グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

歴史を脱・暗記科目化するために大学ができること

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。

 

 同研究会がこのような提言をした背景には、「歴史的思考力の育成」を掲げ、「歴史系科目=暗記科目」からの脱皮を図る、といった目的があります。しかし、これを実現するには用語の削減だけでは済まされない難しい問題が潜んでいるように思います。

 

 前回は、この問題について、歴史という学問の特性から、試験をするとどうしても暗記科目になりがちだという話をしました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 今回はさらに試験の中でも特別な試験である「入試」となると、さらにこの傾向が顕著になるといった話をしながら、それではどうすれば脱・暗記科目化が図れるのか、考えていきたいと思います。

 

f:id:miyatohru:20171118180712j:plain

高校生が大志を抱いて進学できるよう、大学は何ができるのか(北海道大学内の碑)

 

 同研究会が歴史用語が増え続けている大きな要因としてみているのが、大学入試です。同研究会の今回の提案の中には次のようにあります。「高等学校教科書および大学入試における歴史系用語精選の提案」(第一次)からの抜粋です。

 

高等学校における歴史系教科書の用語膨張の原因には、大学入試で細かい用語の暗記力を問う問題が出続けていることの影響も大きいわけで、用語の精選は教科書だけでなく、大学入試の出題用語の精選と並行して行う必要があることを意味しています。

 

 たしかにその通りだとは思います。ただ、大学の側からすれば、そうなるのもやむを得ないといった事情があるのだとも思います。そこを無視したままの議論をしても、いっこうに問題は解決しないでしょう。

 

 つまり、入試という、悪く言えば、ふるいにかけて多くの受験生を落とさなければならない試験において、得点に差を付けるとすれば、難問・奇問を出さざるを得ないといった事情です。みんなが高得点を出すような出題をするようでは、入試問題としては「不合格」と言えます。問題を考えた担当者の責任問題になります。

 

  また、最近では、そんな中でも、単なる暗記だけではない歴史的思考力をみるような出題が意識されているとも言われています。ただ、それにしても、限界があるように思います。歴史的思考力を問うような出題となると、記述式の解答が多くなると思いますが、そうなればなったで、今度は採点の公平性の問題が出てくるからです。

 

 私は大学の中の人間ではありませんから、試験の採点はもちろんしたことはありませんが、雑誌の編集者として外部の筆者の原稿を預かっていた経験はあります。そうすると、だいたいこの原稿はどれくらいの出来かという判断はできます。

 

 ただそれも、ABCDEの5段階評価ぐらいは適切にできると思いますが、これがたとえば具体的に81点なのか82点なのかと問われると、とてもそんな細かな採点はできません。ところが、入試は1点2点の勝負の世界ですから、そういった細かい部分が大切なんですよね。

 

 また、記述式を多用すると、採点者の主観がどうしても入ってくるので、この点からも採点の公平性といった問題が出てきます。

 

 このように、歴史的な思考力を問う出題をする、という話を進めれば、別の問題が出てくる可能性があります。

 

 それじゃ、ただこの問題を放置したままでいいのか、となってしまいますが、私には「ひとつこういう考え方もできるのではないか」と思っていることがあります。

 

 私が高校生だった頃、新聞のQ&Aコーナーで、ある受験生が「法学部なのに数学の試験があるのはなぜか」と質問しました。これに東北大学の法学部の先生が答えていたのですが、その回答は大体このような感じでした。

 

 「たしかに大学に入ってから、数式を扱うようなことはありません。しかし、法律の世界では論理的な思考が重視されます。それを問うために数学の試験を課しているのです」。

 

 「ああ、そういうことか」と当時の私は妙に納得したので覚えているのですが、文科系学部において数学の試験を課すということは、大学に入ってからも実際に数学を使う経済系以外では、論理的思考を問うためなのでしょう。

 

 と考えれば、思考力を問うといった場合に、これを何も歴史という科目の中で問おうとするのではなく、数学で代用すればいいじゃないかと言えます。数学なら、思考力を問いながら、採点の公平性も担保できます。

 

 と思って、東北大学で現在、どのような試験が課されているのかを調べてみると(前期試験、個別、以下すべて同様)、文科系全学部とも国数英3教科のみで社会はありません(加えて国立なのでもちろんセンター試験があって、そこでは社会と理科を含めた5教科を課しています)。

 

  ちなみに他の旧帝大と比較すると、東京大学と京都大学は文科系全学部共通で「3教科+社会」。そのほかの大学はまちまちですが、法経系では3教科のみ、文や外国語、教育系は「国英必須で数学か社会を選択」あるいは「3教科+社会」といったところが多いようです。

