グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

「岩倉使節団」ロンドンで欧米追う光明見出す

 ロンドンで日本との40年の時差を知った岩倉使節団。この差を今後どう埋めていけばいいのか。『特命全権大使米欧回覧日記』は考察していきます。その答えもやはりロンドンにありました。

 

 

 産業革命が起こり、それによって世界の覇権を握ることになったイギリスですが、それがすべてではないとも実記は分析しています。

 

一八三〇年代に汽船や鉄道の利用がはじまったことが、欧州の貿易を一変させる機運を生んだ。まず英国人がこのことに留意し、英国政府が人々の強い要望に応えて、工業技術を盛んにするための教育を興そうという議論をはじめたのは、いまからわずか三四年前である。

 

  結果として、この「工業技術を盛んにするための教育を興そうという議論」が実を結んだと実記はみます。具体的には、1851年にロンドンで開催された万国博覧会です。

 

f:id:miyatohru:20180413195000j:plain

1851年にロンドンで開催された万国博覧会。中央の施設は水晶宮(クリスタル・パレス)と呼ばれた

 

 この博覧会は、ヴィクトリア女王の夫、アルバート公が主導して開催された、世界最初の国際博覧会とされています。現在でも博覧会は各地で開催されていますが、内容を見ると、当時は工業振興の側面が強く、産業見本市のようでした。

 

この時欧州各国から出展した工業製品の中で、一人フランス製品のみが輝くような圧倒的声価を受けた。英国のものは機械生産による雑ぱくな製品が多く、デザインやアイディアの点では、小国と侮っていたベルギーやスイスのものの方がむしろ優秀で、英国製品は顔色がなかった。 

 

 英国人はこの博覧会を見て自国の製品の欠点がどこにあるかをはじめて知り、いろいろ研究して、フランス製品を模倣する悪弊をやめて、自国独自のデザインのありようを研鑽した結果、一八五五年、フランスで開催された第二回万国博覧会においては、おおいに面目が改まり、以来フランスからの工業製品輸入量も減少するようになった。

 

 産業革命が起きたからといって、最初からイギリス産品に競争力があったわけではなく、むしろその後、各国産品の特徴を知り、切磋琢磨したことによる部分が大きいというわけです。

 

 これは産業革命に追って起きた交通革命によって、人と物の移動が頻繁になり、お互いをよく知るようになって、国際的な競争が始まったとも言えるでしょう。

 

 英国が率先して自国に特有な技術とデザインを研究し、フランスの製品とは異なる価値を発揮したことから、次第に各国も独自の味わいを追求するようになった。今日ではヨーロッパの工業製品は各国がそれぞれの特徴を発揮し、さまざまな花が咲き誇り、かぐわしい香りを発しているような状態になっている。

 

 ここに実記は日本の目指すべき方向を見出します。欧米を手本としながらも日本なりの良さを生かした製品づくりを模索する、というものです。

 

 そのための施策が、ここに登場している博覧会の開催でした。「工業技術を盛んにするための教育を興そう」としたのです。

 

 明治政府がまず着手したのが鉄道と通信の敷設であることはよく認識されています。「文明開化は鉄道と通信から」でした。

 

 ただ、もうひとつ力を入れたことがありました。勧業博覧会の開催、あるいは全国各地での勧業展示施設の設置です。これは現代人があまり気づいていないことのように思いますが、実記ではかなり詳しい記述が見られます。私自身も、言われて見れば、戦前にはそういうものをよくやっていたし、施設もあったなあと、改めて気づかされた次第です。

 

 欧米の技術力に圧倒されながらも、ロンドンで見出した一筋の光明が、以後、国内の施策に反映されていったということが、実記を読むとよくわかります。

 

 

「岩倉使節団」がロンドンで気づいた40年の時差

 米国を後にした岩倉使節団は大西洋を渡って、当時の産業革命先進国、イギリスに到着します。使節団は高度な技術力に圧倒されながらも、その進歩はわずか40年前からだったことに勇気づけられます。日本の行く末を模索する『特命全権大使米欧回覧日記』を読み解きます。

 

 

