グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

パークス襲撃事件-英国から見た「最後の攘夷」

 王政復古の大号令直後の1868年2月(慶応4年1月)、新政府は国際法に基づく外交を行うことを宣言、天皇が英仏など各国公使に謁見することとなりました。3月23日には英国公使ハリー・パークスが謁見のため御所に向かいますが、途中、攘夷志士に襲われます。

 

 後に「パークス襲撃事件」と呼ばれるこの一件は、「最後の攘夷事件」と位置づけられることになりました。パークスに随行していた外交官アルジャーノン・ミットフォードの回顧録『英国外交官の見た幕末維新』には、この時の状況が詳細に記されています。英国側から見たこの事件のてん末を見ていきましょう。

 

 

後藤象二郎と中井弘蔵の奮戦

 

  謁見当日の昼過ぎ、英国公使の行列は宿舎となっていた知恩院を出発します。行列は以下のような大人数でした。

 

 列の一番最初は公使館の騎馬護衛隊で、ピーコック警部が指揮していた。彼らはロンドン警視庁から来た精鋭の士で、槍を持って着飾り、見た目に華やかな小部隊であった。次にパークス公使が馬に乗って、サトウと二人の高官、すなわち後藤象二郎と中井弘蔵がその後に続いた。その次が第九連隊の護衛隊で指揮官はブラッドショー中尉とブルース中尉(原注=後のエイルズベリー侯爵)であった。私の馬は運悪く片足をひどく痛めていたので、私だけは駕籠に乗ってその後に続いた。私の後には約千五百人から二千人くらいの日本人の兵士が護衛として従った。

 

 しかし、出発してすぐに事件が起こります。

 

 寺の門に面したまっすぐな道路を我々の行列は何の妨害もうけずに進んでいったが、列の先頭が居酒屋や芸者置屋の多い新橋通りの角を曲がろうとした時、抜き身の刀を手にした二人の浪人者が飛び出して来て、怒りに狂ったように行列に切りかかった。通りは非常に狭かったので、護衛兵の槍は家の軒先に邪魔されて役に立たなかった。

 

 先頭にいた騎馬護衛隊が混乱する中、隊列の中にいた日本人ふたり、後藤象二郎と中井弘蔵は渦中に飛び込み、奮戦します。

 

f:id:miyatohru:20180104190151j:plain

後藤象二郎と中井弘蔵(右、弘とも)の奮戦でパークスは無事だった

 

 中井弘蔵が馬から飛び下りて、刀を抜いて敵の一人と渡り合ったが、長袴に足をとられてつまずいたところを、敵が力いっぱいの死にもの狂いの勢いで、頭上目がけて振り下ろした一撃を受けたが、危ういところで何とかそれをかわすことができた。

 

 パークス公使と一緒にいた後藤象二郎は、この時まだ角を曲がりきっていなかったが、馬が戻って来たり、前方が騒がしくなったので、異変が起きた起こったことに気づいて、急いで馬から下りて前のほうへ中井の救援に駆けつけた。彼らは敵と激しく戦って、ついに悪党の一人を切り伏せ、中井が飛び起きて、彼の首を切り落とした。 

 

  土佐藩出身の後藤象二郎については、大政奉還の立役者のひとりですから、皆さんもご存じでしょうが、中井弘蔵については説明がいるでしょう。

 

 中井は、本書では弘蔵となっていますが、弘とも言います。もともとは薩摩藩士でしたが、早くに脱藩。土佐の坂本龍馬や後藤象二郎と知り合い、彼らの支援もあって英国へ留学します。維新後は新政府で外国事務各国公使応接掛となった後、滋賀県知事や京都府知事を務めました。

 

 ちなみに中井は後世、ある話題を提供します。彼が残した元勲などのアルバムの中に立ち姿の若い女性の写真が一枚あり、彼が生前の坂本龍馬とも縁のある人だったことから、これが龍馬の妻、お龍さんではないかと歴史ファンの間で話題となりました。十分に考えられる話ですが、真偽については意見が分かれているようです。

 

「外交上の大事件」を不問にした英国

 

 さて、結局、この事件は、犯人ふたりのうち、朱雀操はその場で斬られ即死。もうひとりの三枝蓊は捕らえられ、後に斬首となりました。一方の英国側は負傷者10名ほどで、死者なし。パークスは無傷でした。

