読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

鎌倉極楽寺、750年前の「海街diary」(上) 『武士の家訓』の世界①

 関東にお住まいの方なら、鎌倉の中心から少し離れた場所にある極楽寺界隈がどのような土地柄かイメージできる方が多いと思います。

 

 映画やテレビドラマのロケ地としてもよく使われるほど独特の雰囲気を醸し出している場所です。都会の片隅にあるおだやかな日だまりのような場所、と言えるでしょう。

 

 近年では、2015年に公開された『海街diary』(是枝裕和監督、吉田秋生原作)が有名ですね。家族のつながりをテーマとした物語ですが、その舞台としてピッタリの雰囲気を持ったところです。(以下、YouTube上にアップされている公式の予告編をリンクしていますので、ご覧ください)

 

  

 

 この土地の中心にあるのが、まさに地名の由来となった極楽寺。鎌倉時代中期、北条重時(しげとき)によって建立されたお寺です。重時は晩年を実際にこの寺で過ごし、極楽寺殿とまで称された「ミスター極楽寺」と言える人物です。

 

 しかし、肝心の重時自身については、鎌倉幕府の執権を代々務めた北条一族の一員なんだろうぐらいの推測は誰でもできると思いますが、具体的にどのような人物であったかはほとんど知られていません。

 

  ただ、この人物を調べていくと、極楽寺界隈が醸し出す土地柄のいわれのようなもの、極楽寺が極楽寺らしいゆえんが見えてきます。今回はそれをたどっていきたいと思います。

 

 実は重時が歴史上に名を残した最たるものは、公職にあった者としてではなく、私人として家族にあてた文書、家訓でした。

 

 重時が遺した『極楽寺殿御消息』は国内に現存する家訓書の中では、武家最古と言われています。

 

 私は我が家のファミリーヒストリーを調べていた時に、古今東西の家訓類を集中的に調べてみましたが、重時の御消息はとくに秀逸で、「武家最古にして、最高の家訓」とこれを高く評価しています。

 

 「このような文章を書けるとは、いったいどれほどの人物だったのか」というのが、北条重時に興味を持ったきっかけです。

 

 御消息の全文を現代語訳したものは、『武士の家訓』に掲載されています。ぜひこちらをお読みいただければと思います。

 

 

  この御消息は100箇条から成り立っており、本当に全文を読んでいただきたいのですが、ここでは1箇条だけあげておきます。

 

 人は、舟に舵があるように、正直の心をもって危い世の中を渡っていくのである (中略) 正直は心の舵ともいうべきもので、かけがえのない尊い宝である。このことは、よくよく心得ていてほしい。正直の心は無欲の心ともいえるであろう。

 

と、鎌倉時代に書かれたものながら、現代にも通じる教えとなっています。

 

 さらに、その最後には重時が子や孫たちにあてた添え書きがあります。

 

 この教えを忘れず、子々孫々に遺し伝えなさるがよろしい。後世の者で、百人の中で一人でも、この教えを用いる人があって、さては、昔の人がお伝え下されたかと、お思いなされる折りがあれば、しあわせというものだ。

 

  これが750年前の極楽寺で(当時も今と同様、都会=鎌倉の片隅にあるおだやかな日だまりのような場所であったと思われます)、家族の行く末に思いをはせつつ書かれた文章です。

 

 重時が極楽寺でこのような文章を書くに至るまでにはどのような人生があったのでしょうか。次回は、重時の人生について、見ていくことにします。 

「鎖国」どころか意外に国際化していた江戸ニッポン 『こんなに変わった歴史教科書』の世界③

 「士農工商」とともに「鎖国」の2文字も平成の歴史教科書からは消えました。昭和の時代に教育を受けた者からすれば、本当に江戸時代は激変してしまいました。

 

 「鎖国」とは、キリスト教の布教や人の出入国の禁止、貿易についても長崎においてオランダと中国との間でのみ許されていたなど、江戸幕府による諸外国間との閉鎖的政策全般のことを指します。

 