 

 私がこれを見て思ったのは、「東北大方式でいいんじゃないか」ということです。つまり、入試(個別試験)で歴史(社会)は課さず、思考力を問う部分は数学で代用する、といった考え方です。

 

 これまでみてきたように、難関校で「入試=ふるいにかける試験」をしようとすれば、定理・法則のない歴史(社会)はどうしても難問・奇問が多くなってしまいます。この状況が続けば、高校での歴史用語の増大に歯止めをかけるという提案もかけ声倒れになってしまいます。

 

 であるならば、大学の側としては、思い切って社会を入試科目から除外するといった措置を講じるのが、いいのではないでしょうか。もちろんこれは個別試験の話で、国立の場合、センター試験は必須ですから、そこで基礎的な部分について社会の試験が課されるというのは、従来通りで問題ないでしょう。(これくらいは暗記でもなんでもやりましょう)

 

 東北大学が、文科系学部なのに個別試験であえて社会を課さないというのも、ひとつの見識であると思います。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 

歴史が「暗記科目」から脱皮できない根の深い理由

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。

 

 同研究会がこのような提言をした背景には、「歴史的思考力の育成」を掲げ、「歴史系科目=暗記科目」からの脱皮を図る、といった目的があります。しかし、これを実現するには用語の削減だけでは済まされない難しい問題が潜んでいるように思います。

 

f:id:miyatohru:20171117174817j:plain

たしかに、現行の歴史教科書には用語がいっぱい!(写真中、線より下は用語解説)

 

 前回の、「歴史教科書から坂本龍馬が消える!?」を哲学する、に引き続いて、今回は、歴史という学問の特性からこの「難しい問題」を考えていきましょう。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 さて、高校で学ぶ基本5教科(国語、数学、英語、社会、理科)のうち、文科系、理科系を問わず基本となる国数英の3教科を除いた、社会と理科を比べて、どちらが暗記科目かと問われれば、ほとんどの方が社会と答えるでしょう。なぜでしょうか。ここでは「社会」をまず「歴史」と置き換えて、考えてみましょう。  

 

 そもそも歴史とは何でしょうか?。これを深掘りして考えるのが「歴史哲学」という学問領域です。この領域で名著とされるのが、そのタイトルもズバリの『歴史とは何か』(E.H.カー著、清水幾太郎訳、岩波書店刊)です。

 

 

 本書で筆者のカーは、「歴史は、現在と過去との対話である」という言葉を繰り返し使っています。

 

 これには少し説明が要ります。翻訳を担当した清水幾太郎氏の言を借りれば、

 

 過去は、過去ゆえに問題となるのではなく、私たちが生きる現在にとっての意味のゆえに問題となるのであり、他方、現在というものの意味は、孤立した現在においてではなく、過去との関係を通じて明らかになるものである。したがって、時々刻々、現在が未来に食い込むにつれて、過去はその姿を新しくし、その意味を変じて行く。

 

 つまり、カーの言う「歴史は、現在と過去との対話である」とは、歴史は時代とともに変わっていく、ということを意味しているのです。

 

 また、カーは「歴史を研究する前に歴史家を研究せよ」とも言っています。歴史はそれを書く歴史家の問題意識によって変化する、といった考え方からです。

 

 このような「歴史家の主観によって変化する」という特性を持つ歴史という学問を踏まえつつ、とくに理科系の物理や化学と比較しながら考えると、次のように言えるでしょう。

 

 歴史とは、定理・法則のない学問である 

 

 私自身は、歴史の中でもとくに経済分野において、しかも特定の時代に限れば、歴史の中に潜む法則性をみることができると考えています(これについては、いつか1冊の本にまとめたいと思っています)。ただ、全時代、全分野を通じて何らかの歴史の法則性を語ることはできないでしょう(しいて言うなら、「歴史上の人物に学ぶ人生訓」といったものはあると思いますが、これは学問とは別のものでしょう)。 

 

 このような、定理・法則のない、歴史という学問において、試験をしようとすれば、個々の事象についてひとつひとつたずねることとなり、ひいては知識の総量の勝負ということになってしまいます。

 

 定理・法則がないという観点に立てば、歴史だけでなく地理や公民を含めた全社会科に共通して言えることだと思います。そのため、その試験はどうしても知識の総量を問うことになりがちで、「社会科=暗記科目」となってしまうというわけです。

