読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

著書紹介『大学生のための動画制作入門』ができるまで

 今回は歴史を離れ、私の著書『大学生のための動画制作入門』のご紹介をさせていただきます。

 

 

 「この内容はおまえの制作ラインと違うじゃないか」と思われる方も多いと思いますが、実は私、NPO活動をする中で、映像産業の方に接する機会が多く、本書はそうしたおつきあいの中から生まれたものです。

 

 今や映像制作は特定のプロだけが手がけるものではなく、一般の方でも撮影、編集して作品を作る時代となりました。 

 

 しかし、その制作ノウハウはベールに包まれたままで、とくに自分が言いたいことを映像で表現する技術は全くと言っていいほど、わからないのではないでしょうか。

 

 自分自身、かつてNPO活動の一環として映像制作をやってみて、そのことを実感しました。私は雑誌社の出身ですから、企画を立て、取材をし、記事にまとめるという作業を通常やってきたにもかかわらず、です。

 

 これは単に撮影や編集面での小手先のテクニックというレベルではない、何か映像制作ならではの本質的なノウハウがあるはずだと思い、それを明らかにするための一般向けテキスト制作をやらなければと思ったのが、事の始まりでした。

 

 それで、NHKの方に相談したら、「学生対象に映像制作サークルを主宰している(当時)」というTBSの黒岩亜純氏を紹介されて、意気投合。時間はかかりましたが、今回、このような本ができあがりました。

 

  今回、最終的に本にする局面では、慶應義塾大学法学部の大石裕教授のゼミ生有志の皆さんにお手伝いしてもらいました。

 

 「一を聞いて十を知る」と言っては大げさながら、三ぐらいは確実にわかってもらえる優秀な学生さんたちに、模擬演習をこなしてもらったり、写真のモデルをしてもらったり、テキスト全体を読んでわかりにくい箇所を指摘してもらったりして、内容を充実させることができました。

 

 中には、学生ならではのユニークな質問もあって、こちらがどう説明しようかと頭を悩ませたこともありました。

 

 その都度、ロシアにいる黒岩氏(作業当時、TBSモスクワ支局長)から国際電話が入り、江戸時代にどっぷり浸かっていた私の頭が現代に引き戻されて、「これ、どうやって説明したらいいんだろうね」とふたりでうんうん唸っていたことが、思い出されます。 

 

 ただ、ふたりともそれで内容面のレベルを下げるといったことは全く考えずに、いかにしてやさしい表現にしてわかってもらうかだけを考えて検討しました。

 

 とくに、執筆を担当した私は、「内容はプロレベル、文章表現は中学生レベル」を念頭に置いていました。

 

 発行が慶應義塾大学(出版会)なので、「非常に難解な本なのでは」と懸念される方も多いかと思いますが、「内容はプロレベル、文章表現は中学生レベル」ですので、ぜひ気軽に手に取って読んでみてください。

 

f:id:miyatohru:20170422202200j:plain

「内容はプロレベル、文章表現は中学生レベル」ですので、お茶でも飲みながら気軽に読んでみてください。(photo by PAKUTASO,モデル:河村友歌)

 

 

日本の経済大国化を予見していたペリー艦隊 『ペリー提督日本遠征記』の世界③

 日米和親条約が調印されると、ペリー艦隊は開港の承認を得た箱館へ向かい、現地の測量と箱館を管理する松前藩側と開港に向けた具体的な交渉を始めています。

 

 

 箱館滞在中のペリー艦隊はと言えば、

 

 士官たちは毎日上陸し、自由に街を歩き、店舗や寺院をしばしば訪ね、妨害されることなく付近の田舎を散策するようになった。(中略)かなり自由に陸上を行き来することで、アメリカ人はまもなく箱館とその住民について相当の知識を得るようになった。

 

 横浜や下田では幕府の監視が厳しく、なかなか街を自由に散策するところまではいかずにもどかしかったようですが、箱館では監視も緩やかでした。

 

 このため、本書(下巻)には箱館の街や当時の人々の暮らしぶりについて、かなり詳しい記述が見られます。

 

