グッと身近に来る日本史

読書でタイムトラベラー/時空を超えた世界へと旅立つための書評ブログ

【歴史哲学】国家とは何かを語源から考える

 国家とは何か--。『歴史とは何か』の中で岡田英弘氏はこの問題をそれぞれの言葉の語源から考えています。

 

f:id:miyatohru:20180525192432j:plain

語源を探れば、その国のかたちが見えてくる

 

 岡田氏はまず、米国の州という政府の語源から話を始めています。

 

 イングランド王の旧植民地を、「独立十三州」と呼ぶのは、日本人の誤訳だ。漢字の「州」のもともとの意味は「デルタ、扇状地」だったが、前漢の武帝のときから、皇帝が地方に派遣する行政監察官の巡回範囲を「州」と呼ぶようになった。

 

 漢字の「州」という言葉には、地方政府という意味があったということです。ところが、州と訳した英語のステイト(state)は、もともとラテン語のスタトゥス(status)です。

 

 「スタトゥス」は、「立つ」という意味の動詞の過去分詞形で、「立っていること、位置、地位、身分、財産」を意味した。王の財産だった旧植民地を市民が乗っとって自分たちの財産にしたのだから、それを「財産」という意味で、「ステイト」と呼んだわけだ。これが国家というもののはじまりだった。

 

 このステイトは日本語で「国家」と訳されます。そう考えていくと、米国の州は地方政府というよりも、本当は国家に近い概念だということがわかります。

 

  これを裏付けるような話があります。以前もご紹介しましたが、私がある州の副知事にインタビューをしていた時のことです。当時の私は米国の連邦政府と州との関係を、さほど意識することなく、日本の国と都道府県の関係と同じように考え、話していたのですが、インタビューの途中、副知事が「ちょっと待って」と話をさえぎって、こう説明してくれました。

 

 「あなたの認識はちと違う。私たちが国であって、軍事や外交の権限を連邦政府に委任しているのです」。

 

 米国の成り立ちを考えれば、もともと州が国であって、あとからそれらをたばねる上位概念としての連邦政府ができたとみた方がいいのでしょう。日本の国と都道府県との関係とは全く違います。

 

 それでも日本政府と米国の連邦政府を対等の関係とすると、米国の州は日本政府より下の位置づけにしなければならなくなってしまいます。でも、日本の県と同じではないようだ。それで「州」という別の訳語を当てたのでしょう。

 

 そもそも概念が違うところに、何かそれらしい訳語を当てなければならなかった当時の翻訳家の方の苦労が忍ばれます。

 

 次に漢字の「国家」について。

 

 「国家」という日本語は、明治時代の日本人が、漢文の古典のなかから探し出して、英語の「ステイト」、フランス語の「エタ」、ドイツ語の「シュタート」を訳すときに、新しい訳語として使った字面だ。 

 

 ところが、漢文には全く別の意味があると言います。

 

「国(こく)」という漢字のもともとの意味は、城壁を巡らした都市のことだ。日本語の「くに」ではない。

 そして漢文の古典で「国家」というのは、まず第一に世間を意味する「国」と、家庭を意味する「家」を対比した表現で、「公生活と私生活」と訳せる。

 「国家」の第二の意味は、後漢の時代から、皇帝のことを呼んだ口語的な言いかたで、日本語で言えば「天子さま」に当たる。中国では、都市はすべて皇帝の私有財産だったから、「国家」は「都市のご主人」で、「天子さま、皇帝陛下」という意味だった。

 

  ということは、日本のことを「国家」といった場合、「天皇陛下の国」といったニュアンスがあるということですね。明治時代に生まれた訳語と考えれば、それらしいですが、現代に生きる我々のうち、このこと(語源)を知っている人間は少ないでしょう。

 

 このように語源から考えていけば、たしかにそれぞれの国のかたち、概念のようなものが見えてくるような気がします。

 

 

 

 

【歴史哲学】歴史には「いま」と「むかし」しかない

 今回も岡田英弘氏の『歴史とはなにか』から歴史を哲学していきます。岡田氏はマルクス史観を批判、歴史には「いま」と「むかし」、「現代」と「古代」という二分法しかない、といいます。その真意とは、また、現代と古代を分ける境界線はどこにあるのでしょうか?。考えていきます。

