グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

坂本龍馬が今後も教科書に残る可能性

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。

 

 では、これで本当に坂本龍馬が教科書から消えてしまうのでしょうか。今回は、現実に龍馬の名が教科書から消えることの影響、そして復活の可能性について見ていきましょう。

 

f:id:miyatohru:20171125112401j:plain

龍馬はこれで本当に教科書から消えてしまうのか!、復活の可能性は?

 

 その議論を始める前にまず、現行の教科書では坂本龍馬について実際にどのような表記がされているのか、知る必要があります。高校での教科書採択率の高い山川出版社の『詳説日本史B』2017年版から、龍馬に関する記述部分を抜粋すると、

 

 

1866(慶応2)年には、土佐藩出身の坂本龍馬・中岡慎太郎らの仲介で薩摩藩は長州藩との軍事同盟の密約を結び(薩長連合、または薩長同盟)、反幕府の態度を固めた。 

 

これに対し土佐藩はあくまで公武合体の立場をとり、藩士の後藤象二郎と坂本龍馬とが前藩主の山内豊信(容堂)を通じて将軍徳川慶喜に、討幕派の機先を制して政権の返還を勧めた。 

 

と2カ所に具体的な表記があります。

 

 たったの2カ所、幕末という時代の限られたページの中ですが、政局にからんでる感は充分に出ているような気がします。

 

 こういった表記が完全になくなると、どうなってしまうのでしょうか。歴史に詳しい方であれば、教科書に載っていようがいまいが、自らの価値判断を持てるのでしょうが、普通の方の場合、やはり「教科書落ち」ということで、歴史上の人物の序列上、二流感を感じてしまうのかな、という気がします。

 

 こう考えてくると、危うし、龍馬ブランド! と思ってしまいますが、ちょっと待ってください!。

 

 引用した2カ所をよくよく見てみると、薩長連合が太字表記なのに対し、坂本龍馬の名前部分はいずれも太字ではありません。参照した山川の教科書には、太字表記の意味が明記されていませんが、おそらくこれが「覚えるべき歴史用語」なのだと思います。

 

 太字表記でなければ、実は結構、幕末でも多くの人物名が登場します。これは「覚えるべき歴史用語」扱いではないものの、「便宜上、あった方が説明しやすい」といった教科書執筆者個々の判断からでしょう。

 

 今回の用語削減の提言の中でも、「薩長連合」については存続の方向が打ち出されています。とすれば、その説明の便宜上、坂本龍馬の名が残ることは充分に考えられます(ただし、太字表記ではありませんが、もうすでに山川の教科書で坂本龍馬の表記は太字ではありません)。

 

 実は今回、このような提言が出てきた背景には、文部科学省が2022年をめどに、小中高すべての科目で「主体的で対話的な深い学び(アクティブラーニング)」の導入を目指していることがあります。高校の歴史教科書もこの流れの中で抜本的な見直しを迫られています。

 

 こう考えれば、今回の提言が実施に移される可能性は高いと言えます。ただ、坂本龍馬の名前については、今後は「覚えるべき歴史用語」扱いではなくなるものの、「説明の便宜上」という教科書執筆者個々の判断により、これまで通り残る可能性が高いのではないでしょうか。

 

 生死の境をさまよいながらも、しぶとく生き残る-。というのも、この人らしくていいのかもしれません。 

 

 

まとめ:歴史を暗記科目から脱皮させるために

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。

 

 同研究会がこのような提言をした背景には、「歴史的思考力の育成」を掲げ、「歴史系科目=暗記科目」からの脱皮を図る、といった目的があります。

 

f:id:miyatohru:20171120181555j:plain

(photo by PAKUTASO、モデル:河村友歌)

 

 しかし、これを実現するには用語の削減だけでは済まされない難しい問題が潜んでいるとして、本ブログでは、これまで3回に渡ってこの問題を考えてきました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 今回は、そのまとめ的提言です。

 

 

 ●旧帝大は率先して個別試験から歴史を除外する(=東北大方式)

 

  難関校で入試=ふるいにかける試験を課そうとすれば、しかも定理・法則のない歴史の場合、どうしても難問・奇問が出てきてしまう。それでは、いっこうに歴史用語の膨張傾向に歯止めがかけられない。そこで、東北大学文科系全学部がすでに実践しているように、旧帝大などの主要大学は率先して個別試験で歴史(社会)を課すのを止める。ただし、基礎的学力を問うセンター試験については現行通りに実施する。

 また、近年、歴史的思考力を問おうとする傾向もあるが、これを進めると、採点の公平性の問題が出てくる可能性があるので、思考力については、無理に歴史で問おうとするのではなく、数学で代用する。

