グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

アーネスト・サトウー幕末のスター外交官登場

 今回は幕末のスター外交官、アーネスト・サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』を読みながら、幕末も後半戦、激動の日本を見ていきましょう。

 

 

 『一外交官の見た明治維新』は、英国の外交官、アーネスト・サトウが、文久2年(1862年)夏に20歳を前に来日してから、明治2年(1869年)はじめに帰国するまでの7年余りの日本滞在中の回顧録。サトウ自身の解説によると、彼が英国公使としてタイのバンコックに滞在していた1885年から1887年の間に、当時つけていた日記を参考にしながら、書かれたものです。

 

 原書は1921年(大正10年)にロンドンで出版されていますが、戦前の日本では発禁扱いとなり、国内で正式に発行されたのは戦後になってから、1960年(昭和35年)のことでした。翻訳は、日米修好通商条約交渉に当たった米全権、タウンゼント・ハリスの日記『ハリス日本滞在記』(1953年、岩波書店刊)と同じく坂田精一氏。坂田氏は国立国会図書館で人文資料考査課長などを経た後、拓殖大学教授を務めた幕末外交史の専門家です(坂田先生、いい仕事しています)。

 

f:id:miyatohru:20171024180304j:plain

維新直後に帰国した頃のアーネスト・サトウ。彼の登場は時代の要請だった

 

 サトウの日本滞在は、薩摩藩士による英国人殺傷事件である生麦事件の起きる直前から明治維新直後までとなります。ちょうど英国が幕府を見限って、国内の諸勢力と直接交渉を始める時期に重なっており、語学に堪能で日本人と直接話ができ、かつ若くてフットワークの軽いサトウの登場は、まさに時代の要請でした。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

  歴史には、いいシナリオライターがいる--。そう思わざるをえないほど、このタイミングでのサトウの来日は絶妙でした。時代の波に押される形でサトウは一躍、スター外交官になっていきます。

 

 また、歴史史料として見れば、以前ご紹介した初代英国公使のラザフォード・オールコックによる『大君の都-幕末日本滞在記』が、彼が来日した安政6年(1859年)初夏から一時帰国した 文久2年(1862年)春までの日本に関する記述だったのに対し(1863年にはニューヨークで出版)、『一外交官の見た明治維新』は文久2年(1862年)夏から、明治2年(1869年)はじめまでの記述で、うまい具合に連続しており、当時の英国外交を知るには、この2冊は補完し合う関係にあります。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 さて、今回はそんなサトウの日本の初印象。サトウは上海から海路、横浜を目指してきました。横浜到着目前、当時の江戸湾に入ったところで彼が目にした風景。

 

 実に陽光燦々たる、日本晴れの一日であった。江戸湾を遡行する途中、これにまさる風景は世界のどこにもあるまいと思った。濃緑の森林をまとった形状区々たる小山が南岸一帯に連なっている。それを見おろすように、富士の秀麗な円錐峰が、残雪をわずかに見せながら1万2千フィート以上の高空にそびえていた。 

 

  この風景を見た直後、横浜に到着したサトウは、すぐに大事件に遭遇します。それが生麦事件でした。当時まだ10代だった若きサトウの日本での冒険物語はここから始まります。

 

歴史哲学-歴史を研究する前に歴史家を研究せよ

 『歴史とは何か』(E.H.カー著、清水幾太郎訳、岩波書店刊)を読んで歴史を哲学するシリーズ3回目。今回は、歴史家自身が「時代の子」であるいう視点から歴史を考えていきます。

 

 

 

 前回の、すべての歴史は「現代史」である、の中でもご説明しましたが、カーは歴史そのものだけでなく、書き手である歴史家の存在を重視しています。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

それゆえ、

 

 歴史を研究する前に、歴史家を研究してください

 

と言っています。

 

 さらには、一歩進めて

 

 歴史家を研究する前に、歴史家の歴史的および社会的環境を研究してください

 