 

 事件直後、パークスはミットフォードに「これは外交上の大事件だね」と語ったようですが、実際には英国側はこの件を不問にしました。英国公使を直接襲撃したという事実だけを見れば、英国公使館が襲撃されて大問題となった東禅寺事件と同等の事件なのですが、幕府と新政府ではまるで対応が違っていたからです。

 

 事件後すぐに新政府(朝廷)からは謝罪の使者が来て、誠意ある対応をとります。

 

 彼らは十分に補償することを申し出て、負傷者には賠償金を払うこと、そしてもし不幸にして死んだら家族に補償する意向を示した。それらの言葉は、このうえなく丁寧で、あらゆる意味で申し分のない立派なものだった。幕府との交渉に比べると、目立って対照的であった。パークス公使は、何ら不平を申し立てず、賠償の要求もしなかった。新政府のとった行動は、自発的な立派な措置であった。数ヶ月前の口論とおどかしで何とか物事を進めるやり方と縁が切れたのは全く有り難いことだった。 

 

  さらに、

 

 天皇の新政府は、これらすべての狂信的行為を根絶する準備を進めていると宣言した。その宣言によれば、これまで狂信者たちが英雄的行為と考えてきた外国人を殺害したり、侮辱したりする行為は、恥ずべき邪悪な犯罪であって、そのような罪を犯した者は刀を取り上げて士族の籍を抹消し、腹切りの特権を与えることなく重罪犯人として処刑し、処刑後はその首を刑場に晒しものにするという布告を公にすべく準備しているとのことだった。

 

 実際、この事件の犯人ふたりは士分を失った末に、さらし首となりました。

 

 こうした措置により、以降、攘夷事件はなくなり、士族の不満はもっぱら新政府へと向かいます(結果として、不平士族の乱へ)。

 

攘夷とは何だったのか

 

 最後に、攘夷とは何だったのか考えさせられる話をご紹介しましょう。ミットフォードは捕らえられた三枝蓊に食事を差し入れするなど接触を試みます。

 

 しばらくするうちに、彼は非常におとなしくなって、打ち解けるようになった。自分を殺そうとした男と話をするというのは奇妙な感じがするものだ。哀れな男はたいへん感謝して、外国人がこんなに親切な人間だと知っていたら、あのような企ては決して実行しなかっただろうし、そのことについて深く後悔していると、何度も繰り返した。彼は今こんなに親切な世話を受けて、全く恥ずかしい気がすると言った。

 

  なお、この事件について、犯人の朱雀操と三枝蓊の側から見た短編小説「最後の攘夷志士」を司馬遼太郎氏が描いており、『幕末』に収録されています。合わせてお読みいただくといいでしょう。

 

 

英外交官ミットフォードが徳川慶喜に見た近世

 1867年(慶応3年)4月、徳川慶喜は大阪城で諸外国公使と謁見しました。古式に則ったこの会見の様子は、英国の外交官だったアルジャーノン・ミットフォードの回顧録『英国外交官の見た幕末維新』によく記されています。彼はこの時の印象を「東洋の最果ての国の昔の物語の中の一章」と述べています。

 

 

 同じ英国の外交官だったアーネスト・サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』にもこの時の様子は記されており、それについては以前ご紹介しました。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

 ただ、「公式会見」のような改まった場に関する記述という点では、ミットフォードの方が表現力で優れているように思います。以下、その場の記述を抜粋すると、

 

 我々は最初の部屋で待たされている間に、いろいろな政府高官と、どこの国でも当たり前の天候の話などしていたが、しばらくして謁見の広間に案内された。そこには西洋風の習慣を尊重して、八つの席にあるテーブルが用意されており、一方の端に将軍のために立派な漆塗りの椅子が置いてあった。ここで我々は御老中(原注=文字通りにいえば元老)と若年寄に迎えられ、大君が間もなくお出ましになると告げられた。

 

 その後、すぐに日本の部屋の間仕切りである背の高い襖がゆっくり音もなく左右に開くと、お偉い方の入来を告げる「静かに」という合図の長く息を吸う音が大きなオーケストラがごく優しいピアニッシモで演奏するように、御殿全体の緊張した空気の中に流れた。大君は一、二秒の間、彫像のようにじっと動かず、襖の間の空間に堂々と威厳のある姿で立っていた。