 

f:id:miyatohru:20180523184303j:plain

歴史には絶対的な法則があるとしたマルクスだったが…

 

 結局、人間が時間を分けて考える基本は、「いま」と「むかし」、ということだ。これを言いかえれば、「現在」と「過去」、さらに言いかえれば、「現代」と「古代」、という二分法になる。二分法以外に、実際的な時代区分はありえない。 

 

 岡田氏が「歴史は二分法しかない」と言い切る前提には、マルクス史観に対する批判があります。19世紀中盤から後半にかけて活躍した思想家、カール・マルクスは、人間社会にも自然界と同じような絶対的な法則が存在していて、歴史はその発展の段階を踏んでいる(発展段階説)、といった考え方を提唱します。これがマルクス史観であり、唯物史観とも言われています。

 

 「歴史に絶対的な法則はない」と考える岡田氏は、これをきっぱりと否定します。

 

 マルクス流の、現代(=近代)が歴史の結論である、という考えかたが頭にこびりついているから、古代と現代の間に、「中世」という、わけのわからないものを挿入することになる。古代-「中世」-現代というふうに時代を区分するだけでも、すでに、世界にはある一定のゴールがあり、それに向かって世界は、直線的にか、螺旋を描いてか、とにかく進化し続けている、という考えかたにとらわれていることがわかる。

 

  こうした考えに基づいて岡田氏は「中世なんかいらない」と主張しているわけですが、それでは、「いま」と「むかし」を分ける境界は何なのでしょうか?。これを岡田氏は歴史を書く側の事情から考察しています。

 

 現代を取り扱う歴史は、なるべく対象に接近して、至近距離から、ものごとの筋道をたてる。事件と事件の因果関係、そのなかで個人の人格が果たした役割などを、細部に至るまで明らかにしようとつとめる。現代史ではこのようなことが可能だし、また、そうしないと、現代史にならない。 

 

  これに対して、現代史をあるところまでさかのぼっていくと、それからさきは古代史になる。古代史では、そういう細部よりも、大まかな全体の流れを設定するほうが大切だ。あまり細部にこだわりすぎると、世界に筋のとおった物語をつけて、理解できるようにするという、歴史の効能が薄くなる。

 

  こうした考え方も一理あると思いますが、とすると、今度は具体的にその境界がどこにあるのかが問題になります。岡田氏はこれを

 

 地球規模の世界史では、十八世紀末からはじまった国民国家化の時代が、現代史の対象だ。

 

 としています。具体的には、アメリカ合衆国が成立して以降。日本に関しては、1868年の明治維新以降としています。

 

 その根拠を煎じ詰めると、一国で完結した歴史かそうでないか(国際社会の形成)といった点にあるようです。参照する史料も国際的になるし、たとえ一国の歴史と言えども、国際的な視点が必要になるからです。

 

 私自身、主に経済的な観点から産業革命以降の世界はその動き方からして根本的に変わったという認識でいます。これははからずも、時代的には岡田氏の定義する「現代史」のはじまりと一致します。岡田氏は主に政治史の観点からだと思わるのでその点は違いますが、やはりこの時代に大きな節目があるという点では一致しています。

 

 感覚的にはそのあたりなのですが、読者の方はより具体的にどうなんだと思われるでしょう。それは本一冊ぐらいの説明を要する話になりそうです。ブログではこのあたりで。

 

 

【歴史哲学】ヒストリーとストーリーは同じことばである

 引き続き、岡田英弘氏の『歴史とはなにか』を読みながら、歴史を哲学していきます。前回は本書の中から「歴史は物語であり、文学である」をひいて、歴史の中にある不確実性の部分について考えましたが、今回はまた別の側面からこれを考えさせられるような話です。

 

f:id:miyatohru:20180515194702j:plain

historyとstoryが同じことばって、どういうこと?!(photo by PAKUTASO、モデル:河村友歌)

 

ヒストリーとストーリーは同じことばである。

 