 1872年(明治5年)7月15日、使節団一行はロンドンのサウス・ケンジントンにある博物館を視察します。現在、サイエンス・ミュージアムとなっているこの博物館は、産業革命を推進したとされるジェームズ・ワットが考案した蒸気機関をはじめとする科学技術分野の展示で知られています。

 

 もともとここは、1851年にロンドンで開催された世界最初の万国博覧会の展示物を引き継いで、発展させたと言われています。この時代の博覧会は、エンターテインメント性の強い現在と違って、産業振興の側面が強く出ていたようで、各国の物産が多く展示されていました。産業見本市と言った方がいいのかもしれません。

 

(ちなみに、幕末に徳川昭武を代表とする幕府使節団が参加したのは、1867年に開催されたパリ万国博覧会で、これとは違います)

 

f:id:miyatohru:20180412183739j:plain

使節団はリヴァプールに上陸、鉄道でロンドンのユーストン駅に到着した(photo by PAKUTASO)

 

 博物館の視察を終え、回覧実記の実質的な編纂者である久米邦武は、次のような感想を残しています。

 

 現在、ヨーロッパ各国はみな輝かしい文明を誇り、富強をきわめ、貿易も盛んで、秀でた技術を持ち、人民は快適な生活を送って快楽を楽しんでいる。その状況を見ると、これは欧州が商業的利益を重んじる風俗を持っているため、次第にこの状態になったことがわかる。しかし、そのことを欧州独特のことであると考えるのは間違いである。ヨーロッパが今日のように一般的な繁栄に達したのは一八〇〇年以後のことであって、その状況がはっきりと目立つようになったのはわずかここ四〇年ほどのことに過ぎない。

 

  ここで久米の言う40年前とは、1830年頃ということになりますが、これは

 

 一八三〇年代に汽船や鉄道の利用がはじまったことが、欧州の貿易を一変させる機運を生んだ。

 

 ことを理由としています。

 

  つまり、ここで久米が言いたいことを現代的な解釈で言い直せば、

 

「1800年前後に産業革命が起こり、さらに1830年あたりからは蒸気機関による交通革命(蒸気機関車、蒸気船の実用化)が起きたことで、人や物の移動が頻繁となり、欧州ひいては世界の一体化が進んだ」

 

といったところでしょう。欧米との時差40年は、もっぱら交通革命によるところが大きいということです。

 

 ヨーロッパの農業・工業・商業の三つが今日のように盛んになったのはこのようにわずかの間のことであったことをわれわれは知った。いまの欧州と四〇年前の欧州と、状況がどれほど異なったかということを想像してみてほしい。四〇年前には、陸を走る汽車もなく、海を行く汽船もなく、電線が通信を運ぶこともなかった。運河で小舟を曳き、海上で帆船を操り、道には馬車が走り、駅馬を走らせて通信を運び、兵士は銅の大砲やフリント銃を使って数十歩の近距離を隔てて戦った。 

 

 これを踏まえた上で、久米は日本がこれから何をやらなければならないか考察を進めていくのですが、それについては次回。 

 

 

「岩倉使節団」ワシントン訪問で知った日米の違い

 明治4年(1871年)、岩倉使節団は太平洋を渡ってサンフランシスコに上陸、鉄道で大陸を横断し、首都ワシントンにやってきます。ここで使節団は日米の国の基本構造=国体の違いを認識することになります。『特命全権大使米欧回覧日記』を読み解きます。

 

 

 回覧実記の実質的な編纂者とされる久米邦武は、ここで人によってはどうでもいいと思えるような些細なことにこだわり、突っ込んだ記述をしています。ワシントンの置かれている「コロンビア特別区」とはなんぞや、という話です。

 

 米国の首都ワシントンは「ワシントンD.C.」とよく表記されますが、これは「コロンビア特別区にあるワシントン」という意味です。このうちの「D.C.」の部分、正式には「District of Columbia」を訳して「コロンビア特別区」となります。

 

 これくらいはご存じの方も多いでしょうが、その成り立ちまで理解している日本人がどれだけいるでしょうか。「そこまではわからないけれど、なんとなくそういうものだ」ぐらいの認識ではないでしょうか。

 

f:id:miyatohru:20180407173338j:plain

「コロンビア特別区とは?」から、日本とは違う米国の成り立ちを知る

 

