グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

「黒船来航」の本質を改めて考える 『日本1852』の世界①

 『日本1852 ペリー遠征計画の基礎資料』の原書は、1852年にニューヨークで発行されました。米国が威信をかけて実施しようとしていた日本の開国プロジェクト(ペリー提督の遠征)に先だって、米国民に日本のことを紹介したものです。

 

 

 著者のチャールズ・マックファーレンは英国の歴史家で、日本に来たことはありませんでしたが、来日経験を持つ知日派文化人への聞き取りや文献を読み込む形で、本書をまとめています。

 

  2次情報となる分、少し差し引いて見なければなりませんが、これを翻訳した日本近現代史研究家の渡辺惣樹氏は、

 

 読者には、これまで学んだ日本史をいったん引き出しにしまって、日本のことなどまるで知らなかったペリー提督のつもりで本書を読まれることをお勧めします。

 

とまえがきで述べています。

 

  さて、私がこの本を読んでまずおもしろいと思ったのは、米大統領から幕府に送られた親書です。

 

 ここでの親書とはペリー来航の際のものではなく、1846年にジェームズ・ビドルが江戸に来航した際の話で、大統領とは第11代のジェームズ・ポーク(任期:1845~1849)になります。

 

 ちなみに、このポークの時代、米国はテキサス州の併合のほか、メキシコからカリフォルニアなど米大陸西部を得てほぼ現在の形となり、太平洋岸に進出してきます。

 

 多くのアメリカ船が毎年、いや毎週といってよいほどに航行し、支那とカリフォルニアを結んでいる。こうした船舶は貴国の近海を通過しており、ときには時化(しけ)に遭遇し、貴国沿岸で遭難する危険を抱えている。こうした場合、予は貴国の親愛なる厚情で、遭難した者の生命と財産を保護していただきたいと望むものである。(中略)

 

 予が望むのは純粋に交易のみであって、それ以上のことは全く考えていない。貴国には石炭が豊富だと聞いている。これこそがカリフォルニアと支那を結ぶ船舶が最も必要としているものである。予は日本の港の一つが開港され、そこで必要なときにはいつでも石炭を購入できるように望んでいる

 

 私が昔、習った日本史では、たしか米国の開国要求は、日本近海で遭難することも多かった捕鯨船の寄港基地を確保したかったため、ということだったと覚えていますが、個人的には当時からピンと来ませんでした。

 

 実際にそういう要求を第一にしていることは確かなのですが、近代的な民主国家が自国民の生命の安全と財産の保全を第一に掲げるというのは、いつの時代も当然のことであって、何か事の本質ではないような気がしていました。

 

 なんでそうなったのかを考えるに、おそらくこれまでの日本史ではペリー来航の際の米第13代大統領、ミラード・フィルモアの親書をベースに解釈していたからだと思われます。

 

 フィルモアの親書はポークよりも具体的な要求が前面に出る一方で、米国の真の狙いがどこにあるかはいまひとつよくわかりません。

 

 しかし、こちらの大統領親書(ポーク親書)を読めば、狙いがどこにあるか感じていただけると思います。当時、太平洋に進出してきたばかりの米国が本当に狙っていたのは、支那との貿易(=太平洋航路の確保)だったとすれば、なるほどと思えてきます。

 

 ちょっとした文章の書きぶりの差なのですが、これが後世に伝わる「歴史」を変えてしまったことになります。

 

 次回、米国側の狙いについて、さらに詳しく見ていきましょう。

 

gootjapan.miyatohru.com

「西南戦争」で西郷隆盛の遺刀が選んだ男 『南部維新記』の世界(番外編)

 前回、ご紹介したラストサムライとも言えるような若武者、秋田藩の小野崎三郎道理のその後については、『南部維新記』では、残念ながら触れられていません。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 とはいえ、これだけの人物です。きっと何かあるだろうと思ったので、独自に調べてみました。

 

 そうしたら、やっぱりあるんですね。そこで今回は『南部維新記』から離れて、「番外編」として、その逸話をご紹介します。

 

 小野崎は明治5年、陸軍大尉に任じられて仙台鎮台第9番小隊長、その後は東京で警視庁の操銃教官を務めました。

 

 当時の小野崎はまだ20代の半ば。時代を変えた最新式の西洋銃に魅せられ、自らその扱いを研究していたのでしょう。

 

 そして、明治10年に勃発した西南戦争では、政府軍の征討第4旅団の中隊長として、再び戦場に出ます。ちょうど30歳になった頃です。

 

 西南戦争は、維新の元勲、西郷隆盛を盟主とした鹿児島県を中心とした不平士族の乱で、一時は南九州一帯にまでその勢力が広がりました。

 