 この言葉についても、『こんなに変わった歴史教科書』の中で触れられています。

 

 

  江戸時代の日本は、長崎のほかにも、対馬、薩摩、松前の各藩を海外交渉の窓口としていた。これらの窓口を「4つの口」と呼び、対馬は朝鮮と、薩摩は琉球と、松前はアイヌ民族との外交を、幕府に奉仕する「役」として負担するかわりに、独占的な交易の権利を得ていたことが、近年の研究で指摘されている。

 

 私も自らのファミリーヒストリーを調べていく中で、「鎖国」というのは少し言い過ぎではないか、と思っていました。私の先祖の中には、東北の人間ですが、長崎を経由して中国との貿易を行い、多くの富を得た人間もいたからです。

 

 調べれば、他の地域でも、海外貿易で巨万の富を得た商人の例が見られるので、「鎖国」と言うほどの「鎖国」ではなかったような気がしたのです。

 

 もちろん、「鎖国」と説明されていた当時から、長崎経由で中国やオランダとは貿易ができたことは補足説明としては受けていたので、それで正しいじゃないかと言えばその通りなのですが、「鎖国」という言葉があまりにも強いので、なんでもかんでも海外とのつながりがシャットアウトされていたような誤解が生じる危険があるように思います。

 

 たとえば、情報です。「鎖国」であれば当然、海外の情報は幕府が完全にシャットアウトしていたようなイメージがありますが、これが案外、違っていました。

 

 黒船来航のペリー艦隊による公式報告書と言える『ペリー提督日本遠征記』(宮崎壽子監訳、角川ソフィア文庫、2014年)には次のような記述があります。

 

 アメリカ人が交流の機会を得た日本の上流階級の人々は、自国の事情に精通しているばかりでなく、諸外国の地理、物質的進歩、近代の歴史についてもいくらか知っていた。日本人はよく質問したが、この国の孤立した状態を考えると、彼らの情報はじつに驚くべきものであった。

 

 このため米国側が、なぜそのように海外の事情を詳しいのか、聞いたところ、

  長崎のオランダ人を通じてヨーロッパから文学、科学、芸術、政治についての定期刊行物を毎年受け取っており、その一部は翻訳されて刊行され、帝国中に頒布される

 

といった答えが返ってきたそうです。

 

 オランダ人からの定期刊行物とはいわゆる「風説書」のことかと思いますが、幕閣の中枢にいる人物だけの機密事項扱いだったかと言えば、必ずしもそうではなく、印刷されてかなり多くの人の目に触れていたということになります。

 

  実際、ワシントンやナポレオンについても当時の日本人(もちろん知識階級に限った話でしょうが)は知っていたと言われます。

 

 こうした話もあるので、江戸時代の幕府外交が閉鎖的なスタンスをとっていたとはいえ、「鎖国」というほどでもなかったと考えた方が間違いがないように思います。

  

消えた「士農工商」 『こんなに変わった歴史教科書』の世界②

 私がファミリーヒストリーを調べていて、とくに教科書と現実とのギャップを感じたのが、江戸時代の「士農工商」についてでした。

 

 「士農工商」とは昭和の歴史教科書では非常にポピュラーな用語で、武士階級をトップとして農、工、商の順に上下関係を表す、江戸時代の厳格な身分制度のことを指します(厳密に言えば、「指していました」)。

 

 この言葉には上下関係とともに、職業の移動の禁止あるいは制限といったニュアンスも含まれていました。つまり、武家に生まれれば武士に、商家に生まれれば商人にしかなれなかったということです。

 

 

  少なくとも昭和の時代に「士農工商」と言えば、「名字帯刀」とともに江戸時代の社会を言い表す代表的な言葉でした。今の中年以上の方が「江戸時代と言えば?」と問われれば、かなりの方が「士農工商」と答えるはずです。

 

 それほど有名だった言葉が、平成の歴史教科書からはストンと落ちて(消えて)しまいました。これについて『こんなに変わった歴史教科書』では、その理由を次のように解説しています。

 

