グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

明治維新への時限爆弾だった日米修好通商条約

 『ハリス日本滞在記』を読んで歴史を考えるシリーズの5回目。今回は開国(日米修好通商条約)に大名が反対したその真意を深掘りして考えていくことにします。

 

 

 前回、「大名が開国に反対した本当の理由」の中では、彼らが条約案の中でも、とくに「外国人が国内を自由に通行する権利」について反対していることについて触れました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 なぜ彼らがこの部分について強く反対しているのか、現代に生きる我々には少しわかりにくいのですが、そこに隠されている真実を理解するヒントがハリスの日記には記されていました。ハリスは交渉の過程で、次のような説明を受けたとあります。

 

 原初からの大名十八名のうち、それらの領土における独立的支配権を有する大名は七、八名である。(中略)大君でさえも、これらの大名の承認を「先ずもって獲得」しなければ、これらの領土内に一名の人間も入れることができない。将軍の政府の役人でも、このような許しがなくて立ち入る者は、立ちどころに殺されると、日本人は称している。

 

  この後、ハリスは幕府と深刻な議論になります。

 

 「あらゆる外交官と領事職の官吏は、日本全国のあらゆる部分を自由に旅行する権利を有するであろう」という、その権利について長い論争がおこった。(中略)一時は、この問題で条約全体が難破するかも知れないという重大な疑惑を私はいだいた。

 

 そして、幕府側はこの部分で絶対に譲れない理由として、次のように語ったといいます。

 

 大名が彼らの領国における独占的な管轄権を要求していること。彼らの当来の権利の如何なる侵害に対しても、彼らは猛烈に反対すること。この条項から重大な紛争の生じることが確実なこと。

 

  なるほど、事は核心はこの部分にあったということです。

 

  仮に私が大名(藩主)だったとして、単に貿易を許してくれるだけなら、「藩に益あり」とみて条約には賛成していたでしょう。しかし、この問題、つまりハリスが記しているような「領国における独占的な管轄権」が侵害されるとしたら、それは自分だって反対に回ります。

 

 これは幕藩体制における根本的な問題で、当時の武士階級が単に外国人を好きとか嫌いといった話とは全く次元が違います。

 

 改めて考えるに、当時の日本は真の統一国家ではなく、徳川家を盟主とした諸侯連合でした。徳川家=幕府に面と向かって刃向かうようなことはないものの、とくに外様大名などはその領国で独自の自治を行っており、それぞれが半ば「独立国家」だったわけです。 

 

 そのため、幕府が主張しているように、幕府の役人でさえ、彼らの了解を得なければ、その領国には入っていけなかったのです。たまに時代劇で、外様藩の領内に公儀の隠密が侵入し、身分が発覚して切り捨てられるといったシーンが出てきますが、それは彼らに「独占的な管轄権」があったからと言っていいでしょう。

 

  ところが、開国して外国という存在を意識せざるを得なくなると、真の統一国家にならなければ、当然、国と国との交渉も満足にはできません。

 

 そうなると、藩という存在はどうなるのか。幕藩体制のままでやっていけるのか。そのような疑問が生じるのも当然と言えるでしょう。開国、とくに日米修好通商条約はそのような問題を当時の日本の政治を担っていた武士階級に投げかけたのです。

 

 もちろん、この時点ではまだ、その後の明治維新について明確なイメージを持っていた人間は皆無だったでしょう。しかし、大きな政治体制の変革が不可避になるぐらいは、幕府や藩の上層部の人間はこの時点から意識し始めたと思われます。少なくとも、ハリスの日記を読んでいると、そのことがうかがえます。

 

 そう考えていくと、ここから明治維新へは必然の道。言い換えると、日米修好通商条約は明治維新への時限爆弾だったのです。

 

大名は開国のどこに反対していたのか

 『ハリス日本滞在記』を読んで歴史を考えるシリーズの4回目。今回は開国(日米修好通商条約)になぜ大名が反対したのかについて。ハリスの日記を読むと、彼らが具体的に条約のどの部分に反対していたのかがわかります。

 

 

 ハリスは幕府との交渉過程で、次のような論争があったと記しています。

 

 私は又彼らに、条約の第7条では、1ヶ年日本に居住した行状の正しい凡てのアメリカ人のため、日本人と同様に自由に旅行する権利を要求していることに留意を促した。日本委員は、第7条と京都を開く件は、二つとも不可能であること。それらを許容すれば、反乱が必ず起きること。条約の他の多くの提案は極めて困難であるが、必ずしも実行不可能なものではない。しかし、この二件は絶対に不可能であると、私に告げた。

 