 

 とあり、当日の大阪城の空気感まで伝わってくるようです。

 

 また、慶喜自身に関する記述については、次のようにあります。

 

 最後の将軍徳川慶喜公は、確かに傑出した個性を備えた人物であった。彼は西洋人に比べると小さく、普通の日本人並みの背丈であったが、昔風の日本の衣装を着ていると、その差はほとんど目立たなかった。私が日本滞在中に会った日本人の中では、西洋人の目から見て最も立派な容姿を備えた人間であった。端正な容貌をして、眼光は爛々と鋭く、顔色は明るい健康的なオリーブ色をしていた。口はきつく結ばれていたが、彼が微笑むと、その表情は優しくなり、きわめて愛嬌に富んだものとなった。体格はがっしりして力強く、たいへん活動的な男らしい姿であった。

 

f:id:miyatohru:20171225201741j:plain

謁見当時の徳川慶喜画(The Illustrated London News 掲載)

 

 同じ慶喜自身の印象について、サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』ではこうなります。

 

 将軍(訳注 徳川慶喜)は、私がこれまで見た日本人の中で最も貴族的な容貌をそなえた一人で、色が白く、前額が秀で、くっきりした鼻つき-の立派な紳士であった。

 

  サトウが比較的実務的な素っ気ない表現であるのに対し、ミットフォードの表現の方が豊かであることがおわかりいただけると思います。

 

 さらに、この日の会見について、ミットフォードはこう締めくくっています。

 

 公式の謁見は当然のことだが、はるかに堅苦しく形式的で、きわめて古風にとり行われ、西洋風のところは一つもなかった。我々は東洋の最果ての国の昔の物語の中の一章を、あるいはその中の一節をといったほうがよいかもしれないが、そのまま目の前にしているかのようだった。将軍と貴族たちの服装は古い伝統に従った宮廷服であったが、バッキンガム宮殿の貴婦人のように長い裳裾を引いた長袴をはき、ゆったりした麻の上衣をつけて、頭の上には奇妙な箱形の黒い漆塗りの帽子(烏帽子)を被っていた。それは金屏風や古い絵に描かれている人々とそっくりであった。

 

  ただ、こうした極めて古風なセレモニーが行われた少し前には、サンフランシスコ-横浜間に定期航路が開設され、すでに開設されていた上海-横浜間と合わせて、世界はひとつに結ばれます。

 

 社会的には日本の近代化はもう待ったなしの状況で、今回の幕府の対応は近世と近代がオーバーラップする、混沌とした幕末らしさを象徴した出来事と言えるでしょう。それがよく伝わってくるミッドフォードの記述だと思います。

 

英国の貴族外交官が見た幕末

 幕末の英外交官と言えば、アーネスト・サトウが有名ですが、もうひとり、アルジャーノン・ミットフォードもいます。今回のシリーズは彼の回顧録『英国公使館の見た幕末維新』を読みながら、「ミットフォードの幕末」へとタイムスリップしてみましょう。サトウとはひと味違った「幕末」が見えてきます。

 

 

 幕末の英外交官と言えば、当時『英国策論』を出版し、また、幕府の要人から志士たちまで幅広い人脈を持って、幕末の政局に大きな影響を与えたアーネスト・サトウの名が有名なのに対し、ミットフォードの名を知っているのは、一部の幕末研究家や歴史ファンだけと言ってもいいでしょう。

 

 ただ、本書の訳者、長岡祥三氏のあとがきによると、

 

 アーネスト・サトウは『一外交官の見た明治維新』の著者として日本では有名であるが、海外生活が長かったためか英本国では特定の人々にしか知られていない。それと反対に日本では知名度の低いミットフォードの名前は遙かに有名である。

 

 とあります。

 

 ミットフォードはもともと上流階級の出身で、英国のエリートコースと言われるイートン・カレッジからオックスフォード大学へと進んだ後、外交官となります。晩年には爵位を授与されてリーズデイル男爵家を創設、正式に貴族に列せられました。

 

f:id:miyatohru:20171214175739j:plain

来日直前のミットフォード。1865年、28歳当時のもの

 