 

 私は、このようなブログをやっているくらいですから、本来、歴史はおもしろいものだと考えています。 しかし、こと「試験をする」ということになると、どうしても暗記科目になってしまうというある種の「宿命」を、歴史という学問は負っているのです。

 

  しかも、その試験が「入試」という特別なものとなれば、なおさらです。そこで次に、「受験科目としての歴史」の問題について考えていきたいと思います。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com

 

「歴史教科書から坂本龍馬が消える!?」を哲学する

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。この話は、このブログのテーマからすれば、少しイレギュラーではありますが、歴史を考える上では重要な話題です。今回は、この問題を「哲学」していきましょう。

 

f:id:miyatohru:20171115195233j:plain

教科書から坂本龍馬が消える!?。歴史ファンにとってやきもきするような話が、学界で検討されている

 

 まず、同研究会の提案理由をみていきましょう。「高等学校教科書および大学入試における歴史系用語精選の提案」(第一次)からの抜粋です。

 

 長年、高等学校の世界史・日本史教育では歴史的思考力の育成の重要性が指摘されてきたにも拘わらず、歴史系科目は「暗記科目」だという概念が生徒を始め多くの人の間に定着してきました。2006年(平成18年)秋に表面化した「世界史未履修問題」でも、世界史の「用語・事項」つまり固有名詞や年代が多数にのぼるため、暗記が大変と考えた生徒たちが、大学受験で世界史選択を敬遠したことが一因といわれています。

 

高等学校における歴史系教科書の用語膨張の原因には、大学入試で細かい用語の暗記力を問う問題が出続けていることの影響も大きいわけで、用語の精選は教科書だけでなく、大学入試の出題用語の精選と並行して行う必要があることを意味しています。

 

 これに対する私個人の意見ですが、研究の進展によってやみくもに新しい用語を増やすだけでなく、同時に重要度の薄れた用語を落とす作業、いわば「歴史用語の総量規制」のような概念の導入は必要だと思います。

 

 実際に現在、高校で利用されている日本史の教科書をチラチラ見ても、私が学生として見ていた昭和の時代のものと比較して用語が多く、その羅列感は半端ではありません。きっとこれだけを見て嫌になってしまう高校生も多いのだと思います。(高校での教科書採択率の高い山川出版社の『詳説日本史B』は、社会人でもネット書店で手に入ります。これを機に一度、見てみてください)

 

 

 ただ、ここで研究会が提言の主たる理由としてあげている「歴史系科目=暗記科目」からの脱皮を図るといった点では、総量規制を導入しただけでは、抜本的な対策とはならないともみています。

 

 実はこの問題、決して新しい問題ではありません。私自身、高校生であり受験生だった1980年代にも同じことが言われていたので、それ以前からの問題だったはずです。その後の用語の増減だけを理由に説明できる話ではありません。

 

 私自身のことを言えば、子供の時からの歴史ファンで、NHKの大河ドラマは小学生の時から欠かさず見ていたし、やはりNHKの歴史番組などもよく見ていました。司馬遼太郎さんをはじめとする歴史小説も中学、高校の頃には好んで読んでいました。

 

 にもかかわらず、受験科目としての日本史は選択しませんでした。「歴史は流れ(ストーリー)を理解するもの」と考えていた私にとって(今でもそう思っています)、当時の高校教育、あるいは大学入試における日本史が、「ただ細かな年号と事象を記憶するだけの科目」と思えたからです。勉強法としては、英単語の丸暗記と同じで、バカバカしくてやっていられない、という理由です。 

 

 実はそれが主たる理由で、文科系学部ながら入試科目に社会科がなかった慶應義塾大学の経済学部に進学しました。慶應の経済の入試科目は、当時も今(A方式)もそうですが、英語と数学と小論文のみで、他大学、学部とは少し違っています。これは、「入試科目から暗記部分を排して、徹底して論理的な思考力を問う」といった考え方なんでしょう。

 

 さて、このように私自身もかねてから問題だと思ってきた、「歴史系科目=暗記科目」となってしまっている問題ですが、これだけ長い間、問題とされながら、いっこうに改善の兆しが見えないということは、この問題の中にある種の「宿命」のようなものがあるということなのだと思います。

 

 とすれば、それを踏まえた上で、現実的な対応をしていかなければ、用語数を減らしたぐらいではこの問題は解決しない、ということです。

 

 では、そのある種の「宿命」とは何なのか。私は、歴史という学問の特性、そして入試という制約、このふたつの「宿命」が大きいとみています。このふたつの「宿命」を踏まえた上で、現実的な対応とは何なのか、考えていきたいと思います。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com