 「条約の第7条」とありますが、実際に締結された条約の第7条は開港場とそこから外国人が通行できる範囲についての規定でした。「自由に旅行できる権利」のような文言は一切ないので、ハリスがここで言っているのは、「原案」上でのことだったのでしょう。

 

 実際に現在、原案書が残っているかどうかまでは確認できませんが、少なくとも話の流れから推測するに、条約交渉に当たってはまず米側の要求に基づく「原案」なるものがあって、そこでは「外国人が国内を自由に旅行(通行)する権利」が記載されており、それを見た諸大名は猛反対し、幕府もさすがにこれは無理だと考えていた、ということです。 

 

 逆に、「他の多くの提案は極めて困難であるが、必ずしも実行不可能ではない」とあるように、貿易をはじめとした他の条件については、双方折り合えるとみられていたと考えることができます。つまり「修好通商条約」のうちの「通商」の方は、決定的に困難な問題ではなかったということです。

 

 前回の「実は最初から開国派が多数だった日本」でも触れたとおり、本来、貿易に限れば、財政難から税収を上げるために躍起になっていた藩(大名)にとってもメリットのある話で、実際に琉球貿易をしていた薩摩藩や北方貿易をしていた松前藩はそこからの利益を得ていました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 となると、問題は「修好」の方ということになります。「修好」とは一般に使われる言葉ではないので、わかりにくいと思いますが、国と国とが仲良くすることといった意味になります。この中に、先ほどの「外国人が国内を自由に通行する権利」が含まれていたと考えることができます。

 

 それにしても、なぜこの「外国人が国内を自由に通行する権利」がそんなに問題になったのでしょうか。当時の日本人(武士階級)はそんなに外国人のことが嫌いだったのでしょうか。

 

 現代に生きる我々にはその点がわかりにくいのですが、その裏に隠されている真実を理解するヒントについても、ハリスの日記には記されていました。次回、その話を詳しく。

 

実は最初から開国派が多数だった日本

 『ハリス日本滞在記』を読んで歴史を考えるシリーズの3回目。今回は日米修好通商条約交渉を通じてハリスが知らされた、階層別の開国への賛否を分析していくことにします。

 

 

 江戸に到着したタウンゼント・ハリスは早速、将軍、徳川家定に 謁見します。そこでの、後世に伝わる有名な家定の言動が、ハリスの日記には記録されています。

 

 大君は自分の頭を、その左肩をこえて、後方へぐいっと反らしはじめた。同時に右足をふみ鳴らした。これが三、四回くりかえされた。それから彼は、よく聞える、気持のよい、しっかりした声で、次のような意味のことを言った。

 「遠方の国から、使節をもって送られた書簡に満足する。同じく、使節の口上に満足する。両国の交際は、永久につづくであろう」。

 

  これですぐに条約が締結されるかと思いきや、そうはいきませんでした。家定への謁見から1ヶ月後、ハリスは条約交渉の日本側委員から国内の事情について、こう明かされます。

 

 商人や一般庶民が開国に賛成していることは疑いを容れないが、しかし、大名や武士階級がそれに反対している。

 幕府の上層にいる文官達は、これらの問題に比較的よく通じている。それらの人々は、貴下が来朝されて以来、多くの事を学んでいる。それ故、彼らはこの国を繁栄させ、幕府を富強にすると彼らが考えているところの条約に賛成している。

 

  話を整理するとこうなります。

  幕府-賛成 ※ただし,上層部

  大名-反対 

  武士-反対

  商人-賛成(世直し期待+貿易の利)

  庶民-賛成(世直し期待)

 

 前回、「異常な関心の中、江戸での日米修好通商条約交渉始まる」で触れたとおり、江戸の庶民は世直し期待からこの交渉に対する関心が極めて高く、ここで日本側委員が語っている通り、おおむね開国賛成派だったと思われます。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 貿易の恩恵を直接受けることのできる商人たちも賛成派だったことは想像できます。とすれば、地方まではわかりませんが、少なくとも当時の江戸市民に対して世論調査をすれば、開国賛成派が圧倒的多数となっていたでしょう。

 

 これまでの日本史で、開国に反対する国内の世論への対応に幕府が苦慮したと説明されてきたのは、厳密に言えば、人口比で1割に満たなかった武士階級(大名=藩を含む)に限った話だったのです。

 

 よく引き合いに出されるのが、ペリー来航後、老中だった阿部正弘が開国の是非について広く意見書を募ったところ、武士階級を中心におおむね反対意見だったという事実です。

 

 しかし、これは国民全体に聞いた世論調査とは性格が違います。そもそも提出したのは武士階級中心で、しかもこの種のことをすれば、反対意見の方が強く出るというバイアスがかかるというのは、今も昔も変わらないでしょう。

 

 では、なぜ彼ら(武士階級)が反対していたのでしょうか?。

 