 これらにより、歴史を入試の呪縛から解放、教育現場の自由度を高める。

 

 ●高校教科書の用語に「総量規制」を導入する

 

 新規に歴史用語を採用する場合は、同時に重要度の薄れた用語を落とす作業をして、その総量をコントロールする(=総量規制)。

 場合によっては、時代別に用語の配分に差を付けるといった発想を採り入れるといったことも考えられる。たとえば、現代に近づくにつれて、より多めに配分するようにすれば、古代史はおおまかな流れを、近代史はより細かな事実関係を、学ぶ形になる(=傾斜配分方式)。

 

 ●教育者以外を交えて高校向け新カリキュラムの開発に取り組む

 

  大学入試という呪縛から歴史を開放、自由度を高めた上で、歴史的思考力を育む新カリキュラムを開発する。その際、NHKの歴史系番組制作経験者など外部識者を交え、これまでにない発想の導入に努める(=新カリキュラム開発モデル事業)。

 また、自ら主体的に歴史を調べるということが、歴史的思考力を育むのに極めて適していることから、ファミリーヒストリー調査演習のカリキュラム化を検討する(=歴史のアクティブラーニング化)。ファミリーヒストリー調査は自ら歴史にアクセスしていく必要があり、また自分で考えていかなくてはならない(暗記に頼れない歴史)。その過程で背景にある歴史(社会史)も学ぶ必要がある。

 

 

 以上、民間研究者の拙論にて、失礼いたしました!。

 

龍馬以外にも教科書から消えそうな人物-幕末編

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。

 

 実はニュースになった坂本龍馬以外にも、「えーっ」と思うような有名人が教科書から消える可能性があります。今回は、とくに幕末について、具体的に誰が残って、誰が消えそうか、見ていきましょう。

 

f:id:miyatohru:20171119183147j:plain

龍馬以外にも教科書から消えそうな人物がこの中にいる。えっ、全員!?

 

 同研究会では今回、ただ用語の削減を総論として提案するばかりではなく、どの用語を残すか具体的な提言までしています。そこで、坂本龍馬の名前がない、ということで話題になったわけですが、龍馬以外にも結構な歴史上の有名人まで教科書から消えようとしています。

 

 具体的に見ていきましょう。同研究会の「高等学校教科書および大学入試における歴史系用語精選の提案」(第一次)には「用語精選案」として具体的な用語があげられています。その中で、幕末に当たる「幕藩体制の崩壊」の項目から、人物名のみピックアップすると、以下のようになります。

 

 ペリー、ハリス、プチャーチン、孝明天皇、徳川家茂、徳川慶喜、井伊直弼、勝海舟、和宮、明治天皇

 

 たったの10人です。たしかに坂本龍馬の名前はありません。

 

 と、歴史ファンの皆さんの中には、ほかにも、あることに気づいた方もいらっしゃるでしょう。

 

 そうです、西郷さんがいない!。

 

 実際には、西郷隆盛は明治に入ってから、征韓論との関連で名前が出ているので、完全に教科書から消えるというわけではないのですが、この提案がそのまま通れば、幕末部分の記述からは消える可能性があります。

 

 完全に消えるわけではないということで、今回、あまりニュースにはなっていませんが、西郷さんのファンからすれば幕末の活躍をイメージされる方が多いでしょう。実は龍馬同様、西郷さんも危機にあるわけです。

 

 このほかにも、現行の教科書(高校での教科書採択率の高い山川出版社の『詳説日本史B』2017年版)にあって(太字表記)、精選案にない人物をあげると、

 

 

 ビッドル、阿部正弘、堀田正睦、徳川家定、三条実美、西郷隆盛、大久保利通、高杉晋作、桂小五郎、岩倉具視

 

がいます。ただし、西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎(=木戸孝允)、岩倉具視については、明治初期に表記されるよう提案されています。

 

 とすると、高杉晋作も龍馬同様、完全に消えることになります。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

歴史を脱・暗記科目化するために大学ができること

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。

 

 同研究会がこのような提言をした背景には、「歴史的思考力の育成」を掲げ、「歴史系科目=暗記科目」からの脱皮を図る、といった目的があります。しかし、これを実現するには用語の削減だけでは済まされない難しい問題が潜んでいるように思います。

 

 前回は、この問題について、歴史という学問の特性から、試験をするとどうしても暗記科目になりがちだという話をしました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 今回はさらに試験の中でも特別な試験である「入試」となると、さらにこの傾向が顕著になるといった話をしながら、それではどうすれば脱・暗記科目化が図れるのか、考えていきたいと思います。