 しかし、圧倒的な近代兵器を擁する政府軍に次第に圧倒されていきます。

 

 政府軍の中には、会津をはじめとする東北出身者も多く、戊辰戦争時とは攻守を入れ替えた形になりました。秋田藩出身の小野崎も、途中から官軍になったとはいえ、そのうちのひとりでした。

 

 結局、西郷軍はわずかな手勢で鹿児島市内の城山に立てこもることになります。その最後の総攻撃の現場に、前線の指揮官として小野崎はいました。

 

 もともと警視庁の操銃教官を務めていたくらいですから、彼の部隊も銃の扱いになれていたものと思われます。

 

 いよいよ明日、総攻撃となる9月23日の夜は、両軍とも「この戦争も明日が最後になる」と認識していたようです。

 

 ともにその夜は戦闘を休止、西郷軍は薩摩琵琶を奏で、一方の政府軍は花火をあげたり、軍楽隊が演奏していたと言われています。

 

 前線にいた小野崎も薩摩琵琶の音を聞いて、感慨にふけっていたかもしれません。

 

 明けて、24日未明。政府軍の大砲や銃による総攻撃の前に西郷軍は壊滅状態となり、最後は西郷自身が銃弾に当たって動けなくなったため、側近の別府晋介に「晋どん、もうこの辺でよか」と言って介錯された、というのが、歴史の定説になっています。

 

 朝のうちに戦闘は終わり、戦場ではすぐに検分が行われました。ここで小野崎は西郷の遺品となる愛刀、和泉守兼定を手にすることになります。

 

 刀は持つ人を選ぶ、とも言われます。兼定が西郷の次の主として選んだのが小野崎だったとは、とても偶然とは思えない、何か意志のようなものを感じます。

 

 小野崎がどのような経緯で西郷の兼定を手にしたかの詳細はわかっていません。もしかしたら、前夜、密かに西郷軍に接触して投降を呼びかけた際に手渡されたのかもしれません。

 

 ここまで考えると、もはやドラマの域ですが、小野崎がそれくらいのことをしてもおかしくはない人格を持った人間であったことは確かです。

 

 その後、小野崎は兼定を家宝として大切に保管していましたが、残念ながら、西南戦争の2年後、病死します。33歳の若さでした。

 

 長生きしていれば、日清、日露の戦争では軍の中で要職にあって、活躍したものと思われます。本当に惜しい人物でした。

 

 なお、兼定については、小野崎の死後、西郷家から懇望されて、小野崎家から西郷家に返還され、今日に至っています。

 

f:id:miyatohru:20170331183822j:plain

幾多の歴史を見つめてきた鹿児島、桜島(photo by PAKUTASO

 

 

「戊辰戦争」で官軍が錦の御旗を下ろし、魅せた武士道 『南部維新記』の世界③

  前2回は『南部維新記』から、動揺する武士社会に関する記述をご紹介しましたが、今回は戊辰戦争での武士らしい話をご紹介しましょう。武士の世が風前の灯火となる中で、最後に見ることのできた武士道だったと思います。

 

南部維新記―万亀女覚え書から (1973年)

南部維新記―万亀女覚え書から (1973年)

 

 

 戊辰戦争では、東北諸藩は同名を結び、官軍に最後まで対抗しました。ただそれも、中心的な存在だった会津が落城して崩壊します。

 

 この過程では、秋田藩がいち早く同盟を離脱したことから、近隣の庄内藩や盛岡藩から報復として領内に攻め込まれます。

 

 しかし、次第に官軍側が優勢となって盛岡藩は降伏。戦後は逆に秋田藩が盛岡城を接収し、占領地管理をすることになりました。

 

 明治元年の秋、秋田藩兵6小隊が官軍として南部領内に進軍してきました。官軍と言えば、錦の御旗に鼓笛隊というイメージがありますが、この時の秋田藩兵もまさにこの通りでした。

 

 率いるのは、秋田藩の重臣、小野崎三郎通理(みちただ)。弱冠20歳の若武者でした。

 

 盛岡側はすでに恭順の姿勢を見せ、藩主もすでに江戸へと護送されていました。

 

 そのため、とくに「何事もなく…」進むはずでしたが、盛岡城下に入る直前で事件が起こります。秋田軍が突然、錦の御旗を下ろし、袋に収めた上で、城下町に入ってきたのです。

 

 この様子を実際に見た古老の回想が『南部維新記』に記されています。

 

 (秋田藩兵は)なかなか配慮が行きとどいていて、錦の旗を、ひけらかすこともなく、わざと、袋に収めて、見えないようにしてきたのです。(盛岡)藩からは下田栄光という重臣が迎えにでて接待役をしましたが、綱御門から入って、当然三の丸へいくのかと思うと、台所奉行所の建物に入りました。敗戦の城兵に、なるべくいやな思いをさせまいという心づかいがあったのでしょう。