 この点を久米はかなり突っ込んで調べています。おそらく現地の政府関係者に聞いて回ったのでしょうが、「なんで、なんで」と子供のようにしつこく質問していた様が目に浮かびます。

 

 あるいは使節団が出発する前、京都なのか、江戸なのか、あるいは大阪なのかと新政府の首都を決める議論があったばかりだったので、一国の首都はいかにして決めるべきかといった興味があったのかもしれません。

 

 久米はここで、米国の「連邦政府」とは何かからとらえようとしています。

 

 最初十三州がイギリスの支配を脱した時は、まずコンフェデレーション(盟約政府)を作り、各州の代表委員が事を協議していた。

 

 その後、初代大統領となるジョージ・ワシントンが登場して、合衆国憲法による連邦政府を作り、誰か1人、大統領を置こうということになりました。

 

 ところが各州の有力者たちの間では猛然と議論が起こってなかなかこの意見に服さず、大統領というのも、国王の変名に過ぎないのではないかとか、軍事権も徴税権もすべて各州の自主にまかせるべきだとか、現在の盟約政府で十分だ、などという反論が沸騰した。この論争はほとんど一年も続いたが、最後にはワシントンの徳望によって妥協が成立したのであった。

 

 米国ははじめに州があって、彼らの話し合いにより後から連邦政府ができた国だということです。これを踏まえた上で、

 

 連邦政府とは憲法や連邦法の執行機関であって、土地や人民を支配しているのは各州なのである。それゆえに連邦政府は必ずしも土地・人民を所有する必要はない。とはいえ、連邦政府を設けたとすれば、その所在地はすなわち政府の支配地でなくてはならない。そこが他の州からの借り地というのでは不都合なこともある。そこで合衆国の政治の取り決めに際し、次第に土地を譲って連邦政府の領域とした。

 

 これがどこの州にも属しないコロンビア特別区の成り立ちというわけです。

 

 これには私も思い当たる節があります。ある州の副知事にインタビューをしていた時のことです。当時の私は米国の連邦政府と州との関係を、さほど意識することなく、日本の国と都道府県の関係と同じように考えていたのですが、インタビューの途中、副知事が「ちょっと待って」と話をさえぎって、こう説明してくれました。

 

 「あなたの認識はちと違う。私たちが国であって、軍事や外交の権限を連邦政府に委任しているのです」。

 

 そう言われて見ると、州は英語で「state」、これにはたしかに「国」という意味もあります。米国の成り立ちを考えれば、もともと州が国であって、あとからそれらをたばねる上位概念としての連邦政府ができたとみた方がいいのでしょう。日本の国と都道府県との関係とは全く違います。

 

 岩倉使節団もワシントン訪問でこのことを認識したはずです。しつこく疑問点を追求していった久米のお手柄と言えるでしょう。

 

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 

「岩倉使節団」維新は必然の結果とみた久米邦武

 明治4年(1871年)、岩倉具視を正使とする新生日本の大使節団が組織され、世界を広く見聞して回りました。いわゆる「岩倉使節団」です。今回はその時の様子を伝える『特命全権大使米欧回覧日記』を見ていきましょう。

 

 

 岩倉使節団は、正使の岩倉具視のほか、副使として大久保利通、木戸孝允、伊藤博文らをはじめとする新政府要人46名のほか、随員、留学生を含め、100名を超す大使節団でした。中には、女子英学塾(後の津田塾大学)を開くことになる、当時わずか6歳の津田梅子もいました。

 

 この大使節団が各国で見聞した内容が『米欧回覧実記』として帰国後にまとめられたわけですが、これは使節団の公式記録というよりも、国民に海外の事情を伝えるという啓蒙的な色彩が強かったようです。大使随行で、本書の実質的な編纂者とされる久米邦武による序文には次のように記されています。

 

 西洋では、政府は国民の公的機関であり、使節は国民の代理者であるとされている。各国の官民が、我が使節を親切丁寧に迎えたのは、つまりはわが国の国民と親しくなりたいためであり、その産業の状況をそのまま見せてくれたのは、つまりはその産物をわが国民に愛用してほしいからなのである。そこで岩倉大使はこの待遇の懇切さを尊重して、我が使節が見聞したことについては、これをできるだけ広く国民に知らせなくてはならないと考え、書記官畠山義成(当時は杉浦弘蔵と称していた)と久米邦武の二人に対し、常に自分に随行し、視察したことについては調べて記録することを命じた。 