 その中に、興味深い記述があるのでご紹介しましょう。「これは箱館の住民に限られたものではなく、日本人一般にあてはまる」と前置きした上で、こう述べています。

 

 実際的および機械的技術において、日本人は非常に器用であることがわかる。道具が粗末で、機械の知識も不完全であることを考えれば、彼らの完璧な手工技術は驚くべきものである。日本の職人の熟達の技は世界のどこの職人にも劣らず、人々の発明能力をもっと自由にのばせば、最も成功している工業国民にもいつまでも後れをとることはないだろう。人々を他国民との交流から孤立させている政府の排外政策が緩和すれば、他の国民の物質的進歩の成果を学ぼうとする好奇心、それを自らの用途に適用する心がまえによって、日本人はまもなく最も恵まれた国々の水準に達するだろう。

 

  米側が日本人の知的好奇心とともに、職人たちの技能を非常に高く評価していたことがわかります。産業革命によってもたらされた最新の機械技術こそ、当時の日本にはなかったものの、基礎的な生産技術とも言える職人の技能の部分、つまり下地は十分にあると認めているのです。

 

 以前、ご紹介した『日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料』の中にも、

 

 日本は極東のイギリスになる可能性が高い

 

といった記述も見られます。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 維新後の日本の急成長を、そこだけを切り取って「奇跡」と表現する向きもありますが、私はそうは思いません。日本人のもともとの国民性や江戸時代からのこうした積み重ね(連続性)があってのことで、ペリー艦隊の予見したとおり、むしろ日本の経済大国化は当然の結果だったとみています。 

 

f:id:miyatohru:20170417194641j:plain

羽田空港から見た工場地帯。かつてペリー艦隊が予見したとおりに日本は経済大国になった(photo by PAKUTASO)

 

箱館開港で遠征の成功を確信したペリー 『ペリー提督日本遠征記』の世界②

 今回はペリー来航の第2回目、日米和親条約を巡る具体的な交渉の経緯を見ていきましょう。

 

 

 ペリーは再び日本に向かうにあたって、次のような交渉の目標を明確に持っていました。

 

 アメリカ船舶のために少なくともひとつないしそれ以上の日本の港を開かせる

 

 つまり、交渉の成否について、

 

 ゼロ回答=失敗

 単独港開港=最低限の成果

 複数港開港=大成功

 

といったラインを引いていたようです。

 

 ただし、日本側がゼロ回答を提示した場合は、琉球を武力で制圧して、那覇港を無理矢理でも確保するつもりであったことも、本書には記されています。最低限の成果は武力で獲得するつもりだったということです。

 

  さて、1854年(安政元年)3月、横浜に上陸したペリーは日本側と具体的な交渉に入ります。

 

 ここではまず、日本側から長崎を開港する(オランダ、中国と同等の権利を認める)旨が伝えられますが、ペリーはこれを即座に拒否して、こう伝えます。

 

 提督は(日本側、※筆者注)委員たちに、いずれアメリカの船舶のために五つの港が開かれることを期待すると通告した。しかし当分は三港、すなわち一港は日本島内の浦賀か鹿児島、もう一港は蝦夷の松前、三つ目は琉球の那覇港で満足するつもりであると述べた。

 

  5つというのは、後に本当に5港開港が実現しますが、この時点ではペリー流のふっかけだったと思います。琉球の那覇というのも幕府にいきなり要求するのは無理な話として、問題は残りの3港です。

 

 江戸の玄関口にあたる浦賀をあげたのは当然として、松前と鹿児島というのは、地理的、商業的の両面から考えても、いいところを突いてきたなあという印象です。

 

 鹿児島がそのものずばり鹿児島港を指すのか、江戸時代まで栄えた坊津港(現鹿児島県南さつま市)を指すのかは不明ですが、いずれにせよ琉球貿易の拠点となる港であり、日本の南側を抜けて中国へと向かう南回りルートを想定すれば、欲しい港だったはずです。

 

 北の松前も非常に重要な港で、江戸時代に物流の中心だった海上交通上の北の拠点として栄えたところです。また、津軽海峡を抜ける北回りルートを考えれば、ここも確保したかった港だったでしょう。