 これは英語では歴史(history)と物語(story)の語源が同じということです。もともと物語(story)には「個々のできごとがつながって物語になる」といった意味があり、そう考えれば、歴史(history)も同じ事になります。つまり「個々の史実をつなげて、その因果関係を考察する」のが歴史だからです。この「因果関係の考察」が、「物語作り」に通じます。 

 

 人間にとって、なにかを理解する、ということは、それにストーリーを与える、物語を与える、ということだ。(中略)物語がないものは、人間の頭では理解できない。だからもともと筋道のない世界に、筋道のある物語を与えるのが、歴史の役割なのだ。

 

 これを踏まえ、岡田氏は

 

  世界自体に筋道がなくても、歴史には筋道がなければならない。

 

と持論を展開しています。前回ご紹介した「歴史は物語であり、文学である」でご説明した通り、歴史は科学ではないので、絶対的な法則はありません(=筋道はない)。しかしながら、歴史を理解するにはストーリー(筋道)が必要だ、ということです。

 

 世界はたしかに変化しているけれども、それは偶然の事件の積み重なりによって変化するのだ。しかしその変化を叙述する歴史のほうは、事件のあいだに一定の方向を立てて、それに沿って叙述する。そのために一見、歴史に方向があるように見えるのだ。

 

 

【関連リンク】

言葉のつながり(田中千鶴香:実務翻訳者)

柴田耕太郎主宰「英文教室」オフィシャルブログより。歴史(history)と物語(story)の語源について、英語学の専門家の視点から考察しています。こちらもあわせてお読みいただくと、より理解が進むと思います。

 

 

gootjapan.miyatohru.com

 

「歴史哲学」歴史は物語であり、文学である

 歴史を哲学するシリーズ。今回は岡田英弘氏の『歴史とはなにか』を読みつつ、考えていきたいと思います。

 

 

 以前、本ブログでは歴史哲学の分野で名著と言われる『歴史とは何か』(E.H.カー著、清水幾太郎訳、岩波書店刊)をご紹介しました。歴史哲学という地味で、難しい話なので、あんまり読まれないだろうと思っていたのですが、案外、ご好評いただいたようです。

 

 そこで「続編を」と考えて、適当な本を探していたのですが、これが非常に難航しました。歴史哲学に関する本は探してみると結構出ているのですが、実際に読んでみると、難解で理解できなかったり、逆に簡潔に書きすぎて哲学の域に達していなかったりと、書き手の側にとっても難しいテーマであるようです。

 

 とくに西洋の歴史家が書いた、この分野の名著と言われている本の多くは、難解過ぎて、はっきり言って私には理解不能でした。そもそも哲学的な思考が強い上に、例示されている歴史分野が西洋の古代史や宗教史、神話などで、西洋人的な高い教養がないと理解できないためです。

 

 「日本人でも理解できる、適切な歴史哲学書はないか」と思っていたところに出会ったのが、本書です。筆者の岡田氏は永年、東京外国語大学で教鞭をとられた、日本を含む古代アジア史の専門家です。こうしたバックボーンがあるため、本書では東洋史を多く例にとりながら、岡田氏なりの歴史哲学論を展開しています。

 

 この中からまずご紹介したいのが、次の一文です。

 

 歴史は物語であり、文学である。言いかえれば、歴史は科学ではない。

 

 その理由の第一として、氏は

 

 科学を定義すれば、まず第一に、科学はくりかえし実験ができる性質がある。歴史は一回しか起こらないことなので、この点、科学の対象にならない。

 

としています。歴史の世界に絶対的な法則はない、ということです。

 

 もうひとつ、氏がこう言っている理由は、歴史を記述する側、読んで理解する側、それぞれに人間がいるということです。

 

 歴史の書き手の人間性には、イギリスの著名歴史家、E.H.カーも『歴史とは何か』(岩波書店刊)の中で着目し、

 

 歴史を研究する前に歴史家を研究せよ

 

 と言っています。歴史は書き手の興味によって、書きぶりが変わるためです。

 

gootjapan.miyatohru.com

 

  さらに、岡田氏はここで歴史を読む側の人間性にも着目しています。

 

 歴史は文学だから、一つ一つの作品には、それに備わった機能というものがある。歴史を書く側の立場から言うと、その作品で歴史家が目指した目標、狙った効果というものがある。また一方で、歴史を読む側の立場から言うと、その作品を受け取る読者が持っている、要求とか好みなどという条件がある。歴史を考える際には、この二つの面を分けて考えなくてはいけない。