 

 久米邦武は佐賀藩出身で、藩校の弘道館では主席となるほどの秀才でした。同藩の開明的君主として知られる鍋島閑叟の近侍も務めています。実記編纂後は新政府で国史編纂に携わり、近代における歴史学者の先駆けとなりました。

 

 その久米が、序文の中で明治維新について、簡潔ながらこう言い当てています。

 

 明治維新の政治は、いまだかつてない変革であり、それは三つの要点にまとめられる。第一は、将軍が持っていた政治権力を取り上げて天皇の親裁としたことである。第二は各藩の分権であった政治を一つに集め、中央集権にしたことである。第三は鎖国制度をあらためて開国の方針を取ったことである。

 

  これらを行ったことは「神わざ」とした上で、さらに久米は考察していきます。

 

 どうしてこのようなことが起こったかをじっくり考えると、すべてが国際的な状況の変化の影響によるものであることがわかる。鎖国政策は、どうしても改めざるを得なかった。開国したとなれば、統一的政治を行わざるを得なかった。統一国家にしようとすれば将軍の政治権力を取り上げざるを得なかったのである。

 

 つまり、明治維新は開国に伴う必然の結果だったというわけです。久米は明治維新へとつながる幕末動乱を、感情論ではなく、極めて論理的に捉えていたことがわかります。そして実際にその通りでした。

 

 以前、このブログでも紹介しましたが、開国交渉に当たっていた幕府の外交官僚たち(当時選りすぐりのトップエリートと言っていいでしょう)は、最初から「開国をすれば、いずれ外様大名との間で大きなあつれきを生む」とわかっていました。

 

 幕藩体制のもとでは、幕府が管轄しているのは天領だけで、外様大名はその所領で独自の自治を行っており、国を代表して外国と交渉することは論理的に無理があるということにすぐに気づいたのです。

 

 その後、世論は紆余曲折しますが、イギリスの外交官、アーネスト・サトウが幕末の終盤で『英国策論』を著し、外交官たちの間ですでに共有されていたこの問題を公にし、これが日本人の間で広く読まれ認識されることで、一気に中央集権国家の設立へと向かいます。

 

 このあたりがその後の日本社会では、関ヶ原とからめての幕府対薩長という感情論で語られることが多く、論理的には捉えられていないような気がします。物語的にはおもしろく、そういう部分がないとはもちろん言いませんが、事の本質ではないとも言えます。冷静かつ論理的な歴史観が望まれます。

 

 それにしても。回覧実記を読んでいて思うのは、久米が物事の根本原理を突き詰めて考えていくタイプなのではないかということです。この本は単に見聞きし体験した出来事をサラッと記録しているのではなく、なんでこういうことになっているのか、かなり突っ込んで調べていて、欧米社会の底流にある根本原理まで探ろうとする意志が感じられます。

 

 このあたりは久米が、中央の政治論争には与しない一方、独自に蒸気船やアームストロング砲(の模倣)の開発を進め、ひたすら「技術立藩」を目指した鍋島閑叟率いる幕末の佐賀藩で育ったということが関係しているのかもしれません。

 

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 

『三四郎』通勤族の出現をいち早く描いた漱石

 漱石はロンドン留学時代から当時の最新技術だった「電車」について、時にわずらわしく思いつつも、強い関心を持っていたようで、よく記述しています。そして帰国後の1908年(明治41年)に発表した『三四郎』では、電車による通勤族の登場をいち早く紹介しています。

 

 当時の東京では、電車の敷設が相次ぎ、社会が大きく変わろうとしていました。どうも漱石は「電車」の存在を、日本社会を変える西洋文明の象徴として描きたかったようで、この小説の中で重要なキーワードのひとつとなっています。

 

f:id:miyatohru:20180314194553j:plain

ロンドン留学経験から漱石は、東京での通勤族の出現をいち早くとらえていた (photo by PAKUTASO)

 