 

f:id:miyatohru:20171118180712j:plain

高校生が大志を抱いて進学できるよう、大学は何ができるのか(北海道大学内の碑)

 

 同研究会が歴史用語が増え続けている大きな要因としてみているのが、大学入試です。同研究会の今回の提案の中には次のようにあります。「高等学校教科書および大学入試における歴史系用語精選の提案」(第一次)からの抜粋です。

 

高等学校における歴史系教科書の用語膨張の原因には、大学入試で細かい用語の暗記力を問う問題が出続けていることの影響も大きいわけで、用語の精選は教科書だけでなく、大学入試の出題用語の精選と並行して行う必要があることを意味しています。

 

 たしかにその通りだとは思います。ただ、大学の側からすれば、そうなるのもやむを得ないといった事情があるのだとも思います。そこを無視したままの議論をしても、いっこうに問題は解決しないでしょう。

 

 つまり、入試という、悪く言えば、ふるいにかけて多くの受験生を落とさなければならない試験において、得点に差を付けるとすれば、難問・奇問を出さざるを得ないといった事情です。みんなが高得点を出すような出題をするようでは、入試問題としては「不合格」と言えます。問題を考えた担当者の責任問題になります。

 

  また、最近では、そんな中でも、単なる暗記だけではない歴史的思考力をみるような出題が意識されているとも言われています。ただ、それにしても、限界があるように思います。歴史的思考力を問うような出題となると、記述式の解答が多くなると思いますが、そうなればなったで、今度は採点の公平性の問題が出てくるからです。

 

 私は大学の中の人間ではありませんから、試験の採点はもちろんしたことはありませんが、雑誌の編集者として外部の筆者の原稿を預かっていた経験はあります。そうすると、だいたいこの原稿はどれくらいの出来かという判断はできます。

 

 ただそれも、ABCDEの5段階評価ぐらいは適切にできると思いますが、これがたとえば具体的に81点なのか82点なのかと問われると、とてもそんな細かな採点はできません。ところが、入試は1点2点の勝負の世界ですから、そういった細かい部分が大切なんですよね。

 

 また、記述式を多用すると、採点者の主観がどうしても入ってくるので、この点からも採点の公平性といった問題が出てきます。

 

 このように、歴史的な思考力を問う出題をする、という話を進めれば、別の問題が出てくる可能性があります。

 

 それじゃ、ただこの問題を放置したままでいいのか、となってしまいますが、私には「ひとつこういう考え方もできるのではないか」と思っていることがあります。

 

 私が高校生だった頃、新聞のQ&Aコーナーで、ある受験生が「法学部なのに数学の試験があるのはなぜか」と質問しました。これに東北大学の法学部の先生が答えていたのですが、その回答は大体このような感じでした。

 

 「たしかに大学に入ってから、数式を扱うようなことはありません。しかし、法律の世界では論理的な思考が重視されます。それを問うために数学の試験を課しているのです」。

 

 「ああ、そういうことか」と当時の私は妙に納得したので覚えているのですが、文科系学部において数学の試験を課すということは、大学に入ってからも実際に数学を使う経済系以外では、論理的思考を問うためなのでしょう。

 

 と考えれば、思考力を問うといった場合に、これを何も歴史という科目の中で問おうとするのではなく、数学で代用すればいいじゃないかと言えます。数学なら、思考力を問いながら、採点の公平性も担保できます。

 

 と思って、東北大学で現在、どのような試験が課されているのかを調べてみると(前期試験、個別、以下すべて同様)、文科系全学部とも国数英3教科のみで社会はありません(加えて国立なのでもちろんセンター試験があって、そこでは社会と理科を含めた5教科を課しています)。

 

  ちなみに他の旧帝大と比較すると、東京大学と京都大学は文科系全学部共通で「3教科+社会」。そのほかの大学はまちまちですが、法経系では3教科のみ、文や外国語、教育系は「国英必須で数学か社会を選択」あるいは「3教科+社会」といったところが多いようです。

 

 私がこれを見て思ったのは、「東北大方式でいいんじゃないか」ということです。つまり、入試(個別試験)で歴史(社会)は課さず、思考力を問う部分は数学で代用する、といった考え方です。

 

 これまでみてきたように、難関校で「入試=ふるいにかける試験」をしようとすれば、定理・法則のない歴史(社会)はどうしても難問・奇問が多くなってしまいます。この状況が続けば、高校での歴史用語の増大に歯止めをかけるという提案もかけ声倒れになってしまいます。