 

「下関戦争」の激震-飛び火する倒幕思想

 幕末当時を生きた人々の史料を読んでいると、下関戦争を契機として国内に倒幕思想が広まったことが伝わってきます。英国のスター外交官、アーネスト・サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』を読みながら、そのあたりの当時の空気感を感じていきましょう。

 

f:id:miyatohru:20171108190655j:plain

下関戦争直後に大阪で行われた西郷隆盛と勝海舟の会談。ここから西郷は倒幕思想を抱き始める

 

 前回は、下関海峡における4カ国連合艦隊による下関砲撃、いわゆる下関戦争によって、長州藩と英国との人的交流が生まれ、やがてそれが倒幕勢力の形成につながっていくというお話をしました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 さらに様々な史料を読んでいくと、直接的な英国と長州藩とのつながりだけではなく、この戦いを契機として同時期に倒幕思想が国内に「飛び火」していることが見えてきます。

 

 まず、それに先だって、アーネスト・サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』の中から興味深い逸話をご紹介しましょう。下関戦争開戦の責任を問われ、離日した英国公使、ラザフォード・オールコックの後任として、ハリー・パークスが来日した際の話です。

 

 ハリー卿は、長崎を通過の際、某々諸大名の代官たちの口から、近く内乱が起きるが、その目的は大君打倒にあるということを聞いた。

 

 

 パークスの来日は、下関戦争の翌年、1865年7月(慶応元年閏5月)。これは坂本龍馬らの周旋による薩長同盟締結の半年以上も前のことでした。驚くべき事に、この段階ですでに、西国雄藩の中では倒幕に向けての駆け引きが始まっていたということがわかります。言い換えると、こうした駆け引きの中から薩長同盟が生まれたということになります。

 

 では、その中でも長州とともに西国雄藩を代表する存在だった薩摩藩に、倒幕思想が生まれたのがいつかを考えてみましょう。

 

 これは有名な逸話が残されています。下関戦争直後の1864年10月(元治元年9月)、大阪における薩摩藩の実力者、西郷隆盛と幕臣、勝海舟との初対面となった会見です。

 

 ここで勝は、西郷に対し、「今は国内で争うときではない。幕府はもはや天下を統一する力がないから、むしろ雄藩の尽力で国政を動かし、幕府第一主義の奸臣らに一撃を加えて局面を打開し、共和政治(大名会議)をおこなうべし」と、『日本の歴史19開国と攘夷』(小西四郎著、中央公論新社発行、1974年刊)よると、述べたとされます。

 

  この会合は、西郷に初めて倒幕思想が芽生えたとされる日本史上の一大転機だったのですが(ひいては薩摩藩全体に倒幕思想が広がった)、ここでの問題は勝が何を見てそう思い、西郷にこの話をしたかという部分です。

 

 もちろん、開国以来のもろもろの出来事すべての結果ということなのでしょうが、端的に言えば、この会談が行われる直前に相次いで起きた禁門の変(蛤御門の変とも)と下関戦争、とくに私は下関戦争が大きかったと思います。

 

 ちなみに禁門の変とは、政変によって京都から追放されていた長州藩が失地回復を図って京都に攻め込み、逆に会津・桑名連合軍に撃退され、藩内攘夷派の多くが命を落とす結果となった事件です。

 

 このふたつの戦いによって、長年、幕府の目の上のたんこぶ的存在だった長州藩は徹底的に打ちのめされ、一時的あるいは相対的に幕府の権威が復権したかのような感がありました。さらに幕府はこの機に乗じて長州征伐を開始しようとします。

 

 こうした情勢下で行われたのが、勝-西郷の会談でした。勝にすれば、幕府はどこを見て戦をしているんだといった不満があったのだと思います。これは勝だけでなく、下関戦争の際、静観していた幕府の対応を批判する声(それが日本を代表する政府のやることかという批判)がありました。

 

 下関戦争で同じ日本人として長州を擁護、あるいは日本を代表する政府として諸外国との間に立って仲介の労をとろうともしなかった(できなかった、さらに言えば、この際、諸外国に長州を叩いてもらおうとさえ考えていた)幕府に対して、「もはやこの国の将来は託せない」と愛想を尽かす人間たちが出てきたというのも無理はありません。 ここから倒幕思想が広まっていった、その契機になったのが、下関戦争でした。

 