 実は、英国でミットフォードの名が有名なのは、ここで紹介するアルジャーノンの子、ディヴィッドの6人の美人姉妹(つまりアルジャーノンの孫娘たち)によるところが大きいと長岡氏は言います。 6人それぞれの個性と活動ぶりがよくマスコミで紹介され、「華麗なる上流階級」的なイメージとして英国社会に浸透したようです。

 

 さて、本書はもともとミットフォードの自叙伝『リーズデイル卿回想録』として、1915年(大正4年)にロンドンで出版されたものの中から、外交官として日本に駐在した部分を翻訳して、1985年に国内で発行されました。

 

 時代的に見れば、徳川家茂が大阪城で亡くなった直後の1866年(慶応2年)10月に29歳で来日してから、1870年(明治2年)元旦に帰国するまでの3年余りとなり、幕府の崩壊から新政府の樹立という激動の時代にあたります。

 

 ちなみに、同僚のアーネスト・サトウは1862年(文久2年)9月に来日、1869年(明治2年)2月に帰国しているので、この間の日本滞在は6年半となり、ミットフォードのおよそ倍になります。

 

 このような日本滞在期間の長さ、しかも幕末の混乱期から日本を見てきたサトウによる『一外交官の見た明治維新』の方が、どうしても社会的には評価されてしまうのですが、こうした客観的な条件だけでは測れない、ふたりの表現スタイルの違いを個人的には感じます。

 

 サトウが外交官らしい実務的な淡々とした表現であるのに対し、ミットフォードには上流階級出身らしい優雅な表現が見られます。

 

 このあたりを訳者の長岡氏も感じていたのでしょう。

 

 本書はサトウの『一外交官の見た明治維新』 に比べると、詳細な記録という点では一歩譲るかも知れないが、教養ある英国人らしい味わいのある表現が随所にあり、単なる記録にとどまらない面白さがある。

 

とあとがきに記しています。

 

 また、上流階級出身ということで、特別な場に出ることができたのもこの人ならではで、英公使のパークスが1868年(慶応4年)に京都で天皇と謁見した際には、通訳としてミットフォードが1人選ばれて随行しており、その際の宮中の様子も詳細に語られています。これも本書の特徴と言えるでしょう。

 

 では、前置きはこれくらいで。「ミットフォードの幕末」を見ていきましょう。

 

サトウの見た「王政復古の大号令」前後の徳川慶喜

 幕末の英外交官、アーネスト・サトウは幕府要人から各藩の志士まで多くの人物を見てきましたが、中でも、最後の将軍、徳川慶喜には、特別な感慨を持っていたようです。彼の回顧録『一外交官の見た明治維新』から、サトウが見た王政復古の大号令前後の徳川慶喜の姿を抜き出してみます。

 

f:id:miyatohru:20171208185624j:plain

1867年(慶応3年)、大阪城で諸外国公使と謁見した頃の徳川慶喜

 

 1867年(慶応3年)4月、徳川慶喜は大阪城で諸外国公使と相次いで謁見しました。この年のはじめに将軍となった慶喜は、孝明天皇の崩御を受けて、第2次長州征伐の取りやめを決定。事実上の幕府の敗戦となり、その権威が大きく揺らぐ中で、挽回を図る目的から今回の各国公使との謁見が行われたと見られています。

 

 私たちは、こうして、将軍が待ちうけている奥の広間へ着いた。将軍は、ハリー卿と握手をして、長いテーブルの上座に腰をおろした。その右側にハリー卿、左側に総理大臣ともいうべき板倉伊賀守(訳注 老中板倉勝清)が席をしめた。属僚は、ハリー卿の次ぎにそれぞれ着席し、私は卿と将軍との間の腰掛けにかけた。

 

 将軍(訳注 徳川慶喜)は、私がこれまで見た日本人の中で最も貴族的な容貌をそなえた一人で、色が白く、前額が秀で、くっきりした鼻つき-の立派な紳士であった。私は、殿中の礼式にふさわしい言葉を使いこなせるか、どうか、自信がなかったので、いささか不安だった。イギリスと日本の過去の関係についておもしろくなかった事柄は、今一切水に流しました、というハリー卿の言葉を伝えるのに、自分でもおかしくなるほどの失態をやったのを覚えている。

 

