だったことなどの詳細がわかるにつれ、オールコックは事の重大性を深く意識し始めます。彼自身の表現による桜田門外の変の概況は以下の通りです。

 

 白昼に、自分の家が見え、しかも大君の邸宅に近いという場所において、官職ではこの国で上から二番目の高官が、自分たちの主君が虐待されたことを復讐するために一種の騎士道精神と異常なまでの勇気をもって自分の身をささげた、王家(徳川家)の一員の家来である決死の人びとの小さな一隊によって殺された。

 

  しかも、です。暗殺が行われた当日の状況についても、オールコックは驚きをもって伝えています。

 

 大君の兄弟である紀州候(徳川茂承)のもっと大きい行列は、すでに橋をこえて、その向こうの門を通過しつつあった。一方、同じく兄弟のひとりである尾張候(徳川茂徳)の従者が、土手通から数歩のところにやってきていた。大老は、橋にいたる広い通りが集まってできている広場のところにいたから、二つの行列の中間にいたわけだ。

 

 権力の中枢である江戸城の真ん前で、しかも幕府を支える御三家の紀州と尾張の行列の中間で大老が暗殺され、犯人のほとんどがこれまた御三家の水戸の関係者であり、しかもたった数人の手によるとは、当時としてはこれ以上の衝撃的な事件はなかったでしょう。

 

 しかも、井伊大老と対立する勢力のリーダーであり、水戸藩で実権を握り続ける先代藩主、徳川斉昭の動静についても憶測が流れていました。

 

 その候じしん(徳川斉昭)は、ひきつづいて集めうるかぎりの家来とともに監視を抜け出し、かれの息子(徳川慶篤)に譲渡させられた自分の領地で反旗をひるがえし、要所にある城をうばいかえしたとのことであった。(中略)ひところは、これが内乱のはじまりであるのか、それともただたんに一方ないし双方の滅亡で終わるような二つの相対立する家の主人同士の党派争いの勃発にすぎないのかということがはっきりしなかった。

 

  実際には、この時の斉昭は安政の大獄に関連して幕府から水戸での永蟄居を命ぜられてはからずも水戸に戻っていたのですが、オールコックは安政の大獄の詳細あるいはリアルタイムでの情報を得ていなかったようで、斉昭が事件を主導した上に自らの意志で水戸に戻ったと解釈していたようです。

 

 さらに、水戸周辺の城をすでに落としたとまで言っていて、こうなるともう「水戸が倒幕の兵を挙げた」といった勢いです。

 

 現代のようなマスメディアがなかった当時のこと。幕府中枢の修復不可能とも言える深刻な対立が天下に明らかになるとともに、ここでオールコックが言っているような誤った見方や憶測までが、全国に広がっていったのでしょう。 

 

 ただ、細部では誤りもあったものの、オールコックの時代を読む目は確かでした。

 

  井伊掃部頭の殺害は、首都に暗い影-疑惑の影、それ以上の災難を予想させる不安の影-を投げかけた。市内の各地区は、二日間閉鎖された。その後もかなり長いあいだ、夜間は警戒がゆきとどいていた。

 

  現代の戒厳令のような状況に江戸が陥り、急速に社会不安が高まる中、オールコックはこの事件を契機に日本が新しい局面に入るのではないかとの悪い予感を抱きます。これが残念ながら的中していくことになります。

 

  幕末という時代がペリー来航から明治維新までのおよそ15年間であることにまず異論はないでしょうが、当時を生きた人々の回顧録を読んでいると、実際にはその中でもいくつかの局面があったことが伝わってきます。

 

 開国の是非が単なる議論だった時代(局面)はここで終わり、桜田門外の変以降はテロまがいの攘夷活動から軍事衝突へと、動乱の時代が始まることになります。

 


加古隆クァルテット『パリは燃えているか [Takashi Kako Quartet / Is Paris Burning]』

YouTube『TakashiKakoOfficial』より、NHK『映像の世紀』主題歌 。このページにぴったりの曲です。この曲をかけながら、オールコックの回想をお読みいただければ、きっとグッとくるでしょう。

「桜田門外の変」その時、英国公使館は?

 幕末の英国公使、ラザフォード・オールコックの記した『大君の都-幕末日本滞在記』を読むシリーズ3回目。今回はオールコックが実際に体験した桜田門外の変直後の混乱ぶりと、英国公使館の初動対応について見ていきましょう。

 

 

 オールコックは安政7年(1860年)3月、横浜の外国人居留地に数日間出張後、江戸に戻ってきます。東禅寺にあった公使館に着いたところ、待っていたのが大老である井伊直弼の暗殺、すなわち桜田門外の変の第一報でした。

 

 この時の感想をオールコックはこう記しています。

 

 とても信じがたい驚くべき性質のもので、知らされた内容を信じることをためらった。

 

 当初は情報が錯綜していたようで、

 

 ある人は、かれはその場で殺されて首をもち去られたといい、他の人は、とくに政府側の通報者はみな、かれは負傷しただけで生存しているといった。

 

と、井伊大老の生死すら確認できない混乱した状況だったことが伝わってきます。

 

 こうした中、オールコックは、公使館から外科医を派遣する旨を幕府に伝えます。これには、生死を含めて井伊大老の病状を探るといった意味が含まれていたのでしょう。しかし、幕府は

 

 閣老たちは何日間もていねいな返信をよこしつづけ、援助を辞退するともに容体書をそえて、「かれは前よりも悪くない」というふうに、十分に容体を知らせてきた。その真相は、当該事件にかんする忠実な保証人の言をもってしても、たしかではなかった。

 

 と、あいまいな回答に終始。

 

 そのため、英国公使館では独自に情報収集に努めたようで、事件の詳細が本書には記されています。ただ、それには時間を要しました。ようやく事の真相をつかんだのは、

 

  フランスのカフェに相当する日本の建て物である浴場の公けの世間話になるようになってからだ。

 

 と、オールコック自身、皮肉ともユーモアともとれるような比喩を交えつつ、明らかにしています。

 

 はっきりしない幕府の対応はこの事件以降も続き、英国側の不信が募っていくことになります。オールコックだけではなく、後に来日する同じ英外交官のアーネスト・サトウの回顧録を読んでも、似たような話が出てきます。

 

 歴史教科書にはこの種の話は出てきませんが、こうした細かい不信感の積み重ねが、ひいては英国が幕府を見限る一因になっていったような気がします。歴史を作っているのは、あくまで人間であり、感情の部分を否定することはできません。