「士農工商」が上下関係を表すようになったのは、江戸時代後期、儒学者のイデオロギー的な言説から派生したもので、本来の語意から大きく乖離している。むろんこの見解は当時大勢を占めてはいなかったが、明治期以降、「士農工商」は上下関係を表すものという解釈が確定すると、教科書を通じて一般に普及していった。このように「士農工商」の概念は、近代につくられたものだったのである。

 

  私自身、江戸時代の先祖や親交のあった近い家について調べたところ、公権力を握っていた武士階級が大きな顔をしていたことは確かなようですが、そんなに厳格な制度でもなかったのではないかというのが実感でした。武士から商人へ、あるいはその逆へという事例が、結構、見られたのです。

 

 一例をあげれば、明治時代に『武士道』を英文で著し、5000円札の肖像にもかつてなった新渡戸稲造の祖父に当たる新渡戸伝(つとう)がいます。

 

 伝はもともと盛岡藩の地方代官所に所属する御給人(全国的には郷士のような身分)の家に生まれましたが、父親が罪に問われて家禄没収となりました。

 

 生きていくためには稼がねばなりません。そこで伝は、名を安野屋素六に改めて材木商となり、商人として成功します。

 

 すると今度は、伝の商才を見た藩が勘定奉行として呼び戻します。当時の藩は財政難で、収入をいかに増やすかに腐心していたのですが(現代で言えば、県庁が産業振興に力を入れるようなものです)、もともとの武士階級の中から商才ある人物を探すのは困難で、伝の他にも有能な商人を登用していたのです。

 

 こうした事実を知ると、職業の移動は今ほど自由ではなかったものの、決してなかったわけではないということがわかります。

 

 最後に、これに関して、幕末に日米修好通商条約交渉に当たった米駐日総領事のタウンゼント・ハリスの日記(『ハリス日本滞在記』=坂田精一訳、岩波文庫刊、1953年)に残る興味深い記述をご紹介しましょう。

 

  一般原則としては、日本人は父親の職業にしたがうことを強制されていないので、自分の好む職業に就いてもよいのだが、しかし概して父業をついでいる。

 

 私にはこれが案外、的確な認識であるように思います。 

 

日米和親条約と歴史教科書 『こんなに変わった歴史教科書』の世界①

 私がこのブログを始めたきっかけに、自分で我が家のファミリーヒストリーをずっとさかのぼって調べていった結果として、教科書と現実とのギャップがあちこちで見られたことがあります。

 

 ファミリーヒストリーの調査は、いわば地べた(ミクロレベル)から先入観なく歴史の世界に入っていくようなものです。教科書(マクロレベル)から入っていったわけではないので、他の研究者の方とは全く別のルートから歴史に入っていったと言えます。

 

 そうしたアプローチの仕方で歴史に入っていくと、「これは違うな」と思えることが多くて、自分の目で確かめて(原典にあたり)、あらためて自分の頭で考えていくことが重要だと思ったわけです。

 

 そんな折、「教科書で習った歴史が実は違うんじゃないか」といった懐疑心を持ったところで出会ったのが、『こんなに変わった歴史教科書』です。

 

 

  本書は東京大学史料編纂所教授の山本博文氏を中心とした歴史学者の方々が、昭和47年(1972年)に発行された中学校用の日本史教科書と、平成18年(2006年)のものを比較して、具体的にどこの記述がどう変わったかを、学界での研究の歩みとともに、わかりやすく解説しています。

 

 これを読むと「歴史」が実はどんどん塗り変わっていっているということがよくわかります。私自身がまずそうでしたが、とくに昭和の時代に教育を受けた方はそう思えるはずです。

 

 具体的にまず、幕末の日米和親条約を巡る教科書の記述の変遷を見ていきましょう。

 

 ペリー来航について、昭和の教科書では、その目的については一切触れられていませんでした。

 

 それが平成版になると、具体的に、①中国貿易における中継地の開拓、②捕鯨船の保護、のふたつの目的が明記されるようになりました。

 

 その理由について、本書の解説によると、昭和版はペリーが持参したフィルモア大統領の国書に基づいた説明がされていたものの

 