  会談が終わってから、一同は洋式の晩餐が用意されている小室へ席を移した。将軍は、食卓の上座についたが、その態度はきわめて慇懃であった。周囲の壁に、三十六歌仙の絵がかけてあった。ハリー卿がそれをほめると、将軍はその中の一枚を卿に贈った。

 

 

 ここでまずサトウは慶喜の容貌について、「私がこれまで見た日本人の中で最も貴族的な容貌をそなえた一人」 と述べています。江戸時代の殿様は、食べるものが一般人とは違っていたことから(やわらかいものばかりだった)、あごが発達せず、全般に細面だったという研究がありますが、慶喜をして「貴族的な容貌」とたとえたというのも、そうした傾向を指していたのでしょう(たしかに、写真を見れば、慶喜は細面の2枚目です)。

 

 また、謁見後の酒宴の席で、その対応が「慇懃だった」とあります。この慇懃という言葉ですが、今の時代、まず思い浮かぶのは「慇懃無礼」という熟語で、高いところから相手を見下すようなマイナスイメージを持った対応と捉えられています。

 

 しかし、少し前の時代までは、「慇懃」を単独で使う場合、「丁寧な礼儀正しい応対」といったプラスの意味で使われていたようです。なので、ここでの慶喜の対応は、いい意味で、丁寧で礼儀正しかったということを言いたかったのでしょう。

 

 概して言えばサトウはこの時の慶喜について「大将軍」的な印象を持ったようですが、これが、1年もたたないうちに、状況が大きく変化します。年が明けて1968年はじめ、王政復古の大号令が出て、朝廷から慶喜に辞官、納地の命令が出ます。

 

 その直後、京都から大阪に戻ってきた慶喜の様子をサトウは伝えています。京都での異変を知ったサトウは、大阪の町(京橋付近)に出て慶喜の到着を待ち構えていました。

 

 ちなみにこの時点で英国公使館では、朝廷内の動向がつかめず、何か大きな政変があったようだぐらいの情報しか持っておらず、少しでも何か知りたいと、慶喜の帰りを街頭で待っていたようです。

 

 その時、あたりが静かになった。騎馬の一隊が近づいてきたのだ。日本人はみなひざまずいた。それは慶喜と、その供奉の人々であった。私たちはこの転落の偉人に向かって脱帽した。慶喜は黒い頭巾をかぶり、普通の軍帽をかぶっていた。見たところ、顔はやつれて、物悲しげであった。彼は、私たちに気づかなかった様子だ。これに引きかえ、その後に従った老中の伊賀守と豊前守(訳注 若年寄大河内正質)は、私たちの敬礼に答えて快活に会釈した。会津候や桑名候(訳注 松平定敬)もその中にいた。

 

 慌ただしく大阪へ戻ってきた幕府首脳陣の様子が伝わってきます。

 

 数日後、サトウは公使パークスのお伴で大阪城に参内、慶喜から直接、京都での政情を聞かされます。それについては、ここでは書きませんが、この時の慶喜の印象をサトウはこう書きのこしています。

 

上様は疲労を覚えたと言って、会見を切りあげた。この五月には、気位も高く態度も立派だったのに、こんなにも変わり果てたかと思うと、同情の念を禁じ得なかった。眼前の慶喜は、やせ、疲れて、音声も哀調をおびていた。  

 

 大政奉還から王政復古の大号令という数百年に一度の大変革の中で、その中心にいた、しかも守る側にいた最高責任者としては、極めて大きな重圧がかかっていたのでしょう。

 

 慶喜はこの直後、多くの家臣に知らせないまま、突如として江戸へ戻り、後世、「家臣たちを見捨てた」と非難されますが、サトウは次のように擁護しています。

 

 慶喜を卑怯者として責めるのは無理だ。慶喜についてだれもそんな批評を下す者はなかった。彼は、おそらく自分の軍隊の勇気を信頼することができなかったのであろう。徳川の頭首を加えぬこの政府は、どうしてやってゆけるか。それはだれにもわからなかった。

 

「英国策論」から「大政奉還」へー土佐藩の反応

 幕末の英外交官、アーネスト・サトウによる『英国策論』出版後の各藩の反応について。サトウの回顧録『一外交官の見た明治維新』を読むと、土佐藩では『英国策論』の議論をはるかに超えた考え方を持っていたことがわかります。大政奉還の2ヶ月ほど前のことでした。