 これだけ日本の方向を決める重要な事件だった下関戦争ですが、残念ながら、これまで(20世紀)の幕末史では、それほど重要視されてこなかったように思います。たしかにこの事件の前後には、先にご説明した禁門の変、さらに第一次長州征伐など国内の大事件が重なっており、それらの間に紛れてしまって、どこかオマケで説明されている感があります。ドラマ的にも、禁門の変の方がまさにドラマチックで盛り上がります(皆さんの中もそちらのイメージの方が強いでしょう)。

 

 こうした事情から、全般的に国内政局中心の史観が強く出てしまっている気がします。ただ、当時を生きた人々の考えを追っていくと、対外戦となった下関戦争は大きな転換点だったことが伝わってきます。もっと国際的な史観を入れてバランスをとった方がしっくりくるように思います。

 

「下関戦争」から始まった倒幕の萌芽

 下関戦争の前後から、英国と長州藩の直接的な人的接触が始まります。相互に腹を割って話す中で、両者は幕府に対する不信感を共有するまでになり、これが倒幕へとつながっていきます。英国のスター外交官、アーネスト・サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』を読みながら、その過程を見ていきましょう。

 

f:id:miyatohru:20171106181450j:plain

幕末、英国に留学した長州藩士の5人(長州五傑)。このうち、伊藤俊輔(後列右)と井上聞多(前列左)は、英国との開戦のうわさを聞いて、急遽、帰国した

 

 英国が長州への砲撃(下関戦争)準備を進めていた頃、英国公使のラザフォード・オールコックとその下にいたサトウのもとに、ふたり長州人が飛び込んできました。サトウの回顧録には、次のようにあります。 

 

 不思議な偶然の一致であるが、その時ちょうど、長州から洋行していた若侍五名の一行中、その二名が外国から帰朝したばかりのところだった。(中略)その名前は伊藤俊輔(訳注:後、博文)と井上聞多(訳注:後、馨)。この二人は、煉瓦塀に自分の頭をぶつけるのは無益だということを藩の同志に警告しようと、知識を身につけて、日本に帰ってきたのであった。

 

 

 ちなみに、このふたり、実は文久2年(1863年)12月に起きた英国公使館焼き討ち事件に参加した「犯人」でもありました。そのふたりが英国留学を経て、考え方を180度転換して帰国。長州と英国との間を取り持つ和平の使者を買って出たのです。

 

 英国は英国で、当初は幕府を中央政府として信任し、地方政府である藩と直接接触することを控えていた感がありましたが、江戸の公使館が襲われた東禅寺事件の後から幕府に対する信頼感を失い、生麦事件以降は幕府の頭ごなしに藩と直接接触するようになっていました。

 

 お互い少し前までは水と油のような関係で、決して交わることはなかったでしょう。しかしここで、両者の時計の針がちょうど合ったのです。本当に調べれば調べるほど、歴史の裏にはいいシナリオライターがいます。

 

 さて、オールコックはこのふたりを見込んで、藩主宛の密書を手渡します。

 

 後日、彼らは藩主の意向を伝えに戻ってきました。オールコックへの報告後、サトウと伊藤、井上は、「後刻打ち解けて話し合った」と言います。彼らは年も近く、またお互い片言のレベルであっても、直接、話し合えたのでしょう。そこでの話が次のようなものでした。

 

 彼らはまた、外国の代表は大君を見限って大阪へ行き、直接天皇と条約を結ぶために、天皇の大臣たちと会見するのが一番の上策であろうと言った。そして、きわめて痛烈に大君の政治を非難し、幕府が長崎とか新潟とかの、商業の発達しそうな場所をことごとく専有して、内外の交易を全部独占していることを責め、国民の大部分もこれと同じ考えであると言った。

 

 サトウには、話の中身もさることながら、一般の日本人の考えに直接触れることができたことが、よほど新鮮だったのでしょう。こうも記しています。

 

 これは、私が反大君派の人間と腹蔵なく充分に話し合った最初であった。

 

 極めて当たり前な話ですが、人間、腹を割って話して、お互いの誤解が解ければ、仲良くできるものです。  

 

  長州人を破ってからは、われわれは長州人が好きになっていたのだ。また、長州人を尊敬する念も起きていたが、大君の家臣たちは弱い上に、行為に表裏があるので、われわれの心に嫌悪の情が起きはじめていたのだ。

 

  難しい外交の舞台であっても、人間同士の信頼関係が大切であることがわかります。こうした信頼関係をベースとして、倒幕勢力が形成されていきます。