とも言っています。

 

  カーがこう言うのも、歴史家はその生きた時代の影響を強く受けている、とみているからです。

 

 歴史家は一人の個人であります。それと同時に、他の多くの個人と同様、彼はまた一個の社会現象であって、彼の属する社会の産物であると同時に、その社会の意識的あるいは無意識的なスポークスマンであって、こういう資格において、彼は歴史的過去の事実に近づいて行くのです。

 

  歴史家は歴史の一部なのです。現に歴史家が立っている行列中の地点が、過去に対する彼の視角を決定するのです。

 

 そう言われてみて、改めて日本の歴史家を見てみると、たしかにそうした傾向が読み取れます。

 

 幕末史に限っても、服部之総、奈良本辰也、そしてこの時代を舞台とした多くの歴史小説を手がけた司馬遼太郎氏などなど--。私はいずれの方も高く評価していますが、やはり20世紀を生きた歴史家であって、昭和時代、戦前の軍国主義から戦後の高度成長という時代を、肯定的にとらえるにせよ、否定的にとらえるにせよ、その影響を強く受けていると言えます。

 

 それに気づかされると。そろそろ「21世紀の歴史家」の登場が待たれるところです。

 

歴史哲学-すべての歴史は「現代史」である

 引き続き、歴史哲学分野で名著と言われる『歴史とは何か』(E.H.カー著、清水幾太郎訳、岩波書店刊)の中から、歴史家の名言の数々を見ていきましょう。今回は、ベネディット・クローチェの言葉です。

 

 

 

 クローチェは1866年生まれのイタリア人。歴史学者、哲学者であるばかりではなく、戦間期には政治家でもありました。亡くなったのは、戦後まもなくの1952年。

 

 本書では、彼の有名な言葉を引用しています。すなわち

 

 すべての歴史は「現代史」である

 

 この言葉についての、カー自身による解説は次の通りです。

 

 もともと、歴史というのは現在の目を通して、現在の問題に照らして過去を見るところに成り立つものであり、歴史家の主たる仕事は記録することではなく、評価することである、歴史家が評価しないとしたら、どうして彼は何が記録に値するかを知り得るのか

 

 ここでカーが注目しているのは、歴史そのものではなく、それを書く「書き手」としての歴史家の側です。

 

 過去に存在する数え切れないほどの史実の海から、どの史実をピックアップしてきて、歴史というストーリーに仕上げていくかは、すべて歴史家の問題意識にかかっています。

 

 そしてその歴史家にとっての問題意識とは、実際に生きている現代によって生み出されるものです。

 

 こう考えていけば、すべての歴史は「現代史」である、ということになるわけです。

 

 こうした考え方については、私自身、歴史家とは別の視点からですが、よく理解できます。

 

 私の社会人としてのスタートは、雑誌社での記者でした。雑誌ですから事実を端的に伝える新聞社よりも長い文章を書くことになります。いくつかの事実をピックアップしてきて、一連のストーリーに仕上げていく作業をするわけです。

 

 そうすると、同じテーマでも担当する記者の問題意識によって、全く違った記事になるというのは、何も変わったことではなく、むしろ当然のことでした。まして記者が生きた時代が違えば、その傾向は強まるでしょう。 

 

  記者も歴史家も「書き手」であることに変わりはありません。そういう意味から、カーやクローチェの考え方が、私にはすーっと入ってくるのです。

 

『歴史とは何か』を読んで考える歴史哲学

 「歴史哲学」とはご存じでしょうか?。歴史とは何かを考える学問領域で、古くから歴史家の間で論争が起きてきました。

 

 芸のない説明で恐縮ですが、「哲学」というくらいですから、深入りすれば多くの説明を要し、簡潔にしようとすれば、これくらい簡単になってしまいます。

 

 今回のシリーズでは、この分野で名著と言われる『歴史とは何か』(E.H.カー著、清水幾太郎訳、岩波書店刊)の中から、歴史家の名言の数々を見ていきましょう。

 