 

f:id:miyatohru:20171205183543j:plain

サトウと会見した土佐藩前藩主、山内容堂。この時の印象をサトウは、「容堂は身の丈高く、すこし痘痕顔で、歯がわるく、早口でしゃべる癖があった。彼は、確かにからだの具合が悪いようだったが、これは全く大酒のせいだったと思う」と書きのこしている。

 

 1867年(慶応3年)8月末から9月にかけて、サトウは公使のハリー・パークスのお供として、徳島と土佐を訪問します。この訪問は、その1ヶ月前に長崎で英国の水兵2名が殺害され、土佐藩士による犯行ではないのかと嫌疑が浮上したことから、土佐藩との談判の必要上、計画されたものでした。

 

 高知に着くと、まず藩の重役だった後藤象二郎がサトウのもとにやってきます。

 

 晩飯の後で、後藤が政治問題を論じに艦へやってきた。彼は、イギリスを模範として国会と憲法を作ろうという考えを述べ、西郷もこれに似た見解をもっていると言った。そのことは、私たちもすでに大阪で承知していた。(中略)

 後藤は、それまでに会った日本人の中で最も物わかりのよい人物の一人であったので、大いにハリー卿の気に入った。そして、私の見るところでは、ただ西郷だけが人物の点で一枚後藤にまさっていたと思う。ハリー卿と後藤は、互いに永久の親善を誓い合ったのである。

 

 

 後藤は、この会見からほどなくして大政奉還の建白書を幕府に提出しますが、すでにこの段階から構想は持っていたようです。それにしても、英国側は後藤をかなり高く評価していたことがわかります。

 

 高知到着数日後、パークスは急用で江戸へ帰ることになり、残ったサトウは英国を代表する形で、土佐藩の実権を握る、前藩主の山内容堂と会見することになります。その様子は、サトウとしても印象的だったのか、細かく記述されています。

 

 私はここで、後藤の出迎えをうけた。後藤は、前大名がすぐにここに到着すると言った。私は、その到着を待つ間に着替えをし、また大勢の後藤の同僚に紹介された。そのうちに、前大名の容堂(訳注 山内豊信)の到着が知らされた。私は容堂のいる二階へ案内された。彼は入口に私を出迎えて、手の指を足の指あたりまで下げてお辞儀をした。私も同様に、うんと腰をかがめて、お辞儀をかえした。

 

  容堂は口をひらくや、お名前はかねがね承知していると言った。私はこれに答えて、面謁の光栄を与えられたことに感謝すると述べた。

 

 容堂が「お名前はかねがね承知している」と言ったということは、サトウの書いた『英国策論』を直接読んだか、後藤を通じて間接的に知ったか、いずれにせよ、その名前と考え方については、知っていたということでしょう。

 

 容堂と後藤は、ルクセンブルグ問題(訳注 ナポレオン三世がルクセンブルグをオランダから買収しようとしたが、プロシアがこれに強く反対し、一八六七年五月のロンドン条約の結果、ルクセンブルグは列国保証の下に永世中立国となった)、憲法や国会の機能、選挙制度などについて質問した。彼らの心底には明らかに、イギリスの憲法に似たものを制定しようという考えが深く根をおろしていた。

 

 ここからわかるのは、当時の土佐藩が『英国策論』の議論をはるかに超えて、大政奉還後の政権のあり方を模索し始めていたということです。

 

 それにしても、こうした発想がどこから出てきたのか-。おそらくは、後藤とホットラインを持っていた坂本龍馬が「ネタ元」であると思われますが、龍馬の死の直前に書かれた「新政府綱領八策」(1867年11月)を見ても、基本項目があげられているだけで、たとえば、「有為の人材を登用する」と言っても、どういう基準で選ぶのか、それが選挙なのか、など具体的な制度についてまでは全く書かれていません。

 

 

f:id:miyatohru:20171205191237j:plain

 「新政府綱領八策」は、「○○○自ラ盟主ト為リ」と新政府の盟主の部分を伏せ字にしていることで、しばしば話題になる坂本龍馬による新政府の骨格案。

 

 後藤あるいは容堂としては、龍馬の言う基本的な考え方はわかるが、具体的にどういう制度を作ればいいのかわからず、英国に範を求めた、というのが、今回のサトウとの会談の意義だったのだと思います。