 

 であるならば、大学の側としては、思い切って社会を入試科目から除外するといった措置を講じるのが、いいのではないでしょうか。もちろんこれは個別試験の話で、国立の場合、センター試験は必須ですから、そこで基礎的な部分について社会の試験が課されるというのは、従来通りで問題ないでしょう。(これくらいは暗記でもなんでもやりましょう)

 

 東北大学が、文科系学部なのに個別試験であえて社会を課さないというのも、ひとつの見識であると思います。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 

歴史が「暗記科目」から脱皮できない根の深い理由

 近い将来、高校の歴史教科書から坂本龍馬の名が消えるかもしれない-。そんなニュースが流れ、世間を騒がせました。高校と大学の歴史教育者で作る「高大連携歴史教育研究会」が、教科書の用語数を削減しようという提言をしたためです。

 

 同研究会がこのような提言をした背景には、「歴史的思考力の育成」を掲げ、「歴史系科目=暗記科目」からの脱皮を図る、といった目的があります。しかし、これを実現するには用語の削減だけでは済まされない難しい問題が潜んでいるように思います。

 

f:id:miyatohru:20171117174817j:plain

たしかに、現行の歴史教科書には用語がいっぱい!(写真中、線より下は用語解説)

 

 前回の、「歴史教科書から坂本龍馬が消える!?」を哲学する、に引き続いて、今回は、歴史という学問の特性からこの「難しい問題」を考えていきましょう。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 さて、高校で学ぶ基本5教科(国語、数学、英語、社会、理科)のうち、文科系、理科系を問わず基本となる国数英の3教科を除いた、社会と理科を比べて、どちらが暗記科目かと問われれば、ほとんどの方が社会と答えるでしょう。なぜでしょうか。ここでは「社会」をまず「歴史」と置き換えて、考えてみましょう。  

 

 そもそも歴史とは何でしょうか?。これを深掘りして考えるのが「歴史哲学」という学問領域です。この領域で名著とされるのが、そのタイトルもズバリの『歴史とは何か』(E.H.カー著、清水幾太郎訳、岩波書店刊)です。

 

 

 本書で筆者のカーは、「歴史は、現在と過去との対話である」という言葉を繰り返し使っています。

 

 これには少し説明が要ります。翻訳を担当した清水幾太郎氏の言を借りれば、

 

 過去は、過去ゆえに問題となるのではなく、私たちが生きる現在にとっての意味のゆえに問題となるのであり、他方、現在というものの意味は、孤立した現在においてではなく、過去との関係を通じて明らかになるものである。したがって、時々刻々、現在が未来に食い込むにつれて、過去はその姿を新しくし、その意味を変じて行く。

 

 つまり、カーの言う「歴史は、現在と過去との対話である」とは、歴史は時代とともに変わっていく、ということを意味しているのです。

 

 また、カーは「歴史を研究する前に歴史家を研究せよ」とも言っています。歴史はそれを書く歴史家の問題意識によって変化する、といった考え方からです。

 

 このような「歴史家の主観によって変化する」という特性を持つ歴史という学問を踏まえつつ、とくに理科系の物理や化学と比較しながら考えると、次のように言えるでしょう。

 

 歴史とは、定理・法則のない学問である 

 

 私自身は、歴史の中でもとくに経済分野において、しかも特定の時代に限れば、歴史の中に潜む法則性をみることができると考えています(これについては、いつか1冊の本にまとめたいと思っています)。ただ、全時代、全分野を通じて何らかの歴史の法則性を語ることはできないでしょう(しいて言うなら、「歴史上の人物に学ぶ人生訓」といったものはあると思いますが、これは学問とは別のものでしょう)。 

 

 このような、定理・法則のない、歴史という学問において、試験をしようとすれば、個々の事象についてひとつひとつたずねることとなり、ひいては知識の総量の勝負ということになってしまいます。

 

 定理・法則がないという観点に立てば、歴史だけでなく地理や公民を含めた全社会科に共通して言えることだと思います。そのため、その試験はどうしても知識の総量を問うことになりがちで、「社会科=暗記科目」となってしまうというわけです。

 

 私は、このようなブログをやっているくらいですから、本来、歴史はおもしろいものだと考えています。 しかし、こと「試験をする」ということになると、どうしても暗記科目になってしまうというある種の「宿命」を、歴史という学問は負っているのです。

 

  しかも、その試験が「入試」という特別なものとなれば、なおさらです。そこで次に、「受験科目としての歴史」の問題について考えていきたいと思います。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

gootjapan.miyatohru.com