 

 

 本書は1962年に初版が発行されて以来、2017年の時点で87刷まで記録しているのを見ればわかる通り、半世紀以上前に書かれた古い本ですが、全く古さを感じさせません。歴史家はもちろん、歴史を学ぶ学生さんたちにも必須の図書であることがわかります。

 

 著者のE.H.カーは、1892年生まれの英国人。ケンブリッジ大学を卒業後、戦前は外交官として活躍。第二次大戦に入る頃から大学に籍を移し、国際政治や歴史を研究、1982年に亡くなりました。

 

 本書は、母校のケンブリッジ大学で1961年に連続講演として話した内容をもとに一冊にまとめたものです。

 

 もともと学生さん向けに講義したものとはいえ、正直、かなり難解で、すべてを理解することはとてもできないでしょう。それでも、理解できる部分だけでもタメにはなると思います。

 

 本書でまず注目したいのが、翻訳を担当した清水幾太郎氏による「はしがき」です。清水氏は本文中でカーが繰り返し使っている

 

 歴史は、現在と過去との対話である

 

という言葉を引用し、これをもって、カーの歴史哲学を貫く精神である、としています。

 

 これには少し説明が要ります。清水氏の言を借りれば、

 

 過去は、過去ゆえに問題となるのではなく、私たちが生きる現在にとっての意味のゆえに問題となるのであり、他方、現在というものの意味は、孤立した現在においてではなく、過去との関係を通じて明らかになるものである。したがって、時々刻々、現在が未来に食い込むにつれて、過去はその姿を新しくし、その意味を変じて行く。

 

 つまり、カーの言う「歴史は、現在と過去との対話である」とは、歴史は時代とともに変わっていく、ということを意味しているのです。

 

 私はこれを読んで、冒頭からグッときてしまいました。

 

 私自身、これまで習ってきた歴史に違和感を感じ、自分で歴史を調べ直しながら、「もうそろそろ新しい歴史観に変えた方がいいんじゃないか」と感じ始めています。その成果を断片的にでもご紹介するというのがこのサイトを始めたきっかけです。

 

 しかし、普通に考えれば、過去は変わらないものです。

 

 「本当に歴史は変わるのだろうか」「変えていいんだろうか」--。そんな疑問に対する答えを探るべく、調べ始めたのが歴史哲学でした。

 

 そんな問題意識から出会った本書の冒頭でいきなり、カーや清水氏から「それでいいんだよ」と答えを言われたようで、びっくりするとともに、「やっぱり、そうだよね」と共感を覚えました。

 

  現在、歴史関連の本では、「新事実発掘」の文字が躍り、競争と言えるような状況にあります。それはそれでいつの時代も大切な作業だとは思います。ただ、今世紀に入り、時代が大きく変化してきました。「新事実」のレベルを超越した、新しい時代に合った「新史観」がそろそろ求められているような気がします。

 

歴史情報論-政局の動くところ毒殺説あり

 明治維新までの日本は、実に怪しげな社会だったと思います。権力者の犯罪をまともに裁くことができなかったからです。

 

 他人に罪をかぶせたり、毒殺したり、といったことが実はかなり行われ、しかもその事実が闇から闇へと葬られていたような気がします。表の史実からだけではわからない、後ろになにかある、というモヤモヤ感があるのです。

 

 歴史を語る場合、これはつらいところで、うわさはある、けれども確証がないといったグレーゾーンの話をどう扱うか-。となると、無難なところで、話を避けてきたということになってきたのだと思います。

 

 しかしだからと言って、これらをすべて避けていては、これはこれで当時の社会の実態には迫れません。そこで、歴史情報論です。確証がなくとも、情報は情報としてきちんと語るいった領域を設けておくべきです。

 