 

 「台所奉行所」というのは、藩の勘定所を指していると思われますが、この建物は江戸時代中期以降に城に隣接する形で増築されたところで、厳密に言えば、城内ではありません。

 

 古老も語っている通り、城に直接入らないことで、少しでも盛岡藩側にいやな思いをさせないといった心遣いからだったと思います。

 

 さらに、この古老は隊長の小野崎道理について、こうも語っています。

 

 小野崎はしっかりした男で、「今度の戦争で、南部(盛岡)藩の兵学がいかに進んでいるかよくわかった。ぜひ教えを乞いたい」といってしばらく、兵学を学んだりしていましたが、占領地で、かつての敵から教えを受けるということは、当時としては、ちょっと考えられないことでした。(中略)本当に人間のよくできた人だったと思います

 

  ここで、本当に盛岡藩の兵学が進んでいたかは二の次の話でしょう。敗者に対して敬意を持って接するといった小野崎の姿勢が、盛岡側から好感を持って受け入れられていたということだと思います。

 

 先に説明したとおり、秋田藩と盛岡藩は少し前まで実際に戦っていた相手同士です。小野崎自身、兵を率いて前線で盛岡藩兵と戦っていました。もちろん、両軍とも多くの死者を出しています。心の中に私怨はあったはずです。

 

 にもかかわらず。錦の御旗の一件にはじまり、小野崎のこうした敗者に対する敬意を持った姿勢は、武士道を体現する、まさに武士の鑑であったと思います。

 

 この話は今となっては地元でももうあまり知られていない、忘れられつつある話ですが、全国的にもっと知られていい話だと思います。

 

 さて。最後に気になるのは、ラストサムライともいえるような若武者、小野崎のその後ですが、それについては次回。

 

f:id:miyatohru:20170401190131j:plain

現在の盛岡市内から見た岩手山。小野崎率いる秋田藩兵は非常に統率が取れていて、占領軍にありがちな乱暴・狼藉もなかったと伝わる。

 

「王政復古の大号令」で一気に緊迫した武士社会 『南部維新記』の世界②

  今回も引き続き、『南部維新記-万亀女覚え書から』をご紹介する形で話を進めていきましょう。

 

 前回は、大政奉還直後の武士社会の反応がわかる部分をご紹介しましたが、今回はその次に来る、王政復古の大号令に対する反応です。

 

南部維新記―万亀女覚え書から (1973年)

南部維新記―万亀女覚え書から (1973年)

 

 

 以下、同じ古老による王政復古の大号令直後の盛岡藩江戸藩邸の様子の回想です。

 

 全く大変なことになったのです。毎日のように盛岡へあてて、早飛脚、早駕籠が飛ばされる。ボヤボヤしていると、国へも帰れなくなると心配する人もあり、気の早い人は江戸でなにか食う道を考えなければ、武士は路頭に迷うなどと口走る人もいました

 

 大政奉還直後は、あれっどうなっちゃうんだろう?、ぐらいの認識だったものが、王政復古の大号令によって、武士社会は一気に緊迫したということが伝わってきます。動揺から緊迫へと、受け止め方が大きく変わったことがわかります。

 

 ここで王政復古の大号令とはどのようなものだったのか、確認しておきましょう。

 

 大政奉還で幕府は政権を返上したものの、徳川家は依然として存続しており、朝廷自ら政治をおこなうにしても、徳川家が有力な政治勢力として残るのだろうとみられていました。

 

 ところが、王政復古の大号令で徳川家は会津、桑名とともに新政権から完全に閉め出されます。薩長と徳川の対決姿勢が鮮明となったことで、政局は一気に緊迫しました。

 

 今に伝わる藩邸の空気感は、まさにこのあたりを反映したものでしょう。「ボヤボヤしていると国にも帰れなくなる」というのは、すぐにも戦争が始まるという読みなのだと思います。

 

 そして、ここでもすでに「武士がなくなる」といった考え方があったことが読み取れます。しかも、大政奉還直後より格段に切迫感は増しており、「江戸でなにか食う道を考えなければ、武士は路頭に迷う」と、もうパニック寸前の状況です。

 

 徳川家の政治的な締め出しは、幕臣の一斉解雇につながります。イコール武士がなくなるという連想につながっていくというのも、納得のいく話です。

 

 これでは、戦費が調達できないという物理的な面とともに、精神的にとてもまともに戦えるような状況ではなかったでしょう。大方の藩はこのような状況で、身動きが取れなかったと思われます。

 

 そして。明けて慶応4年正月3日、鳥羽・伏見の戦いが始まります。

 