 本来、開国して貿易を始めるということは、藩(大名)にとってもメリットのあることです。とくに江戸時代後期には各藩とも財政難から税収を上げることに必死で、領内の産業を育成して特産物を江戸や大坂で売ることに力を入れていました。その延長線上にある貿易にはメリットを感じられたはずです。

 

 にもかかわらず、反対の側に回ったのは何か別の理由があったと考えた方がいいでしょう。と思いつつハリスの日記を注意深く読んでいると、非常に興味深い話が出てきました。次回はその話を詳しく。

 

 

異常な関心の中、江戸で日米修好通商条約交渉始まる

 『ハリス日本滞在記』を読んで、歴史を考えるシリーズの2回目。今回はハリスが江戸に入った際の庶民の反応から、開国に対する当時の「世論」を見ていくことにします。

 

 

  来日から1年余、開港場だった下田で話を済ませようとしていた幕府に対するハリスのねばり強い交渉の結果、安政4年(1857年)秋になってようやく江戸行きが決まります。

 

 ペリーでも日本に上陸したのは、久里浜や横浜、開港場だけで、江戸へは入っていません。

 

 開国(日米修好通商条約)を迫る外国の使節がいよいよ江戸に入ってくるというのは、当時のビッグニュースとなりました。江戸行きが決まった直後のハリスの日記にはこう記されています。 

 

 私は、私の江戸訪問のニュースが、稲妻のようにこの国に伝わっていることを聞かされる。彼らの言葉によれば、「アメリカ使節の入府の大行列を観るため、江戸へ押しかける人々の数は計り知れないだろう」という。(中略)

 日本人たちの話によると、絵図入りで私のことを書いた刷り物が、無数に頒布されているという。

 

  こうした日本国内の関心が異常に高まる中、ハリスは陸路、下田から江戸へと向かいました。これが結果として日本人に対する大デモンストレーションになります。

 

 一行は星条旗を先頭に350人もの「大名行列」で、おもしろいのは、駕籠を担ぐ人足が着るはっぴの背にまで星条旗が染められていたことです。

 

 とくに多摩川を渡って品川に着いてからはいよいよ江戸ということで隊列を整えたため、江戸市中では1キロ弱もの大行列になったと記録されています。

 

 これに対し、幕府は不測の事態が起きないよう万全の警備体制を敷いていたことがわかっています。

 

 日記には、江戸での宿舎となった九段の蕃書調所(幕府の洋学研究所)に到着後、ハリスに応対していた井上清直(信濃守)からこのように聞かされたとあります。

 

 幕府では私の身に何か異変起きやしないかと、日夜心痛していたこと。人々が、私の入京を見物しようと、ひどく好奇心に駆られていること。そして、もし幕府が最も厳重な取締りを行わなかったなら、数百万(これは信濃守の計算)という人の群れが、私を見ようとして江戸へ殺到したであろうこと。そして終に、群衆の接近を封じて事故を未然に防止するため、前夜から市中の内門を全部閉鎖してしまったこと。私が無事に到着したので、幕府の人たちがみな非常に喜んでいることなどを話した。

 

 ちなみに、当時の江戸の人口は100万人前後とみられるので、井上の試算した数百万という数は、「近郊まで含めて皆が関心を持って見に行きたいと思っている」といった比喩だったと思われます。また、実数としての100万人というレベルは現代でたとえると隅田川の花火大会と同じぐらいの人出になります。

 

 江戸時代の庶民の間では、遠目に大名行列を見物することが娯楽のひとつになっていたと言われていますが、ハリスの場合はそのレベルを超越しており、少なくとも庶民の間では時代が変わるかもしれないという期待感の異常なまでの高まりがあったと言えるでしょう。

 

 ただし、井上が語ったように当日は幕府が厳重な警戒を行ったため、実際の人出は、ハリス自身の計算によると、20万人弱でその多くが警護のための武士でした。

 

 とはいえ、もしもこの時代にテレビがあったなら、ご成婚やマラソンの時のように、ヘリを飛ばして上空から撮影したり、要所に何台ものをカメラを配置するなどの大々的な中継になっていたものと思われます。

 

  幕末を扱った小説やドラマではこの部分は全くと言っていいほど出てきませんが、実際にはそれくらいの歴史的な大イベントでした。このような異様な状況の中で日米交渉は始まったのです。

 

 

 

「質素と正直の黄金時代」から日米修好通商条約へ

 今回は、幕末に日米修好通商条約交渉にのぞんだタウンゼント・ハリスが書き残した日記『ハリス日本滞在記』を読みながら、幕末という時代にタイムスリップしていきましょう。