研究の進展につれて、アメリカの目的を国書の文面通りのものとする考え方が否定されるようになった。

 

ことがあるようです。

 

 これには私も同感ですが、さらに言えば、ふたつの目的がイコールで併記されるのではなく、主は「中国貿易における中継地の開拓」で、従的に「捕鯨船の保護」があったと見ています。このあたりは、以前のブログ記事をご覧ください。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 問題は「捕鯨船の保護」の扱いなのですが、これについて本書では、

 

捕鯨船保護のためというよりも、外国にある自国民の生命・財産を保護する外交法権を日本で発動する狙いがあった、という意見もある。

 

と最後に一言、異説を紹介しています。

 

 私の考え方は、この部分に近いです。実際、『ペリー提督日本遠征記』を読むと、「捕鯨船の保護」が「自国民の生命・財産の保護」的なニュアンスで記されています。

 

 「捕鯨船の保護」の本質が「自国民の生命・財産の保護」ということであれば、これはいつの時代も変わらない当然の要求であって、ことさら「この時」という話でもなかったのではないか、といった考え方です。 

 

 

 

 

すぐに始まった日米通貨摩擦 『ペリー提督日本遠征記』の世界⑤

 日米和親条約が結ばれると、すぐに通貨問題が出てきたことが、『ペリー提督日本遠征記』を読むとわかります。

 

 

 日米の為替レートが正式に定まるのは、日米和親条約から4年後、日米修好通商条約の際になりますが、今回はその前哨戦となる日米通貨摩擦の始まりに関する秘話をご紹介しましょう。

 

 下田滞在中のペリーは、幕府の厳重過ぎる警戒ぶりにいらだっていました。

 

 提督自身、ある日士官数人を伴って街を歩いているとき、たえず二人の日本役人が先行していることに気づいた。役人は出会う住民をかたっぱしから家に追い戻して戸を閉めさせた。商人が外国人に品物を売ることが禁じられているのは明らかで、どんな些細な品物を買おうとしても、まったく手に入れることができなかった。

 

 ペリーはこれを日本側の「いやがらせ」と感じていたようで、堪忍袋の緒が切れる形で猛抗議をします。

 

 (この猛抗議の後、※筆者注)アメリカ人たちが商店を頻繁に訪れ、購入品を選ぶようになると、臨時の通貨を定める必要性がでてきた。日本の貨幣は厳重な法律により流通を統制されていて、外国人との取り引きには使用できなかったので、下田の商人は合衆国の貨幣を受け取ることになった。合衆国貨幣の価値は日本人になじみ深い中国の銅銭と比較して評価され、中国銅銭1600個を1ドル銀貨と等価とした。日本人はただちにこれに同意し、まもなく他の通商国民と同じように熱心にアメリカ貨幣を集めだした。

 

 これが記録に残る日米為替レートの始まりということになります。人の往来が始まれば、わずかでもお金の交換が始まるのは当然で、政府間の正式な交渉など待ってはいられなかったということでしょう。

 

  追ってこの後、嘉永7年(1854年)6月に日米和親条約に関わる付加条項(下田条約)が決められましたが、さらにそれに付随する決定事項として「当面の為替相場」が決められます。

 

 ただこれは、双方納得してというレベルのものではなく、あくまで暫定で、正式な合意は日米修好通商条約でのハリスとの交渉時まで持ち越されます。

 

 双方、専門の委員を立てて、かなり突っ込んだ議論をしたにもかかわらず、交渉があくまで暫定で終わったのは、幕府側がドルについてあくまで地金の価値として交換するよう求めたのに対し、米側は幕府が鋳造する貨幣(大判、小判)の純度を疑っていたことがありました。

 

 為替レートの決定は、国益の最たるものと言えます。今も昔も非常に重要な問題だったことがわかります。

 

f:id:miyatohru:20170428201856j:plain

実際にペリーが歩いたとされる下田の「ペリーロード」。この地で最初の日米為替レートが決まる(pohto by PAKUTASO)