「黒船来航」で米国が抱いた世界のリーダーへの野望

『日本1852』では、太平洋航路の開設による米国のメリットについて、興味深い文献を紹介しています。それらを読むと、日本への開国要求は、世界のリーダーにならんとする米国の野望の一環だったことがわかります。