 

f:id:miyatohru:20170621202118j:plain

開国前夜の日本を「質素と正直の黄金時代」とみていたハリス。変わりゆく日本社会の行く末を個人的には案じつつ、米全権として日米修好通商条約交渉にのぞんだ

 

 ペリーによる開国から4年後、米国はタウンゼント・ハリスを総領事として日本に派遣、両国は日米修好通商条約を結ぶことになります。

 

 ペリーはまさに軍艦外交で日本の重い扉を無理矢理こじ開けましたが、ハリスは通商を始めとした人の交流を伴う具体的な内容の交渉となったこともあってか、窓口となった幕府にとどまらず、(ハリスから見れば)その後ろにいる様々な階層の意見を垣間見ることになりました。

 

 これまでの日本史では、この交渉は国内の大反対にあって板挟みになった幕府が対応に苦慮、幕末動乱の始まるきっかけになったと説明されてきました。

 

 しかし、ハリスの日記を読んでみると、必ずしも皆が皆、反対というわけではなかったことがわかります。むしろ誰が賛成して、誰が反対していたかを意識して読み解いていけば、事の本質が見えてきます。今回はそのあたり中心に見ていきましょう。

 

 ハリスは日記を遺しており、岩波文庫から上中下の3巻として出版されています(坂田精一訳)。上巻は日本に赴任するまで。中巻では下田に着いて、幕府と江戸出府へ向けた交渉をしていた頃。下巻では江戸滞在中の条約交渉の様子が書かれています。

 

 『ペリー提督日本遠征記』は以前、ご紹介したとおり、ペリー自身の日記をもとにしながらも、艦隊幹部たちからの記録の提出などをもとに歴史家のE.L.ホークスが編纂、最終的にペリーが監修する形でまとめられ、米議会に提出された「公式記録」ですが、こちらはあくまでハリスの私的な日記です。

 

 その分、なにげない日本人との会話や交流、またそこから得た個人的な私感などが書かれているのが特徴と言えます。

 

 

  さて、 安政4年(1857年)の暮れ、ハリスは下田から江戸へと出発します。陸路を使い、星条旗を先頭に350人もの「大名行列」だったと日記には記されています。

 

 川崎あたりまで来ると、見物人の数がかなりになってきたと記されています。それを見てのハリスの感想です。

 

 彼らは皆よく肥え、身なりもよく、幸福そうである。一見したところ、富者も貧者もない-これが恐らく人民の本当の幸福の姿というものだろう。私は時として、日本を開国して外国の影響をうけさせることが、果してこの人々の普遍的な幸福を増進する所以であるか、どうか、疑わしくなる。私は、質素と正直の黄金時代を、いずれの他の国におけるよりも、より多く日本において見出す。生命と財産の安全、全般の人々の質素と満足とは、現在の日本の顕著な姿であるように思われる。

 

  ハリスはもともと、彼の個人的な生き方や考え方もあるでしょうが、当時の日本人の質素な暮らしぶりに好感を持っていました。

 

 ちなみにハリスは家庭の経済事情から高等教育は受けていませんが、社会に出た後、独力で高い教養を身につけています。こうした生い立ちがあるためか、経済人として成功した後には、ニューヨーク市に無料で学べる高等教育機関の創設に尽力、これが現在のニューヨーク市立大学になっています。政治的には民主党員で、彼を日本総領事に任命したのは、第14代大統領のフランクリン・ピアーズ(民主党)でした。

 

 そんなハリスが下田での滞在中に接した日本人の暮らしぶりについては、具体的にこう述べています。

 

 私は、日本人のように飲食や衣服について、ほんとうに倹約で簡素な人間が、世界のどこにもあることを知らない。宝石は何人にも見うけられない。黄金は主として、彼らの刀剣の飾りに用いられている。(中略)着物の色は黒か灰色である。貴人のものだけが絹布で、その他すべての者の布は木綿である。日本人は至って欲望の少ない国民である。 

 

 これにはもちろん、江戸時代を通じて何度か、庶民の贅沢を禁じた奢侈禁止令が出されていた影響もあるでしょう。それにしても、当時の日本人が今とは比べものにならないくらい質素だったことは確かです。

 

  このような日本(人)を開国させて本当にいいのだろうか、といった疑念を頭のすみに置きながらの交渉だったことがわかります。

 

  開国とは、以前からこのブログで触れていますが、日本に産業革命の波が到達するということを意味していました。日本人の側はそのことに気づいていませんでしたが、米国側の人間は当時からそのことをかなり意識していたことが史料からは読み取れます。

 

 産業革命は人類に物質的な豊かさをもたらします。「質素と正直の黄金時代」とは、産業革命前夜の日本をとらえたハリスなりの名言と言えるかもしれません。

 

gootjapan.miyatohru.com