 しかし、戊辰戦争は局地戦のレベルで終わりました。本来であれば、関ヶ原のような大戦になったとしてもおかしくはないのに、そうならなかったのは、武士社会がそもそも戦意喪失していたということが根底にあったとみれば、しっくり来ます。

 

 今も昔も変わらない人間社会。歴史の真実とは、案外、こんなところに隠れているのだと思います。■

 

f:id:miyatohru:20170312213247j:plain

江戸時代、盛岡藩の下屋敷があった東京・麻布の有栖川宮記念公園一帯は、高度成長期に入る直前まで、藩邸にちなみ「麻布盛岡町」という地名だった。今では、近くの交番にのみ名残が見られる。高度成長期は江戸の名残を捨て去り、現代の国際都市・東京へと変貌を遂げた時代だったことが、ここからもうかがえる。

「大政奉還」その時、武士社会は? 『南部維新記』の世界①

  今回、ご紹介する『南部維新記-万亀女覚え書から』の著者、太田俊穂氏は昭和8年に毎日新聞に入社して、盛岡支局などで記者として勤務。戦後は地元紙である岩手日報社に転じた後、岩手放送の設立に携わって最後は社長となった人物です。

 

 その太田氏が、若かりし記者時代に盛岡で聞いた古老たちの話をまとめたのが本書。サブタイトルにある万亀(マキ)とは、太田氏の祖母に当たります。つまりこの本のタイトルが意味するところは、マキをはじめとする古老たちによる明治維新の頃の盛岡の昔話集、ということになります。

 

南部維新記―万亀女覚え書から (1973年)

南部維新記―万亀女覚え書から (1973年)

 

 

  ここに、注目すべき伝承が書き記されています。

 

 維新前後の盛岡藩(南部藩)の江戸藩邸に詰めていた古老による、当時の藩邸の様子です。大政奉還直後の生々しい様子が伝えられています。

 

 (江戸詰家老の)野々村様は藩邸詰めの者を集めて、すでにみなも知ってのとおり、将軍が、大政を返上し、勅許も賜っている。察するに日本の国も、一新され、朝廷自ら政治をおこなうようになると思うが、それだからといってなにもかも変わってしまうということはないから、みな落ち着いてかりそめにも、はやまった行動をしないよう、くれぐれも自重してほしい、とのお話があり、不安ながらも、静かな毎日を送っていたが、もう武士がなくなるそうだという者もあり、諸説紛々として落ち着かない日がつづきました

 

 歴史研究の盲点のひとつに、情報がいかに伝わっていたかという視点が欠落している点があるのではないかと思います。

 

 現在のように、NHKの全国ニュースがあって、国民のすべてがその日の出来事を瞬時に、かつかなり正確に知りうるような環境にはなかったわけで、伝聞が、時間をかけながら、様々な憶測を伴いつつ、広まっていったはずです。

 

 その点を意識しながら、この話を見ていくと、非常に興味深いのは、この時点ですでに、「武士という身分がなくなる」と予想する者がいたことです。

 

 この話はまだ、大政奉還直後の段階であって、実際に武士という身分がなくなるのは、王政復古の大号令から、戊辰戦争、さらに廃藩を経て後のこと。まだかなり先の話になります。

 

 にもかかわらず、こうした憶測が生まれていた背景には、すでに幕藩体制が限界に来ているということを、決して少なくない人々が感じていたのでしょう。「政事(まつりごと)を武士階級だけが担うのはもう限界だ」と。

 

 実際、保守的とみられていた盛岡藩でさえ、江戸後期から藩の中枢といえる勘定所(財務局)では商人の登用が相次ぎ、幕末時点では武士と商人の混成部隊となっていました。

 

 そのような藩の変化を間近で見ていれば、大政奉還の次に来るものがなにか、先の読める人間であればわかったはずです。

 

 このような武士社会の動揺が当時すでにあったということがわかれば、戊辰戦争で大方の藩が日和見を決め込んだというのもよく理解ができます。

 

 もともと金がなくて戦費を捻出できなかったということがまずあったのでしょう。その上に、そもそも武士がなくなるかもしれないという疑念がある中では、命をかけて戦うなんてバカバカしくてやってられないと思う方が当然です。

 

 逆に、こうした疑念があってなお、東北諸藩はよく戦ったなあと思います。このあたり、東北人の義理堅さを感じます。■

 

f:id:miyatohru:20170312193236j:plain

東京・麻布にある有栖川宮記念公園は江戸時代の盛岡(南部)藩下屋敷跡になる。ここでの話も今は昔。明治維新から1世紀半たった現在、近くには駐日欧州連合(EU)代表部はじめ多くの欧州系大使館が立地、公園を訪れる人々も国際性豊かだ