 

  歴史は文学である、とまで言われると、少しとまどってしまいますが、絶対的な法則のない分野で、書き手、読み手、それぞれの側に人間という不確かな存在がある。そう考えると、フィクションではないとはいえ、歴史はある種の「文学」と言える。岡田氏が言わんとするところはこのあたりにあるようです。

  

「岩倉使節団」ロンドンで欧米追う光明見出す

 ロンドンで日本との40年の時差を知った岩倉使節団。この差を今後どう埋めていけばいいのか。『特命全権大使米欧回覧日記』は考察していきます。その答えもやはりロンドンにありました。

 

 

 産業革命が起こり、それによって世界の覇権を握ることになったイギリスですが、それがすべてではないとも実記は分析しています。

 

一八三〇年代に汽船や鉄道の利用がはじまったことが、欧州の貿易を一変させる機運を生んだ。まず英国人がこのことに留意し、英国政府が人々の強い要望に応えて、工業技術を盛んにするための教育を興そうという議論をはじめたのは、いまからわずか三四年前である。

 

  結果として、この「工業技術を盛んにするための教育を興そうという議論」が実を結んだと実記はみます。具体的には、1851年にロンドンで開催された万国博覧会です。

 

f:id:miyatohru:20180413195000j:plain

1851年にロンドンで開催された万国博覧会。中央の施設は水晶宮(クリスタル・パレス)と呼ばれた

 

 この博覧会は、ヴィクトリア女王の夫、アルバート公が主導して開催された、世界最初の国際博覧会とされています。現在でも博覧会は各地で開催されていますが、内容を見ると、当時は工業振興の側面が強く、産業見本市のようでした。

 

この時欧州各国から出展した工業製品の中で、一人フランス製品のみが輝くような圧倒的声価を受けた。英国のものは機械生産による雑ぱくな製品が多く、デザインやアイディアの点では、小国と侮っていたベルギーやスイスのものの方がむしろ優秀で、英国製品は顔色がなかった。 

 

 英国人はこの博覧会を見て自国の製品の欠点がどこにあるかをはじめて知り、いろいろ研究して、フランス製品を模倣する悪弊をやめて、自国独自のデザインのありようを研鑽した結果、一八五五年、フランスで開催された第二回万国博覧会においては、おおいに面目が改まり、以来フランスからの工業製品輸入量も減少するようになった。

 

 産業革命が起きたからといって、最初からイギリス産品に競争力があったわけではなく、むしろその後、各国産品の特徴を知り、切磋琢磨したことによる部分が大きいというわけです。

 

 これは産業革命に追って起きた交通革命によって、人と物の移動が頻繁になり、お互いをよく知るようになって、国際的な競争が始まったとも言えるでしょう。

 

 英国が率先して自国に特有な技術とデザインを研究し、フランスの製品とは異なる価値を発揮したことから、次第に各国も独自の味わいを追求するようになった。今日ではヨーロッパの工業製品は各国がそれぞれの特徴を発揮し、さまざまな花が咲き誇り、かぐわしい香りを発しているような状態になっている。

 

 ここに実記は日本の目指すべき方向を見出します。欧米を手本としながらも日本なりの良さを生かした製品づくりを模索する、というものです。

 

 そのための施策が、ここに登場している博覧会の開催でした。「工業技術を盛んにするための教育を興そう」としたのです。

 

 明治政府がまず着手したのが鉄道と通信の敷設であることはよく認識されています。「文明開化は鉄道と通信から」でした。

 

 ただ、もうひとつ力を入れたことがありました。勧業博覧会の開催、あるいは全国各地での勧業展示施設の設置です。これは現代人があまり気づいていないことのように思いますが、実記ではかなり詳しい記述が見られます。私自身も、言われて見れば、戦前にはそういうものをよくやっていたし、施設もあったなあと、改めて気づかされた次第です。

 

 欧米の技術力に圧倒されながらも、ロンドンで見出した一筋の光明が、以後、国内の施策に反映されていったということが、実記を読むとよくわかります。