 

 実際の交渉は、幕府側が浦賀に代えて下田港開港をすぐに承認した一方で、その他の回答は一旦、留保しました。それぞれ、薩摩藩、松前藩と協議の必要があったためです。

 

 しかし、一週間後、ペリーに朗報がもたらされます。幕府が松前に代えて箱館を開港する旨の回答を持ってきたのです。

 

 箱館を承認させたことは、遠征隊の大目的が成功に終わるという良好な見通しを物語るものだった。いまや提督は楽観的な期待をもって、自分の労苦が満足すべき条約の締結となって近いうちに実を結ぶだろうと、予測した。

 

 外交に限らず、あらゆる交渉ごとでは相手との条件の出し合いをする中で、これが出てくれば成功だと確信する場面があるように思います。

 

 日米和親条約を巡る交渉の場合、この箱館開港というカードを幕府が切ってきたことで、複数港開港という目標にめどをつけた米側は態度を軟化、妥結に向かいます。

 

 結局、ペリーは当初、三港開港を掲げながら、ふたつ認めさせたところで手打ちとし、日本側にもある程度の面目を保たせた形で、日米和親条約が結ばれました。ペリー流の交渉術が功を奏したと言えるでしょう。

 

f:id:miyatohru:20170414194412j:plain

ペリーは当初、松前開港を要求。幕府が松前に代えて箱館開港を承認したことで、日米和親条約は一気に妥結に向かった(photo by PAKUTASO)

 

産業革命の力を見せつけたペリー艦隊 『ペリー提督日本遠征記』の世界①

 『ペリー提督日本遠征記』は、黒船来航で有名な米ペリー艦隊の2度に渡る日本への遠征について記された米側の記録です。

 

 2014年に発行された角川ソフィア文庫版では、上巻として久里浜に上陸して大統領の国書を幕府に手渡した第1回遠征について、下巻として横浜に上陸して日米和親条約を結んだ第2回遠征について、主に書かれています。

 

 

  筆者はペリー個人になっていますが、実際には、ペリー自身の日誌のほか、艦隊幹部たちからの記録の提出などをもとに歴史家のE.L.ホークスが編纂、最終的にペリーが監修する形でまとめられ、米議会に提出されました。

 

 まさに、遠征の公式記録と言えるもので、日本史を知る上での1級史料と言っていいでしょう。

 

 さて、私は以前、『日本1852』をご紹介する中で、米国がペリーを派遣した真の狙いが蒸気船による太平洋航路の開拓にあり、それは産業革命によってもたらされた、とご説明しました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 そうした視点でこの本を注意深く読んでいくと、ペリー自身(そして艦隊幹部たちも)、そういった認識を強く持っていたことがよくわかります。第1章の冒頭部分には、艦隊遠征の狙いについて、次のような記述が見られます。

 

 (カリフォルニアをメキシコから獲得したことで、※筆者注)わが国の西海岸とアジアとの直接の交易は当たり前のこととして考えられるようになった。むろん、そこには蒸気の力が念頭にあり、それを得るための燃料が不可欠だった。そこで、文明を代表する偉大な鉱物、石炭の供給が問題になった。カリフォルニアからアジアまで長い行程で、それをどこで調達するか。さらに当然持ちあがった問題は、われわれは遠く離れた東洋のどの国と通商すべきかということだった。中国は、ある程度は開放されている。しかし、もうひとつ、われわれの好奇心を刺激し、商業的興味をそそる、日本という未開国があった。

 

  ここでは、「むろん、そこには蒸気の力が念頭にあり」や「文明を代表する偉大な鉱物、石炭」といった言い回しが注意を引きます。これらはいずれも産業革命を意識した書きぶりと言えます。

 

 さらに本書(上巻)では、浦賀沖に到着してから、国書を手渡すまでの幕府側との駆け引きについて詳しく書かれています。 

 

 基本的には、海上交通上の関所で江戸首都圏の最終防衛ラインだった浦賀をはさんで、測量という名目で江戸へ江戸へと入っていこうとした(実際に品川沖まで入っていった)ペリー艦隊と、できるだけ江戸から遠ざけようとした幕府側のじりじりとした神経戦のような交渉が続きます。