 毒殺説については、将軍や藩主が象徴化した江戸時代後半に増えているような気がします。とくに、幕末の徳川将軍家を見ると、12代家慶、13代家定、14代家茂、それぞれに毒殺説があります。

 

 いずれもその死とともに政局が大きく動いているので、毒殺説にもそれなりの説得力があります。

 

 ただ、中でも、さすがにこれは怪しいだろうと思われるのが、13代将軍、徳川家定を巡るうわさ。NHKの大河ドラマにもなった天璋院篤姫の夫です。

 

f:id:miyatohru:20171013191206j:plain

13代将軍、徳川家定。死因は、脚気の悪化ともコレラとも言われているが…

 

 「史実」では、子供もなく、病状の悪化していた家定の後継を巡って、水戸藩の徳川斉昭(一橋派)と大老の井伊直弼ら(南紀派)が争う中、家定自身が後継は南紀派の推す紀州藩の徳川家茂と決めた直後に急死。その後、斉昭ら一橋派が一斉に処分されます。安政5年夏のことでした。

 

 家定の死因は、脚気の悪化とされています。脚気は夏に悪化するようで、実際、脚気が原因で亡くなった14代将軍の家茂も、夏に亡くなっています。そう考えると、一応、理にはかなっています。(ただし、一説にはコレラだったとも言われています)

 

 しかし、当時の英国公使、ラザフォード・オールコックは、12代家慶、13代家定ともに毒殺されたと『大君の都-幕末日本滞在記』(岩波書店刊)に書き記しています。

 

 この本は、もともと維新前の1863年にニューヨークで出版されたものです。国内であれば発禁処分だったでしょうが、外国人が海外で発表したものなので、日の目を見ることができたのだと思います。

 

 さて、それによると、

 

 水戸候は、諸外国とのあいだに新たに樹立された関係に敵意をいだく強力な諸大名の一団のかしらとなって、ときの大君を毒殺して、そのあとをつごうと企てたのであった。

 

  さらにこの本の中では、それを察知した大老の井伊直弼が、殿中の将軍側近たちを取り調べ、斉昭派の者を自白させた上、斉昭自身にも謹慎を迫った、と事細かな説明が続きます。さらに、大老はこの件を逆手にとって、後継者には自分が推す南紀派の家茂を据えたというのです。そして、最後には、

 

 以上は、一般にうけいれられている記録によるものだが、これは大老の裏切り行為であり、背信であった。それがどのような復讐をうけたかは、のちほどわかるであろう。

 

と締めくくっており、この件が桜田門外の変につながったとみています。「一般にうけいれられている記録」が具体的にどのようなものだったか、ハッキリしませんが、当時の英国公使館の情報網を駆使して調べ上げた結果でしょう。

 

 また、別の資料にも毒殺説がみられます。明治の末に出版された『側面観幕末史』(桜木章著、啓成社のち東京大学出版会発行)です。本書は、幕末における、歴史の正書では扱われないようなうわさ話ばかりを集めた内容のものです。

 

 ここでは、「公方様の毒殺」として1章を割き、家定の死にまつわるうわさ話を書き記しています。個人名をあげて、家定の死の前後に側近が相次いで罷免されたり、御用部屋に遺書を貼り付けて自殺(抗議の切腹か)していることを指摘しています。担当の奥医師も処罰されました。具体的な名前まで示されると、うわさの現実味がかなり出てきます。

 

 よくよく考えてみれば、いくら大老とはいえ、御三家の前藩主を処罰するなどよほどのことがない限りできません。御三家は徳川幕府にとって特別な存在であり、一種の治外法権的な存在でした。

 

 一応、斉昭処罰の理由は将軍後継問題を巡り、無断で登城したということに史実でなっていますが、本来、この程度の問題で処罰できるような存在ではありません。オールコックが指摘している通り、斉昭が何の申し開きもできないような重大な事実を井伊大老側が握っていたと考える方が合点がいきます。

 

 うわさだからと言って、簡単には切り捨てられない話もあるのです