 たとえば、『三四郎』の主要登場人物に野々宮宗八がいます。三四郎の同郷の先輩で、理科大学(東大理学部か?)の光学研究者。彼の研究室(いわく「穴倉」)を訪ねた三四郎は、帰り際にキャンパス内をふたりで歩いていた時、ある建物について野々宮からこう説明されます。

 

 教授会を遣(や)る所です。うむなに、僕なんか出ないで好いのです。僕は穴倉生活を遣っていれば済むのです。近頃の学問は非常な勢いで動いているので、少し油断すると、すぐ取残されてしまう。人が見ると穴倉のなかで冗談をしている様だが、これでも遣っている当人の頭の中は激烈に動いているんですよ。電車より余程烈しく動いているかも知れない。

 

 

 さらにふたりはキャンパスを抜けて電車通りに出ます。

 

 「君電車は煩(うる)さくないですか」と又聞かれた。三四郎は煩さいより凄じい位である。然しただ「ええ」と答えて置いた。すると野々宮君は「僕もうるさい」と云った。然し一向煩さい様にも見えなかった。

 「僕は車掌に教わらないと、一人で乗換が自由に出来ない。この二三年来無闇に殖えたのでね。便利になって却(かえ)って困る。僕の学問と同じ事だ」と云って笑った。

 

  こうしたくだりを読んでいると、「電車」というキーワードが日本社会を変える西洋文明の象徴として使われていることがわかります。

 

 さらに漱石はこの野々宮について、時代を先取りする存在といった設定にしています。電車による通勤族です。

 

 野々宮の家は頗(すこぶ)る遠い。四五日前大久保へ越した。然し電車を利用すれば、すぐに行かれる。

 

 今でこそ、大久保は新宿の隣の駅(中央線)で、西新宿の高層ビル街ものぞめる都会ですが、当時は東京市(15区)外でした。実際、漱石は三四郎が野々宮の新居を訪ねた際の印象として、

 

 宵の口ではあるが、場所が場所だけにしんとしている。庭の先で虫の音がする。独りで坐っていると、淋しい秋の初である。

 

と書いています。本当に静かなところだったと思います。

 

 それが電車が登場して、市中心部と接続されることで、電車による「通勤」という概念が出てきます。

 

 大久保は、都心部から新宿を経由して八王子に至る甲武鉄道(後国有化されて中央線に)の駅として開業しましたが、当初は当時の都心部まで乗り入れることができず、飯田町止まりでした。

 

 それが、『三四郎』の頃には電車の時代となり、お茶の水まで開通します(電車が走ったのは中野-お茶の水間。ちなみにこれが、路面電車ではない、普通鉄道に電車が走った日本初の路線ということになります)。これにより、中央線は通勤の足として使えるようになりました。

 

  東京で本格的な「通勤電車」が走るようになるのは、大正も10年代になって。郊外での宅地開発(=田園都市構想)を掲げて開業した現在の東急電鉄からと言っていいでしょう。

 

 しかし、宅地開発といった構想こそなかったでしょうが、そこからさかのぼること10年余。結果として、中央線は東急に先んじて「通勤電車」化しつつあったことが、『三四郎』からはうかがえます。

 

 また漱石は、野々宮が大久保に引っ越した理由をこう書いています

 

 物数寄ならば当人の随意だが、もし必要に逼(せま)られて、郊外に自らを放逐したとすると、甚だ気の毒である。聞くところによると、あれだけの学者で、月にたった五十五円しか、大学から貰っていないそうだ。だから已(や)を得ず私立学校へ教えに行くのだろう。それで妹に入院されては堪(たま)るまい。大久保へ越したのも、或いはそんな経済上の都合かも知れない。・・・  

 

  少し否定的な書きぶりですが、「通勤」と引き換えにサラリーマンが庭付きの住宅に安く住むことができるという、当時としては新しい概念を紹介しています。

 

  漱石はロンドンへの留学経験から、電車が登場して中心繁華街と郊外住宅地を結ぶことで、通勤という概念ができたことを身をもって実感していました。それが「今度は東京で起きるよ」ということを、野々宮という人物を通じて描きたかったのでしょう。漱石は「その先にある答え」を知っていたのです。