 

 この間の細かな経緯については、ぜひ本書を読んでいただきたいのですが、最終的には、江戸から見て浦賀の少し先にある久里浜の地で妥協(この交渉では場所の選定もかなり意識された)。ここにペリーは上陸し、国書を手渡すことに成功します。

 

 この第1回遠征を総括して、本書はこう締めくくっています。

 

 太平洋岸の新たな合衆国領土と、強力な蒸気力の発達によって、日本帝国の地理的位置がどんなにアメリカと近くなったかを、日本人は気づかされたのである。この蒸気力の効果的な働きは、アメリカ海軍の蒸気艦が首都のほぼ射程内に出現したことで、日本国民にはっきりと示された。

 

 蒸気力とは、すなわち産業革命によってもたらされた力です。つまり、米国は産業革命によってもたらされた力を意識しながら、それを誇示する形で日本を開国させていったのです。

 

f:id:miyatohru:20170414184711j:plain

現在の久里浜港とペリー上陸記念碑。写真右側から黒船が入港、左奥にある砂浜から上陸した

「黒船来航」の本質をさらに深読みしてみる 『日本1852』の世界③

 前回は黒船来航についての米国側の戦略について、考えてみましたが、今回は日本側から見た黒船来航の意味とは何だったのか、その本質を深読みしてみましょう。

 

 『日本1852』では、米国うんぬんとは関係なく、地理、歴史、宗教、政体、植物、国民性など日本を様々な角度から紹介しています。

 

 

 それぞれ読んでいただければ、おもしろいのですが、ここでは、とくに鉱物資源に関する記述について見ていくことにします。

 

 一七世紀のスペイン人メンドーサ(1578-1651)は日本の鉱物資源について次のように述べている。

「この島々には驚くほど金銀が豊富である。その信憑性が疑われるほどである。皇帝の住む江戸。ここには多くの領主も住んでいるのだが、まさに金で溢れている」

 描写がより慎重でかつ正確なケンペルもこう述べる。

「この国の鉱物資源はどの国よりも豊かである。多くの鉱物資源の中でもとりわけ豊富なのが、金、銀そして銅である」

 

 まさに黄金の国、ジパング伝説のような記述です。ただ、現代に生きる我々から見れば、昔は良かったなあ、という話です。

 

 また一方で、次のような記述も見られます。

 

 石炭は蒸気船にはなくてはならないものである。石炭こそが世界を一つに繋ぐエネルギーであり、アメリカはこの資源に強い関心を示している。現在計画されている日本遠征(ペリー提督の派遣、※筆者注)も、日本での石炭購入の許可を日本の皇帝から得ることだとはっきり言っている。

 

  米国が、金銀もさることながら、石炭に異常な関心を示していることがわかります。理由は明示されているとおり、蒸気船になくてはならないものだからでしょう。

 

 蒸気船、言い換えると、蒸気機関を動力源とした船ですが、これは産業革命の賜物とも言えるべきものです。

 

 英国に始まった産業革命は、アカデミックの世界ではいつ、どこが起源かなど細かな議論があるようですが、個人的には、蒸気機関の発明による動力機関の革命的刷新こそが、肝だと思っています。

 

 ジェームズ・ワットによって18世紀に蒸気機関が発明されて後、19世紀になって、蒸気機関は順次、各方面で実用化されていきます。とくに世界史的には船の動力として採用されたことが大きいでしょう(=蒸気船の登場)。これが19世紀の前半に起きます。

 

 米国の太平洋航路開設構想も、その前提として、蒸気船が開発されたことがあります。たとえ米国が太平洋岸に進出してきたとしても、帆船の時代ではビジネスベースで考えられる話ではありませんでした。

 

  と、考えていけば、ペリーの来航とは、いよいよ日本に世界的な産業革命の波が到達したことを意味していると言えます。これこそがペリー来航の本質中の本質だと思います。

  

f:id:miyatohru:20170409170036j:plain

産業革命に伴う蒸気機関の船への採用で、世界の海がひとつになった(photo by PAKUTASO)